• もっと見る
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
世界最大の水上設置型太陽光発電所がタイで公開 一大観光スポットに [2021年11月19日(Fri)]
太陽光発電が広まれば、砂漠地帯や草原ばかりの国にも電力が十分供給できることになる。地球上には人が住ます、耕地にもできない砂漠や草原地帯や岩山地帯が多数ある。

砂漠を太陽光発電に変えてその電力を販売すれば砂漠地帯の国は電力輸出国になる。

日本は山を切り開いたゴルフ場が多数あり、不採算になっているゴルフ場を発電所に切り替え、そこを太陽光発電所に変えることができる。

河の上にも空間がありそこを使わねばならないことも考慮すべき、また湖などの空間も活用できるだろう。

データ
ロシア・スプートニク2021年11月15日, 16:54

タイで世界最大の水上設置型発電所「Sirindhorn」の商業操業が開始され、旅行者向けに公開された。タイ当局は、同ステーションは新たな観光スポットになると期待している。サイト「REGlobal」が報じた。

プラットフォーム「Sirindhorn」には14万5000個の太陽光電池が配置されており、その大きさはサッカー場およそ70個分に相当する。

報道によれば、最大出力は45MWに達する。同プラットフォームは、環境に優しい素材で造られており、これらが周辺の水質環境にわずかでも害を及ぼすことはないと、同サイトは指摘する。

また、太陽光パネルが高温化しないように川の水面が冷却装置の役割を果たす。

タイ当局は、世界最大の水上設置型太陽光発電所「Sirindhorn」が旅行者向けに公開されたことで、人々がクリーンエネルギーに関心をもち、地球温暖化問題に積極的に対応するようになることを期待している。

また、当局は、同発電所が観光スポットになることで、周辺村落の住民に新たな雇用の場を提供し、それが収入増をもたらすのに役立つほか、州全体の経済的発展を引き起こすとみている。

タイ王国発電公社は、同国が2050年までにカーボンニュートラルを達成するため、再生可能エネルギー源としてさらに15ヶ所の発電所の開設を計画している。

ブルームバーグによれば、タイで生産された発電量の3分の2は、天然ガスから作られており、再生可能エネルギーは10%に届いていないという。

残りのエネルギー部分は石炭によって生成されており、これらは温室効果ガスの主たる排出源となる。

関連ニュース
日本 今夏の電力供給が厳しい状況に 冬も十分な確保できず
IKEAとロックフェラー財団 再生エネルギー発展に共同基金立ち上げ
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 15:42 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2845
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml