CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
米上院、最高裁判事にバレット氏承認 トランプ大統領に追い風 [2020年10月27日(Tue)]
三権分立というが、司法も行政に左右されるということを明確にした。民主主義というものは基本原則が多数決制であるということであるが、時にはそれがマイナスに働く。

共和党、トランプ氏にしても自分の都合がよい人物を選択する。反対に民主党・バイデン氏ならば、反対の人物を選んだということであろう。

政治家が自分に不利な人物を選択することはない。最高裁であればなおさらである。しかも終身職務であるからその権限は大きい。新しいことは最高裁で否決されることが多くなるだろう。

データ
イギリス・ロイター2020・10・27

 10月26日、米上院は、トランプ大統領が連邦最高裁判所判事に指名したエイミー・バレット氏を賛成多数で承認した。

米首都ワシントンで21日、

[ワシントン 26日 ロイター] - 米上院は26日、トランプ大統領が連邦最高裁判所判事に指名したエイミー・バレット氏を賛成多数で承認した。

最高裁の保守化が進むことになり、11月3日の大統領選を前にトランプ氏にとって大きな政治的勝利となった。

採決結果は賛成52、反対48。民主党議員は全員反対票を投じた。共和党からはスーザン・コリンズ議員が反対にまわった。

ホワイトハウスではバレット氏の指名承認を祝う式典が予定されており、ホワイトハウス高官によると、そこで保守派のクラレンス・トーマス最高裁判事の進行でバレット氏の宣誓式が行われる。

また、27日にはロバーツ司法長官が最高裁でバレット氏の宣誓式を執り行うという。

トランプ氏は11月3日の大統領選前のバレット氏承認を推し進めたきた。同氏が承認されたことで、最高裁判事9人のうち6人が保守派となる。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 10:58 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2379
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml