CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
中国は日台安全保障対話に反対=中国外務省 [2021年08月26日(Thu)]
台湾は昔は、日本国の一部であっただけに、日本人からすると台湾に対する感情は複雑なものがある。

第二次世界大戦で日本が敗北した後、国民党軍と中共軍との内戦でアメリカ軍の軍事援助をたたれた国民党軍が敗北し、その国民党軍が台湾に上陸して台湾を占拠しているということである。

中国からすれば、国共内戦はまだ終結しておらず、台湾の国民党軍を屈服させるまで戦いはつずいているという認識である。

従って、いずれは台湾に侵攻するというその機会をうかがっているところである。台湾はもとは高砂族などの住民の島で中国人の島というのは問題を残す。

国民党軍が大陸から逃れて、台湾を占拠したことが現在の問題を引き起こしているのである。

データ
ロシア・スプートニク2021年08月25日 19:58

中国外務省の汪文斌報道官は25日のブリーフィングで、日本と台湾がコンタクトをとることに中国は断固として反対するとし、日本に対して中国の内政問題に干渉しないよう呼びかけた。

先に、日本と台湾の与党代表者が今週、安全保障に関する初の対話を行う予定だと報じられた。

汪報道官は「我われはこれに関する報道に注目した。台湾は中国の不可分の一部であり、中国は外交関係にある国々と台湾のいかなる形での公式交流にも断固反対する」と発表した。

汪氏によると、台湾問題は日中関係の政治的基盤に関係しており、日本はこの問題に関して中国国民に対して歴史的な責任を負っているため、その言動に特に慎重さをみせる必要がある。

汪氏は「我われは日本側に対し、中国の内政問題に干渉したり、台湾の分離主義者に誤ったシグナルを送らないよう呼びかける」と述べた。

関連ニュース

台湾と米国の武器取引は「中国への内政干渉」=中国
「日本が敗者となる可能性も」日本の防衛白書に台湾情勢の安全問題が初明記
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:46 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2744
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml