CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
日本が資源大国になる日が近い。日本近海に膨大なメタンハイドレートが埋蔵されている。 [2017年07月15日(Sat)]
IMG_2015.JPG

solar2.jpg

日本が資源大国になる日が近い。日本近海に膨大なメタンハイドレートが埋蔵されている。
メタンハイドレート 石油に代わるエネルギー源

日本近海に眠る“メタンハイドレート”という石油の代替となるエネルギー源 の存在が確認されているが、その開発コストは、海底だけに相当高いものに つくだろうといわれている。

そして生産コストも。

石油に代替するべき膨大な資源が日本近海にあるということは、将来低コストで 採掘する技術が完成すれば、日本は大変な資源国となる可能性を秘めている。

日本の技術者は、低コストの採掘技術の発明、設備の開発に強力に取り組んでもらいたい。 原油価格が下落したからと言って、技術革新をおろそかにしてはならぬ。

また、原油は政治状況(原油は政略商品)によりその価格が 上昇に転じることも十分あり得るので 太陽光発電、風力発電、潮流発電、地熱発電などを継続して拡大する方向で 進めるべきである。

ぞして、水力発電を増加させよう。休止している小型水力発電所を再稼働させよう。

原子力発電はコスト面で廃炉費用を計算に入れると採算に乗らない。また地震、津波、洪水が多発する日本にはリスクが高すぎる。国防上からも危険極まりない。

政府は、水素エネルギーの実用化と、海底資源開発に向け国の予算をつぎ込まねばならない。エネルギーの調達が自国領内でできることが日本国の安全を保障するのだ。

fuji1.jpg

solar.png
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 10:44 | 海底資源 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/453
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml