CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし ロイター編集 [2021年09月24日(Fri)]
中国政府の出方が注目される。中国政府の方針で万が一つぶすような事態になれば、世界的な株の暴落が予想される。

株式市場よよってアメリカ、日本とも値上がりしているが。

データ
イギリス・ロイター2021・9・24


[香港/シンガポール 23日 ロイター] - 中国の不動産開発大手、中国恒大集団3333.HKの資金繰り問題は、デフォルト(債務不履行)懸念がある社債の一部の利払い日である23日が到来しても会社側から新たな説明がないまま膠着している。


中国の不動産開発大手、中国恒大集団の資金繰り問題は、デフォルト(債務不履行)懸念がある社債の一部の利払い日である23日が到来しても会社側から新たな説明がないまま膠着している。

中国恒大集団は23日、20億ドルに及ぶオフショア社債の利息として8350万ドルを支払うことになっていた。

また、来週には4750万ドルのドル建て債利払いが控えている。23日の人民元建て債については、利払いを実行すると今週発表し、市場の懸念が一部で和らいでいた。

事情に詳しい関係者によると、一部の債券者は23日の利払いが実行される期待を捨てたという。あるドル建て債保有者は、アジア時間の23日深夜になっても利払いを受けていない。

また、米東部時間でも利払い期限が迫る中、中国恒大から何の情報もなく、広報担当者からのコメントも得られていない。

23日に利払いを履行しなった場合でも30日間の猶予期間が設けられている。その期間中に支払いができなければデフォルトに陥る。

債権者からは、来月にかけて何らかの説明を期待するとの声が上がっている。

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズの新興市場アナリスト、ジェニファー・ジェームズ氏は「市場はドル建て社債を保有する投資家がほとんど資金を回収できないとの見方を織り込んでいる」と指摘。同社が債権者と協議して事業再編計画をまとめるというのが最も確率の高いシナリオだとした。

また、中国政府が恒大問題への対応を誤れば、信頼の喪失が他の金融市場にも波及する可能性があると予想した。



Posted by ゆう東洋医学研究所 at 14:02 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2782
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml