CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
独メルケル首相 連邦議会で最後の演説を行う [2021年09月08日(Wed)]
ドイツのメルケル首相は存在感が強烈であった。アメリカの大統領に対しても対等の立場を維持し、臆することはなかった。

第二次世界大戦で日本と同じように敗戦国でありながら、実に堂々たるもので、日本の首相も少しは見習ってほしいところだ。

そのメルケル首相も交代時期に来ているようである。ドイツの地理的条件はロシアに近く緊張が絶えないヨーロッパの真ん中でEUの諸国をリードしなければならないという重職である。

ドイツの指導力が減退しないことを望みたい。

ロシア・スプートニク 2021年09月07日 21:30

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、総選挙前の最後の連邦議会本会議で演説を行った。ドイツ誌「デア・シュピーゲル」が報じている。

首相は、気候変動との戦い、グリーンエネルギーの開発、テロやサイバー犯罪について演説。さらに、新型コロナウイルスワクチンは有効であり、国民の生活に自由を与えるものだと改めて指摘した。

タリバン
タリバン、ドイツとの外交関係確立を望む

メルケル氏は、26日に実施される総選挙後の政治的リーダーに関して、メルケル氏が所属するキリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)の首相候補で、中道派のアルミン・ラシェット氏を支持すると再び明言した。

その話の中でメルケル首相は、ドイツ社会民主党(SPD)と緑の党との同盟について言及した。

9月の世論調査によると、SPDは支持率で、保守系与党のCDU/CSUに5ポイントの差をつけて1位をキープしていることが分かった。

26日の総選挙までこの差が維持されれば、SPDからの候補者であるオーラフ・ショルツ氏が首相に就任する。

関連ニュース

ローマ教皇、アフガンにおける西側の行動を批判 図らずもプーチン大統領の発言を引用
ベルリンでコロナ措置に反対する集会 数千人が参加 警官4人負傷
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 14:55 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2759
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml