CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
橋下徹氏、福島第一原発の処理水海洋放出問題に「ちゃんと処理をしたものを流すと言っておけば…」 [2020年10月20日(Tue)]
問題の核心は汚染水に含まれているトリチュムを汚染水から除去できるかどうかにある。トリチュムを除去できないまま、海に大量に放出すると、日本の海は腐海となってしまう。

”ちゃんと処理をしたもの””は、トリチュムを除去したものでなければならない。科学的に技術的にその除去の方法が確立しているかどうかを確認せねばならない。

トリチュムを除去できないならば、絶対に海に放出してはならない。日本近海の魚や海産物を食することが危険になる。魚好きの日本人が徐々に長期にわたって衰退していくことになる。

データ
日本・スポーツ報知2020年10月19日 9時2分 #

 元大阪府知事の橋下徹氏が19日、TBS系「グッとラック!」(月〜金曜・前8時)に生出演した。

 番組では、政府が福島第一原発の処理水を海に放出を行う方針を固め、10月中にも正式決定する予定であることを報じた。

 処理水が放出された場合について橋下氏は「風評被害って福島の方はみんな言われるでしょ」と危惧した上で「でも、風評被害って誰が一番の根本原因かというと、我々を含めたマスメディアなんですよ。もし危険性が本当にあるのであれば、絶対に止めないといけません」と指摘した。

 「今、一部のタンクにはきちんと放射性物質を取り除けていない水がありますから、今の段階では汚染水が貯蔵されている一部もあるんです」とし、「今は処理をしたので、きちんと基準を満たした水もある。汚染水も一部あるけど、汚染水をそのまま流すわけじゃない」と説明した。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 14:11 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2372
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml