CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
世界中を巻き込む軍事紛争は台湾島絵をめぐる戦いから開始される恐れがあると予想 [2021年10月10日(Sun)]
勃発の可能性がある地区、さらに、第三次世界大戦の初期の段階に北朝鮮と米国が互いに核ミサイル攻撃による応酬を展開するという。ロシアの通信社が報道している。

万が一、アメリカと北朝鮮がミサイルの打ち合いになれば、北朝鮮のミサイルは、日本の横田米軍陸軍基地、厚木米軍海軍航空隊基地、横須賀米軍海軍基地、佐世保米軍海軍基地、沖縄県米軍空軍嘉手納基地なども同時攻撃の対象となるだろうと想定せねばならない。

第三次世界大戦
アメリカと北朝鮮の戦争は何としても避けさせる外交努力を日本は全力を挙げねばならない。

台湾への中国軍の侵攻はアメリカ軍の実力を中国軍が過小評価の誤認をしたとき勃発する。日本は過小評価の誤認をしないように中国に対して情報を絶えず公開し忠告しなくてはならない。

そして、日本の軍事力も過小評価しないように情報を流さなければならないと思う。

データ
ロシア・スプートニク2021年10月09日 05:00

米国のザ・サン紙は、第3次世界大戦の勃発の可能性のある場所を示す世界地図を発表した。

地図の作成者らは、世界中を巻き込む軍事紛争は台湾島絵をめぐる戦いから開始される恐れがあると予想している。

ザ・サン紙は、米中が台湾をめぐって軍事衝突を起こす確率が最も高いと認識しており、その後、対立は世界的な規模に拡大すると考えている。

地図の作成者は台湾に次ぐ紛争の温床としてカシミール(インドと中国の係争地域)とホルムズ海峡(イランとアラブ首長国連邦の水域)を示唆している。

さらに、第三次世界大戦の初期の段階に北朝鮮と米国が互いに核ミサイル攻撃による応酬を展開する。


​ザ・サン紙は第3次世界大戦の他の誘因として、トルコとシリアの間の紛争が高じた結果と、イランとイスラエル間の核戦争を挙げた。

これより前、台湾政府は中国の台湾侵攻が2025年に起きる可能性を示唆している。

関連ニュース

中国外交部 米国に原潜の衝突事件の詳細公開を呼びかけ
中国 核攻撃専用機数機を台湾へ向けて発進
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:47 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2797
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml