CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
伊藤忠商事、22年3月期の連結純利益5500億円 コロナ前超え最高益へ ロイター編集 [2021年05月10日(Mon)]
福祉介護の業界は、今年度の業績は青息吐息であるが青息吐息であるが、商社では伊藤忠が過去最高益を出したという。イギリスの通信社がいち早く報道している。

日本の商社の底力であろうか。コロナをものともせず最高益は立派。

データ
イギリス・ロイター2021・5.10


[東京 10日 ロイター] - 伊藤忠商事は10日、2022年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前年比37.0%増の5500億円になるとの見通しを発表した。過去最高益を見込む。


 5月10日、伊藤忠商事は、2022年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前年比37.0%増の5500億円になるとの見通しを発表した。

IBESがまとめたアナリスト10人の予想平均値は5163億円で、会社予想はこれを上回った。年間配当は1株94円(前期は88円)を下限とし、業績見通しを上方修正する場合には増配するとした。

21年3月期の連結純利益は同19.9%減の4014億円だった。

同時に発表した24年3月期までの3カ年の中期計画では、期間中に連結純利益6000億円の達成を目指す。また、配当は1株100円を目指す。

決算の詳細は以下の通り

*今期は全てのセグメントで増益を予想

*今期、情報金融関連の伸長・食料の復活・ファミリーマートの戻りなどがけん引

*前期、新型コロナウイルスで560億円の下押し アパレルや外食など

石井敬太社長の主な発言は以下の通り


*今期はコロナ前の利益水準を超え、成長軌道へ回帰

*前期と今期は経済環境が異なる。今期は経済活動が復活し正常化、新規ビジネスも実装化

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 15:44 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2629
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml