CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ロシア、初のヘリ空母建造に着手へ [2020年07月19日(Sun)]
プーチン氏のロシアは、海上進出を考えているようだ。


アメリカのアメリカ第一主義は、アメリカを出先から引き上げるという側面を持っており、ロシアはアメリカの後のことを考えての計画であろう。

中国といい、ロシアといい、空母を持つということに執着している。おそらくロシアは1隻は極東海域に配備するであろう。

日本はどうするか。かつて日本はアメリカに次ぐ、空母を持つ国家であった。ヘリ空母は日本はすでに所有しており、安倍首相は、正式空母に格上げする計画である。


データ
データ・スプートニク2020年07月16日 21:48

ロシアは同国近代史上初めてミストラル級ヘリ空母(ヘリコプター搭載型強襲揚陸艦)2隻の建造を開始する。造船業界筋が通信社スプートニクに伝えた。

1隻目は「セヴァストポリ」と命名される予定。

オープンソースによると、プロジェクト23900ヘリ空母の排水量は2万5000トンとなる。推定建造費は400億ルーブル超(約602億ドル超)。
1隻目は2027年までに引き渡される計画。

2011年、フランスのDCNS/STXとロシアのロソボロネクスポルトはミストラル級ヘリ空母2隻「セヴァストポリ」と「ウラジオストク」を12億ユーロで建造する契約を結んだ。

2隻の建造は2012年と2013年に始まったが、2014年のウクライナでの出来事とロシアに対する制裁の発動により、契約は破棄された。

最終的にヘリ空母はエジプトに売却され、エジプト海軍に引き渡された。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 16:57 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2240
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml