CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
人間に対する悪であるということを認識せず アメリカ人は、いまだになんの反省も、自覚もないでしょう [2017年11月24日(Fri)]
505-1.jpg

人間に対する悪であること、悪を悪として 認識せずして、平気で日本人を虐殺しているというのは、 人種差別という”悪”がこの戦争で 表面化したことです。

戦勝したアメリカはこの虐殺をオープンにしませんでした。
敗戦後の日本では、捕虜虐待という罪を負わされ,B級戦犯として多くの人が処刑されました。

投降したり、捕虜となったり、戦傷して無抵抗の日本人を虐殺したこと について、アメリカ人は、いまだになんの反省も、自覚もないでしょう。

再度、繰り返します。アメリカ人は、いまだになんの反省も、自覚もないでしょう
リンドバーグ著・第二次大戦日記に次の記述があります。

要約です。「翼よ、あれがパリの灯だ」で有名な初の大西洋横断飛行の チャールズ・A・リンドバーグ氏が従軍した時の日記(記録)

「1944年6月21日(水) 偵察隊の一人が日本兵”捕虜”に煙草と火を与えた。 煙草を吸い始めた途端に 日本兵”捕虜”の頭部に腕が巻きつき喉元が 「一方の耳元から片方の耳元まで 切り裂かれた」のだった。

1944年6月26日(月) ニューギニア戦線で2000人の日本人捕虜を 飛行場に連れて行き 機関銃を乱射して殺害しました。

1944年7月24日(月) そこには1人の日本軍将校と十人〜12人の日本兵の死体が、 切り刻まれた 人体だけが見せるような身の毛もよだつ姿勢で四肢を伸ばしたまま 横たわっていた。
頭蓋骨を覆う僅かな肉片だけが残っている。

1944年8月6日(日) 「オーストラリア軍の連中はもっとひどい。日本軍の捕虜を 輸送機で南の方に 送らねばならなくなった時のことを知っているかね? あるパイロットなど 僕にこう言ったものだ・・・。

捕虜を機上から山中に突き落とし ジャップは途中でハラキリをやっちまったと報告しただけの話さ」  (或る読者より)

出典、『孤高の鷲 リンドバーグ第二次大戦参戦記 』上下
学研M文庫  著者/訳者名 チャールズ・リンドバーグ/〔著〕 新庄哲夫/訳
tigasaki2.jpg
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:25 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/644
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml