CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
米国、尖閣諸島問題で中国をけん制 「日本を支持」 [2021年02月24日(Wed)]
尖閣諸島は沖縄返還の折、アメリカから尖閣諸島を含めて返還されている。

そのごアメリカ軍の演習地として尖閣列島の大正島だったと思うが、日本政府からアメリカ軍に貸し出す契約を結んでいる。

アメリカ軍が演習地として使用した例は少ないようであるが、アメリカが日本の領土として認めている証左である。

中国が尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは、日本がアメリカに演習地として貸し出した時ではなく、アメリカの石油探査機関が、石油、天然ガス資源が埋蔵している可能性があることを発表してからである。

日本ではある商社が、尖閣列島の鉱業権を買い取り、うるま石油開発株式会社を設立して開発する予定であったが、現状凍結で現在、会社はぺーパーカンパニーとして存続している。
tyuugoku 1.jpg
データ
ロシア・スプートニク 2021年02月24日 10:41

米国防総省のカービー報道官は23日、日本の沖縄県・尖閣諸島(中国名:ジャオユイダオ)の沖合で中国海警局の船が日本の領海への侵入を繰り返していることに関して、「誤算や物理的な損害にもつながるおそれがある」と述べ、中国をけん制した。NHKが伝えた。

21日、尖閣諸島沖合で中国海警局の船2隻が日本の領海に侵入した。中国海警局の船が尖閣諸島の沖合で日本の領海に侵入したのは1月以来9回目。

カービー報道官は23日の記者会見で「誤算や物理的な損害にもつながるおそれがある。中国に対して海警局の船を使った行動をやめるよう求める」と述べたうえ、「日本を支持する」と強調した。

中国では2月1日に外国船に対する武器の使用を海警局に認める「海警法」が施行。中国の最高国家権力機関である全人代常務委員会により1月に採択された。

尖閣諸島をめぐる日本と中国の領有権争いは、私有地だった尖閣諸島を日本政府が2012年9月に購入して国有化した後、悪化した。

国有化を受け、中国では大規模な反日デモが起こった。国有化後、中国船は尖閣諸島周辺を常に航行しており、定期的に周辺水域に侵入している。

関連記事

日本政府「国際法違反だ」中国に抗議 尖閣諸島沖で中国海警船2隻、日本漁船に接近
加藤官房長官「断じて容認せず」 中国海警局の領海侵入で
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 12:38 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2541
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml