CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
事業の再建 その九 最終回 事業家としての"スピリット・経営マインド" [2017年02月21日(Tue)]
Hyacinth_01.jpg
事業家としての"スピリット・経営マインド"
小生は、経営者は、事業家としての"スピリット"すなわち "経営マインド"というものが、 "必ず収益を上げる事業にするという強い意志力"が、 そして、多くの社員を守るため事業を存続させるという決意が、 最も大切であろうと思います。

また、それだけでなく、周囲の人々の応援・支援、そして、関連会社のトップの強いバックアップ があったことなどが、大きな支えとなりました。

(実際は、心の中では、再建など放り投げて、 止めてしまおうと何遍も思いました。笑 。ほんとに事業再建はしんどい。笑。決してカッコイイものではありません。 それでもやり遂げられたのは、やはり不器用な意志力であったのでしょうか。

歯切れのいい再建論を聞くとホントかいな、と思ってしまいます。笑。 事業を立ち上げた経験もありますがそちらの方がずっと楽でした。)

落日ーー経営力が無ければ潰れるだけだ。
後日談ですが、小生が退任後の、後任のトップ(2代)は業績給を廃止し、 元の年功序列給与に戻し、ボーナスも同じようにしたそうです。

そしてメイン商品中心に戻っていき、赤字転落しそのあと二度と黒字にならず、 時代の流れもあったのでしょうが、5年後に解体され、完全に消滅しました。 その後、その社員達の運命はどうなったのでしょう。 おわり

10年後の後日談ですが、当社のメイン仕入れ先が、小生のことを"奴は傑物であった” と評価していたと、伝わってきました。10年後ですから、あまりにも遅い話ですが。笑
しかし、そのことは上記の仕事に関することではなく、別の観点からの評価であったと思います。

小生の遠縁に松下電器(現 パナソニック)の人事部の幹部をしていたものがいて、 "半分メクラ、半分メアキ” とよく言っていました。"必ずしっかり見ている人がいるものだ。不遇の時も 悲観するな。”という意もあったと思います。

小生の実感では、6-7割が”メクラ”の印象でしたが、笑。当社だけの現象でしょうが。
若い人たちも、”半分はメアキである”ことを信じて、困難な仕事に取り組み、 是非、達成してほしいと願っています。
余談
東芝の事例を見るにつけ、トップの器量がやはり問われることになるでしょう。WHの入札のときアメリカの企業が入札に応じていません、しかも時価の3倍で買わされたともいいます。また、GEのトップは原子力発電は採算にあわないと2012年に発言しています。ババをつかまされたということで、東芝は倒産の危機に直面しています。
IMG_2030.JPG
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 12:11 | 部下を大切にする | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/299
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml