CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
新型コロナの発生は中国のウイルス研究所と関係=米国務長官 [2021年01月16日(Sat)]
中国武漢のウイルス研究所が危ないという情報は早くから流布されていた。発生源とされる武漢鮮魚市場とも近い距離にあることも報ぜられていた。

ただし伝聞情報で、確かな根拠というものは、アメリカ国務長官から提示されなかったという。アメリカCIAによる諜報活動により確かな情報を握っていると思われるのであるが。


ponnpio.jpg
データ
ロシア・スプートニク2021年01月16日 12:39

マイク・ポンペオ国務長官は新型コロナウイルスのパンデミックが中国内の研究所から始まった説を裏付ける情報を公開した。

ポンペオ国務長官は新型コロナウイルスの発生源を調査すべく、今週に入ってようやく中国に到着した世界保健機関(WHO)の調査団に対して声明を発表した。

米国政府は今日、2019年に中国の国立研究所内部で進められていた活動に関して新たな情報を発表する。

ポンペオ国務長官によると、中国武漢のウイルス研究所では国内で最初にCOVID-19の感染例が確認される前の夏において一部の研究者らがCOVID-19に感染した例があったと推定する根拠が米国にはあるという。

さらに、中国では遺伝子情報がCOVID-19と96パーセント以上も合致するRaTG13ウイルス(コウモリが保有)の研究が少なくとも2016年から進められていたとのこと。

研究所はウイルスの感染力や死亡率強化に関する実験を行う可能性があったことについて報告していなかったという。また、ウイルス研究所は軍事目的の研究も進めていたとのこと。

武漢ウイルス研究所は民間の施設とされているものの、中国軍と協力して論文を発表してきたほか、秘密計画を進めていた。

COVID-19のパンデミックは回避できたはずである。責任意識を持つ国家ならば、感染拡大から数日以内に世界中の専門家を武漢の保健省に招聘していただろう。

そのうえでポンペオ国務長官は、WHOの職員にすべての施設や研究所、職員、目撃者、苦情の申請者に対するアクセスを許可するよう要求した。

米国は先に新型コロナウイルスが中国内部の研究所から流出したとする疑惑を広めていたが、その証拠については提示してこなかった。今回の声明についてもポンペオ国務長官は証拠文書を提示していない。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 13:22 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2489
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml