CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
世界最大の水上飛行機が初飛行 中国のAG-600水上飛行機が初めて空への旅をしました [2020年07月20日(Mon)]
中国も水陸両用水上飛行機を開発している。どうも南シナ海、尖閣諸島などを念頭に置いた軍事開発のような印象を受ける。

南沙諸島用に開発されたようだ、人工島への空輸を念頭に置いたものであろう。ロシアと異なりジェット推進ではない、プロペラ型であるが、大型化しているとことが注目点である。

飛行艇の開発研究は日本では進んでいると思うがロシア、中国の動向をよく見ておくことであろう。


データ
カイル溝上2017年12月27日

世界最大の水陸両用水上飛行機である中国のAG600が、中国広東省珠海のジンワン民間航空空港から初の飛行を行いました。

AG600は民間の旅客機と同じくらい大きく、水から離着陸できます。

Kunlongの愛称で呼ばれるこの航空機は、7年間開発されており、消防活動、海上での救助、南シナ海の中国の人工島のパトロールに使用されます。

AG600の最初の飛行には水は含まれていませんでした。代わりに、飛行機は約1時間飛行してから、空港に戻って着陸しました。

AG600は、J-10およびJ-20戦闘機、Y-20重輸送機を含む中国の新しい軍用機の大部分を担当する中国の国営航空産業公社(AVIC)によって設計および製造されています。そしてZ-10攻撃ヘリコプター。

AG600の翼幅は121フィート、最大離陸重量は53.6トンで、エアバス320またはボーイング737とほぼ同じ大きさです。

水陸両用水上飛行機は、離着陸用のボートのような船体と、従来の三輪車の両方を備えています-
滑走路から操作するための着陸装置のスタイルセット。

飛行機は、ソビエト連邦によって設計された1950年代のエンジンから派生した4つのWJ-6ターボプロップエンジンを含む、100%中国のコンポーネントを使用しています。

Kunlongは最大50人の乗客を収容できるので、海上緊急時に船を避難させたり、着陸帯のない島から人員を移動させるのに役立ちます。

中国の国家メディアによると、水上飛行機は消火のために20秒間で12メートルトンの水を汲み上げることもできます。

AG600は現時点では非武装ですが、対潜水艦の役割で魚雷と深度爆弾を運ぶ可能性があります。

AG600は明らかに民間人の役割を担っていますが、AVICが軽視されそうな軍事的役割も持っています。

水上飛行機は、南シナ海にある中国の人工島を維持するのに理想的です。

これらの島は、島や浅瀬から海底に浚渫されて築かれ、北京の以前の声明とは対照的に、空軍基地、レーダー、武器で徐々に軍事化されています。島は中国が南シナ海の交通を監視するのを助けます。

それは中国本土だけでなく核弾道ミサイル潜水艦の砦としての要塞を形成するでしょう。

ジン級潜水艦強力な「セカンドストライキ」機能を提供し、中国が不意の核ファーストストライキの犠牲者であった場合に、復讐攻撃を確実にします。

中国は南シナ海の90%を主張しており、これは近隣諸国をランク付けする領土の主張です。

Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 16:15 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2243
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml