CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
読書のすすめ 琉球列島 6 <追記>日本復帰前の沖縄県民の心情 沖縄列島”というドキュメント映画 [2017年03月25日(Sat)]
f8ce5b1e4f97c7a395e1faa52769ac1b.jpg
<追記>日本復帰前の沖縄県民の心情
”沖縄列島”というドキュメント映画がある。東陽一監督作品

その作品の冒頭での沖縄県民の痛烈な言葉である。”なまり”がかなり あるので聞き取りにくい所もあるが、県民の意思が込められている。

”日本の政府とね、日本の国民はね、私たちをアメリカに売り払った。 ーーそれは娘を売り払った親父と同じーー恥ずかしくないのか。”

1969年ごろの復帰前の日常に 横たわる沖縄の数多くの風景、容貌、そして人々の声。このさまざまな現実の 断片が寄せ集めてみると、沖縄列島全体が世界に不協和音を発している ことにきずく。沖縄県民の心情が現れている。

基地に囲まれた沖縄の日常をするどく深くとらえている映画だ。
B52爆撃機が轟音をたてて,嘉手納のアメリカ空軍基地からベトナムを爆撃するため飛び立つ映像も収められている。すざまじいものである。

この沖縄列島という映画も絶版となっていると思う。もし見つけることができればぜひ見てほしい映画である。1969年という年にこういう映画を創っていたとは、日本人はすばらしい。

*1969年という年は、ランパート将軍がアメリカ下院での証言の時期と 同じ時期であるということは興味深い。

*1969年に起こったこと
中ソ国境紛争 珍宝島事件・ダマンスキー島事件

東大安田講堂攻防戦 逮捕者 600人
日本のGNP{国民総生産)、西ドイツを抜き世界第2位

<データ>
琉球列島 アメリカ下院歳出委員会小委員会における証言 1969年
ケヴィン・メア 元日本部長の言葉 大学の学生に対する講演

アメリカン大学学生による速記録より。2011年 ハイジの窓2011年3月11日

丸山真男 人生の対話 中野 雄 
”沖縄列島”ドキュメント映画。東陽一監督作品 1969年
lyotard2.jpg



IMG_2414.JPG
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 13:39 | 読書のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/331
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml