CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
傷む米の地方経済、稼ぎ頭のシェールと農業が暗転 新型コロナウイルスの襲来  [2020年06月21日(Sun)]
新型コロナウイルスによる経済停滞と、アメリカと中国の貿易戦争がアメリカの地方経済に痛手を負わせている。

アメリカは、農業大国とエネルギー大国の側面を持つ。ともに世界1〜2の生産量を誇り、農業の輸出は地方経済を支えている。それに原油生産とシエールオイルの生産である。

この地方経済の2本柱が打撃を受け、それが税収の減少と言う形で州政府の懐を緊縮している。石油製品の世界的な減少で、産油国は減産に踏み切ったが価格低下が続いている。

それが、生産コスト40ドル前後と言われるシエールオイルの生産業者を直撃して、稼働停止する井戸が増加しているからである。

アメリカの経済はボデイブローを食らって大きなダメージを負っているのかもしれない。

amerika2.jpg

データ
イギリス・ロイター 2020・6・20

[ニューヨーク/シカゴ 12日 ロイター] - 新型コロナウイルスが初めて米国で確認された頃、ノースダコタ州は当初の予算を上回る資金を抱えるという恵まれた状況にあった。

だが同州はいま、財政赤字の拡大を食い止めるために広範囲にわたる州政府機関の予算削減を進めている。

コロナウイルスによるパンデミック(世界的な大流行)が引き金となった記録的な石油価格の暴落、そしていまだに米中貿易紛争の余波に苦しむ州内農業の不振が原因だ。

ダグ・バーガム州知事は、エネルギー関連の歳入が急減する状況を「経済的アルマゲドン」と表現し、この事態をやり過ごすために、州政府機関に対し、来年度予算の5―15%削減に着手するよう要請した。

ノースダコタ州は、エネルギー産業・農業への依存度が最も高い州の1つである。

ウイルスと貿易紛争が州の生命線である産業に与える打撃は、教育や統治機能、幹線道路サービスの縮小という形で、何年にもわたり州の予算に影響していく可能性がある。

ノースダコタ州のように全般的に収支均衡を維持し、ほとんど債務を負っていない州でさえ苦労しているのだから、コモディティ生産に依存している米国の他州にとっては、回復への道が遠いことが分かる。

こうした州の多くは、新型コロナウイルスの襲来以前から、財政基盤が脆弱だったのである。

石油・小麦に関して国内トップクラスの生産量を誇るオクラホマ州では、両産業の不振により、13億6000万ドル(約1450億円)の財政赤字が生じると予想している。

アラスカ州の信用格付けは引き下げられ、ニューメキシコ州、オクラホマ州の格付け見通しもネガティブになり、格下げの危機が迫っている。

ノースダコタ州行政管理予算局のジョー・モリセット局長は、「25年にわたって州財政の仕事をしているが、これほど大きく複雑な変化のある不安定な時期は初めてだ」と語る。

3月にはわずか2%だった同州の失業率は、4月には8.5%へと跳ね上がった。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:36 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2192
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml