CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
駐米ロシア大使「米国がカザフスタンの危機に加担」=ニューズウィーク [2022年01月09日(Sun)]
ロシアの大使が公然とアメリカの関与を非難したということは、なにか確かな情報を握っているからなのであろうか。アメリカのCIAが暗躍したとかいうのであろうか。

平和維持軍ということでロシア軍とその同盟国軍がカザフスタンに進駐したということは注目せねばならない。内政問題にロシアが軍事介入したということを注意せねばならない。

データ
ロシア・スプートニク2022年1月8日, 23:00

アナトーリィ・アントノフ駐米ロシア大使は、カザフスタンの危機誘発に加担したとして米国外交関係者を非難した。

アントノフ大使のインタビューをもとにニューズウィークが報じている。
アントノフ大使は、問題の根本として、米国の西アジアおよび中央アジアにおける不安定化を挙げた。

大使は「中央アジアにおける過激な宗教イデオロギーが更に広がることについて、深刻な懸念がある。これは中東やアフガニスタンにおける不安定化に起因しており、人権と民主化の保護を建前とした西側の軍事介入によるものだ」と語った。

7日夜、カザフスタンの政情不安によるおおよその損失総額は約872億テンゲ(2億ドル=約231億2340万円)に達した。

同国の大規模抗議行動は最大120テンゲに達した天然ガスの高騰に起因し2日から発生している。こうした行動は急速に暴動化し、警察との衝突を引き起こした。

4日には政府委員会は最大50テングまで天然ガス価格を引き下げると表明した。5日深夜、カシムジョマルト・トカエフ大統領は、燃料および食品価格を180日間にわたり当局が規制することを発表した。

また、同大統領は、「今回のテロの脅威」を克服するためカザフスタンを支援するよう集団安全保障条約機構(CSTO)加盟国政府に要請している。

関連ニュース
キルギスの平和維持軍がカザフスタンに到着=露国防省
カザフスタン 液化ガスの大規模販売業者に対し捜査開始
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:01 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2896
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml