CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
音楽のすすめ AMDAチャリテーコンサート 第17回 きずな W 東日本大震災復興支援・中米ホンジュラス支援 [2017年06月09日(Fri)]
gojyu2.jpg
音楽のすすめ AMDAチャリテーコンサート 第17回
きずな W 東日本大震災復興支援・中米ホンジュラス支援

鎌倉市でチャリテイ・コンサート。主催 AMDA鎌倉クラブ

先日、鎌倉市において、AMDA鎌倉クラブの主催によるチャリテイ・ コンサートが開催された。沢山の人がこの音楽会に参加し、 立ち見席の方もかなりいるという状況で、盛況であった。

出し物も、第1部 筝曲、コーラス、ダブルキーボードデュオ、 (ピアノとエレクトーン)、第二部 南米民族音楽(オトラベス)、 演奏と唄(hitoto)と多彩で、最後はフィナーレ は皆さんと一緒に 歌いましょうということで”銀色の道“を全員で歌い上げた。

曲目も我々が知っている曲を選び、飽きさせない構成で演出が光る コンサートであった。
sou1.jpg

最初の 筝曲は、つむぎ唄で、第一筝、2名、第二筝 2名、ピアノ  奥山敏美、エレクトーン 藤原久江の演奏であったが,筝とエレクトーン がうまく絡み合い、驚きの演奏であった。

特に藤原久江のエレクトーンの 響きは絶妙で、エレクトーンの魅力を引き出した演奏で、筝と調和する その音色は見直さなければと感じいった。

筝の独奏で根津章怜(生田流むつみ会・大師範) が奏でる“さすらい”は、 筝の音色が、素晴らしくのびやかで、筝の良さを再現し、よき音色を 出していた。

また、“川の流れのように”でギターと筝の演奏も二つの楽器が調和し 新鮮な響きであった。
sou2.jpg
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:01 | 音楽のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/414
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml