CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
原油先物は上昇、寒波後の米生産再開に時間要するとの見方 [2021年02月22日(Mon)]
石油製品の価格が上昇してきた。原油価格のアップの影響であろう。アメリカ・テキサスの寒波の影響で停電、断水が大規模に起こっている。

コロナの影響でアメリカ全土で50万人の死者を出している、その上にテキサスで断水が起こっている。寒波により水道管の破裂が起こっているためである。

日本でも突如の停電、断水の対策が必要となる。まだ寒い日があるので停電は暖房機器をストップさせてしまうので、石油ストーブと灯油の備蓄が必要となる。用心に越したことはない。

テキサス州の緯度は日本の南九州とほぼ同位置にあり、そこでの猛烈な寒波というのは空恐ろしい感じがする。

データ
イギリス・ロイターBy Reuters Staff2021・2・22

[東京 22日 ロイター] - アジア時間の原油先物は上昇。寒波の影響で停止していた米石油施設の操業再開には時間がかかるとみられ、新型コロナウイルス流行で打撃を受けた需要が持ち直しの兆しを見せる中、供給面の懸念が重しとなっている。

0104GMT(日本時間午前10時04分)時点で、北海ブレント先物は0.76ドル(1.2%)高の1バレル=61.67ドル。米原油先物は0.74ドル(1.3%)高の59.98ドル。

アナリストの試算によると、米テキサス州などを襲った異例の寒波の影響で、最大で日量400万バレルの原油と210億立方フィートの天然ガスの生産が停止した。

油田の作業員がバルブの除氷やシステム再稼働を行って石油・ガス生産を再開するためには数日かかる可能性が高い。

アナリストによると、メキシコ湾岸の製油施設では設備への被害を調査しており、ほぼ平常通りの操業に戻るには最大3週間かかる可能性もあるという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 13:38 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2539
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml