CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時並み」速度 [2020年07月11日(Sat)]
中国は細菌戦争を想定した訓練のつもりでいるのかもしれない。コロナウイルスの鎮圧にも国家権力を総動員して都市封鎖したし、ワクチンの開発も先端を切って走っている。

戦時を想定して、人民解放軍と一体となってワクチンの開発に邁進しているのは、細菌などのk学兵器の攻撃を想定してその防御のつもりでいる。

否定はされているが武漢のウイルス研究所が発祥地と近かったことも気になるところだ。

日本の薬品メーカー武田薬品など、大学の医学部、そして自衛隊の医療防疫部隊は世界に先駆けて、新型ワクチンに対抗できるワクチンを開発してもらいたい。

富士フイルム富山化学のワクチンは臨床試験(治験)に突き進んでいるが実効性が確認されていないようだ。


データ
ロイター2020.7.10

[ソウル/シンガポール 7日 ロイター] - 新型コロナウイルス感染症のワクチン開発競争で、中国が先頭集団を走っている。

シノバック・バイオテック(科興控股生物技術)(SVA.O)が開発中のワクチンは月内に、中国で2番目、世界で3番目に第3期臨床試験(治験)へと進む予定だ。

世界のワクチン産業の中では後発組の中国だが、現在は国、軍、民間を挙げて新型コロナワクチンの開発に力を入れている。

ただ、中国には多くの障害もある。既に感染拡大阻止に成功していることで、他国に比べて国内で、感染を試す大規模な治験がやりにくくなったことがある。

ほかにも治験に協力してくれるのは一握りの国だけという点がある。

また、中国は近年、基準を満たさないワクチンを発売する複数の不祥事があったため、安全性・品質基準を達成していると世界を納得させる必要もある。

とはいえ、計画経済型の開発方法は実を結んでいる。

例えば、ある国営企業は2つのワクチン開発工場を2、3カ月という戦時並みのスピードで完工させた。国有企業と軍は、従業員や兵士らに対する試験的なワクチン接種を認めている。

人民解放軍の医療調査部門も、カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)(6185.HK)などの民間企業とワクチン開発で協力している。

伝統的に西側諸国が牛耳ってきたワクチン産業だが、中国は今回、ヒトへの治験候補に挙がっている世界の新型コロナワクチン19種類のうち8種類に関与。

このうちシノバックの治験と、軍およびカンシノの共同開発が先頭集団に入っている。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 16:00 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2225
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml