CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
日本には抑止力を装備できる技術力がある。 [2018年01月15日(Mon)]
gennsenn1.jpg
抑止力を装備できる技術力
*日本は攻撃に対し反撃できる武器すなわち抑止力を装備できる技術力がある。

核兵器だが、制作を目指せば、短期間で作れるだけのウランを貯蔵している。 日本には、核を燃料とする原子力発電所が54基もある。

核の平和利用だが 核を兵器とする軍事と、紙一重である。
フクシマ第一の事故は、核 の小規模な爆発を伴っていたのではないかといわれている。

*弾道兵器であるが、人工衛星の打ち上げ成功で、弾道ミサイルはいつでも 作れる。

また人工衛星の着地の正確さから、弾道兵器の目標に対する正確な 把握が可能である。攻撃目標に正確に着弾させる技術が完成している。

*潜水艦では原子力潜水艦はないが、海水から酸素を取り出す装置を装備 しており、1ケ月くらいは潜航したままでも大丈夫のようだ。

隠密性が高い。ミサイル発射装置の取り付けはそれほど難しくはない と思われる。

潜水艦は対潜水艦戦としてつくられたいるがその技術力は かなり高いと言われている。
“抑止力”はこの隠密の通常型潜水艦がポイントである。

gensen3.jpg
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:07 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/706
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml