CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
マリウポリ製鉄所の残存兵265人が投降=ロシア国防省 ロイター編集 [2022年05月17日(Tue)]
ウクライナが誇る連隊が投降した。重症者とロシア軍捕虜の交換で交渉していたが、おそらくロシア軍からウクライナ軍の投降が条件となり、条件を飲んで投降したものと思う。

日本軍なら投降しない。全滅するまで戦う。
先の大戦でアメリカ軍との戦いでサイパン島をはじめ多くの島々で日本軍は全滅している。

サイパン島では日本軍1万人が全滅したが、アメリカ軍は1万5千人以上の死傷者をだし、日本軍より人的損害が大きかった。

満州の国境の要塞守備隊も、ソビエト軍(ロシア軍)の不可侵条約を破る攻撃に対処し、全滅するまで戦いそして全滅している。

ロシア軍は日本に侵攻すれば、手ごわい防御戦に遭遇することを覚悟せねばならない。それと誘導兵器の開発、迎撃精密兵器の具備により、戦闘力も高いことを。               IMG_5264.JPG


データ
ロシア・スプートニク 2022・5・17

[17日 ロイター] - ロシア国防省は17日、ウクライナ南東部マリウポリのアゾフスターリ製鉄所に立てこもっていたウクライナ兵について「過去24時間に265人が投降した。うち51人は重傷を負っている」と表明した。

医療措置が必要な兵士はウクライナ東部ノボアゾフスクの病院に搬送されたとしている。

ウクライナ軍参謀本部は17日未明、製鉄所を防衛する守備隊の任務を終了したと表明。製鉄所に残る兵士の退避に取り組んでいると述べている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 19:49 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/3015
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml