CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ボルトン元米大統領補佐官 トランプ大統領と金正恩委員長の会談は戦略的ミス [2020年06月24日(Wed)]
アメリカのボルトン元米大統領補佐官は昔から超タカ派で強固路線の主張者である。もともと北朝鮮は軍事力で屈服させるという主張である。

リビア方式すなわち、ーーリビアの核開発の破棄と、元首カダフイ氏の政権転覆と、カダフイ氏の殺害ーーを主張していた人物を大統領補佐官の任用に問題があった。

トランプ氏の戦略的ミスは、ボルトン氏を補佐官に任用した点にある。

北朝鮮もリビアの惨状ーカダフイ氏亡き後、現在も内戦がつずき、リビアは破壊され疲弊しきってしまっているーことを当然知っているので、政権の安定保障と金王朝の存続を要求した。

トランプ氏はこの要求を受け入れていないので平行線のままとなっている。金王朝としては、核兵器を手放したとたん、攻撃され滅亡するのはごめんだという認識である。

しかし話し合いのテーブルに着いたということは平和への一歩前進である。

データ
ロシア・スプートニク2020年06月22日 20:14

テレビチャンネルABCのインタビューで、米国大統領と北朝鮮の指導者の会談が戦力的なミスであったと指摘された。

2018年にシンガポールで行われた米国ドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長との初会談について、ボルトン元米大統領補佐官は、トランプ大統領はなによりも自らのイメージを心配していたと語った。

トランプ大統領がまずはじめに聞いたのは、同大統領の記者会見に参加する記者の数だったという。

トランプ米大統領
トランプ氏、米国のGDPが人類史上最高になると予想

ボルトン氏によれば、トランプ大統領は、北朝鮮の指導者と会談を行い、一緒に写真に写るはじめての米国大統領になることに完全に意識を集中していたという。

同氏はABCに、「このことに多くの注目が集まったが、しかし、私は、これは戦略的なミスだったと思っている。

米国は会談で得られるものは何もなかった、しかし、トランプ大統領は多くのことを獲得した」とコメントした。

また、ボルトン氏は、米朝会談は「北朝鮮の核武装計画の解決という問題で具体的検討は何もされなかった」と強調した。

ボルトン氏によれば、それどころか、トランプ大統領はまったく必要のない譲歩をその場で行ったという。

たとえば、トランプ大統領は金委員長に対し、米国は朝鮮半島での軍事演習を中止することさえ可能だと語った。

ボルトン氏は、「これは、任期がすでに2年過ぎていたのに、トランプ大統領は、米国と韓国は北朝鮮からの圧力に対抗するために軍事演習がどうしても必要だという認識をどうやら持っていなかったことを示すケースとなった」と語った。

また、インタビューでボルトン氏は、米朝会談で危惧した問題について、自身のホワイトハウス回顧録『The Room Where It Happened: A White House Memoir』の中で言及したことを明らかにした。

回顧録でこうした問題が明らかになる前に、トランプ大統領が日本政府に対し、在日米軍基地の維持費を4倍にするよう要求したことが報じられている。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:16 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2196
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml