CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
バイデン氏、ペンシルベニア・ジョージア州でリード 勝利へ前進 [2020年11月07日(Sat)]
バイデン氏の勝利は確実になったようだ。問題はトランプ氏が敗北を認め、敗北宣言を出すかどうかである。

トランプ氏が法廷闘争に持ち込めば、アメリカの政治的空白を生むことになろう。

決定が長引けばトランプ支持派の急進派が銃を片手に暴れだす危険が出てくる。

トランプ氏は熱狂的な支持者もいるが、反トランプ氏の感情を持つ人たちが、バイデン氏に票を入れた。バイデン氏がいいということではないのかもしれない。

バイデン氏が就任すると78歳の高齢者の大統領となる。認知症のバイデンなどと揶揄されていたから4年務めると82歳となる。 えらい年寄りの政権となる。

データ
イギリス・ロイター編集2020.11.07


[ワシントン 6日 ロイター] - 米大統領選は6日、開票作業が続く激戦州のペンシルベニアとジョージアで、民主党候補のバイデン前副大統領が再選を目指すトランプ大統領を逆転し、リードを維持している。


米大統領選は6日、激戦ペンシルベニア州で、民主党候補のバイデン前副大統領が再選を目指すトランプ大統領を逆転した。

現時点で獲得した選挙人はバイデン氏が253人、トランプ氏が214人。選挙人20人の大票田であるペンシルベニア州を制すれば、バイデン氏は当選に必要な選挙人270人を獲得する。

同日午後時点で、バイデン氏はペンシルベニア州で1万3558票リードしている。

バイデン氏はまた、ジョージア、アリゾナ、ネバダのいずれか2州を抑えても、勝利が決まる。

ジョージア州でのリードはわずか1579票となっており、同州のラフェンスパーガー州務長官は6日、票差がわずかなため再集計が行われるだろうと述べた。


バイデン氏がジョージアで勝利すれば、同州での民主党候補の勝利は1992年のクリントン元大統領以来となる。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 10:45 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2395
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml