CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
8月までに14万人超 「米史最大のカタストロフィ」=下院議長  [2020年05月13日(Wed)]
アメリカの失業手当の申請に3300万人が出しているという。新型コロナにより、深刻な打撃を受けているアメリカ国民がいかに多いかということである。

そして、8月までに14万人が死亡するという予測である。アメリカ経済の変調によりアメリカとの貿易の多い国も打撃を受ける。

トヨタなどアメリカ国内での自動車販売台数が激減しているようだ。自動車産業は打撃が大きい、また、航空会社も乗客がなく倒産の危機にあるという。


データ
ロシアスプートニク2020年05月13日 11:16

米議会のナンシー・ペロシ下院議長は新型コロナウイルスを「米国史上最大のカタストロフィ」と呼び、経済対策を急ぐ必要性を主張した。

同国における感染拡大は続いており、米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)は2020年8月にかけて国内の死者数が14万7千人に達するとの見通しを立てている。

米国ではすでに136万人が新型コロナウイルスに感染し、そのうち8万人以上が死亡した。さらに失業手当の申請者数は3300万人に達している。

こうした危機的状況を受けてペロシ議長はフェイスブック上でコメントを発表し、「我が国始まって以来、最大のカタストロフィに直面している」と危機感をあらわにした。

野党・民主党は先に3兆ドル規模の追加支援策に関する法案を下院に提出し、15日にも採決を行う見通し。

ペロシ議長は「対策を取らなければ何より高い代償となる」として、経済対策を強化する必要性を主張している。

上院の共和党議員やホワイトハウスでは先に実施した2兆ドルの支援策から期間が経っていないことから、前回の支援策を上回る規模の対策が必要かどうかには判断する時間が必要として、矢継ぎ早に大規模な追加支援策を行うことに反対している。

上院多数党院内総務を務める共和党のミッチ・マコーネル議員はより「的を絞った」法案が必要との見方を示している。

米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)は8月初旬までに米国では新型コロナウイルス感染により約14万7000人が死亡するとした。ただし、8月上旬になると1日あたりの死者数は100人程度に収まる模様。

米国では過去24時間の間に死亡した人の数は1803人に達し、依然として厳しい状況が続いているものの、ピークはすでに過ぎたとの見方が固まっている(ピークは4月16日で2229人)。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:51 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2117
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml