CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
読書のすすめ ドイツ帝国の興亡 3 日本とドイツの歩みの違い [2017年06月08日(Thu)]
merukeru 1.jpg
merukeru2.jpg
読書のすすめ ドイツ帝国の興亡 3 日本とドイツの歩みの違い

何故、日本とドイツという二つの国の生き方が大きく異なっているのか、という観点から、すなわち、 ドイツがドイツ帝国の時代からどのようなことをしてきているのかを見てみる 必要があるのではないかという素朴な疑問から、“ドイツ帝国の興亡” を読んでみることにした。

ドイツの小公国やプロイセンなどを統合し国家連合を構築しドイツの基礎を 固めたのが、ビスマルクであり、ビスマルクはプロイセンのユンカー (土地貴族層)の出身である。そのプロイセンがドイツの中核になって発展した。

第一次世界大戦の敗北により、莫大な賠償金の支払いを課せられたドイツは、 賠償金の支払い免除を取り付けるために、国内の窮乏化政策をとった。

そして窮乏化した民衆は、ナチス支持となり、ナチスが台頭して、左翼を打倒し、 徹底した反対派の選挙妨害を行うことにより選挙で多数を得て、ヒットラーが 政権を握った。
ドイツ国民は、左翼の共産党独裁か、右翼のナチス独裁かの選択を迫られたということである。

そしてヒットラーは全権委任法という4年間の独裁的全権を獲得しその後それを そのまま延長して、独裁者となり、第二次世界大戦を引き起こし敗北した。
hitora.jpg
ナチス・ドイツはクーデターや革命により政権を取ったのではなく、合法的に選挙を経て政権をとり、独裁権も合法的にヒットラーに託したというところを見逃してはならない。

独裁は、合法的にも、民主的にも実行されることがあるということなのである。

トルコの大統領の権限強化も選挙を経て、決定されその結果、反対派の徹底的な排除がおこなわれていると聞く。現在でも独裁は民主的に実現するのである。

日本の生き方を学ぶ反面教師の役割を持つのがドイツであり、ドイツ史である。読書をすすめるゆえんである。ドイツはビスマルクの時代からから研究するべきであろう。
bisumaruku1.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:20 | 読書のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/413
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml