CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
日本政府 米ファイザーとワクチン5000万回分の追加供給を契約 [2021年05月15日(Sat)]
ワクチンを海外の製薬会社に依存している医療後進国であった日本は、輸入品の確保でやっと息をついている。

武田薬品も自社で開発できず、アメリカのモデルナ社の輸送部門を嬉々としてやっているようではだめだなあ。

データ
ロシア・スプートニク2021年05月15日 02:00

日本の田村憲久厚生労働大臣は、米製薬大手ファイザーから9月までに新型コロナウイルスワクチン5000回分(2500万人分)の追加供給を受ける契約を結んだと発表した。NHKが報じている。

日本政府はすでに、ファイザーから1億4400万回分(7200万人分)の供給を受ける契約を結んでいる。これを合わせると2021年中に約1億人分のファイザー製ワクチンを確保したことになる。



日本の全ての菌株にファイザーが有効 横浜市大が発表

田村大臣は、かなり多くの国民の分を確保できたと述べ、高齢者については7月末で打ち終えるように早急に接種態勢を整備していきたいと強調した。

時事通信によると、日本の武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は11日、米モデルナの新型コロナウイルスワクチン5000万回分の追加供給を日本政府と協議していることを明らかにした。

モデルナのワクチンについては、日本政府はすでに5000万回分の供給を受ける契約を結んでいる。

関連ニュース

日本初の国産ワクチン、年内にも供給見通し 新型コロナ
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 16:53 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2637
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml