CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
日米外相会談 台湾海峡の平和と北朝鮮の完全非核化へ連携確認 [2021年05月04日(Tue)]
朝鮮半島の非核化への解決策を見つけることが目的だというが、その解決策を導き出すことである。それには、北朝鮮の納得させる内容でなければ交渉の場に出てこない。

北朝鮮はようやくアメリカとの2国間交渉の場を作ったのであるが、それまでの苦労を考えればこのシステムを壊したくない。まずそこが、北朝鮮との交渉を継続できるか可能性がある。

北朝鮮は金王朝の存続が最大の目的であるから、それをどう保証するかが解決への道筋である。 リビア方式ー泥沼の内戦継続、ビンデランの特殊部隊による暗殺ーにつながるアメリカからの提案は拒否するだろう。

データ
ロシア・スプートニク2021年05月04日 01:35

英国訪問中の茂木敏充外相は3日、ロンドンでブリンケン米国務長官と会談し、4月の日米首脳会談で合意の「台湾海峡の平和と安定の重要性」と、北朝鮮の完全な非核化についての緊密な連携が確認された。毎日新聞が報じた。

4月の日米首脳会談では「台湾海峡の平和と安定の重要性が確認」され、中国の台頭への踏み込んだ声明と注目を浴びていた。

毎日新聞によれば、茂木外相とブリンケン米国務長官は「インド太平洋、中国、北朝鮮などの地域情勢」を中心に中国の海洋進出などを協議している。

4月末、米国行政が北朝鮮に対して新たな戦略的アプローチを準備していることが報じられている。

ジェイク・サリバン大統領補佐官・国家安全保障担当は、対北朝鮮政策は敵対的なものではなく、朝鮮半島の非核化への解決策を見つけることが目的だと指摘していた。

関連ニュース

対北朝鮮政策の目標は非核化に向け解決策を見つけること=米大統領補佐官
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:32 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2622
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml