CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
プーチン大統領が今後の露米関係についてコメント 「関係はすでに壊れている」 [2020年11月22日(Sun)]
ロシアのプーチン氏の発言は意味深長である。関係がすでに壊れている以上、さらに悪くなることはないというものだが、裏を返せばこれからよくなるしかないということを言外に込めている。

トランプ氏のロシア疑惑は、プーチン氏が遠隔世論操作でトランプ氏を有利に導いたものではないかという疑惑であるが、トランプ氏はそのことがあるのでロシアとの関係を悪化させた。

この問題の裏側には、ロシアに亡命したスノーデン氏の影がちらつく。スノーデン氏からの情報により、どうすればアメリカ社会に影響力を行使できるかということをロシアは知ったからである。

現在は選挙も含めて、総力戦の時代であり情報戦争も当然の武器となる。選挙に影響力を与えるということは当然その選択肢に入っている。

SMSなどでフェイクニュースを意識的に流すとそれはかなりの影響力を持つこともしられている。

日本でも、例えば自民党が敗けそうになれば、アメリカが介入し、イメージ操作、情報操作を行うだろうと考えておいたほうがいい。

データ
ロシア・スプートニク2020年11月21日 14:43短縮 URL
トピック2020年米国大統領選挙 (165)

ロシアのプーチン大統領は露米関係について言及した中で、関係がすでに壊れている以上、これよりも更に壊れることはないと発言した。

プーチン大統領は国営放送「ロシア1」の生中継に出演した中で、露米関係は今後悪化するのか、と記者からの質問を受けた。

これに対しプーチン大統領は、「悪化した関係をさらに悪化させることは不可能だ。関係はすでに悪い」と答えた。


ホワイトハウスの記者会見が騒然 米大統領が記者の質問には応じず「勝ったのは私」

マスコミは米大統領選で民主党推薦のジョー・バイデン候補が勝利と報じており、バイデン氏もすでに勝利宣言を行っている。

共和党推薦の現職のトランプ氏は現時点ではまだ敗北を認めておらず、弁護士を雇い、複数の州で集計作業の停止及び違反が疑われるケースの捜査を求める訴えを裁判所に起こしている。

先にロシアのラブロフ外相は、ロシアとしては米大統領選の公式的な結果を待って、選出された候補者に祝辞を送る構えであることを明らかにした。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 12:19 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2415
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml