CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
外出禁止令下の米国で、銃器や弾薬の販売店が「必要不可欠なサービス」に認定された [2020年04月03日(Fri)]
アメリカという国は特殊な社会であるという印象を持つ。銃器と弾薬の販売店は市民の必要不可欠のサービスとして、外出禁止令の中でも銃器の販売は行うという。

鉄砲・拳銃を持って市民は新型コロナウイルスに立ち向かえということか。銃器で新型コロナウイルスからわが身を守ることができるということなのであろうか。

必須インフラとして射撃訓練場も必要不可欠なサービスとして、新型コロナウイルスが蔓延する中で営業できるという。我々から見ると驚きの認定である。

データ
アメリカ/CNN 2020・4・3

ワシントン(CNN) 米連邦政府は2日までに、新型コロナウイルス対策の勧告を更新し、銃器や弾薬の販売店を「必要不可欠なサービス」に認定した。

これにより外出禁止令の下でも営業継続が認められる。

サイバーセキュリティー・インフラストラクチャー・セキュリティー庁のクレブス長官は新たな勧告の中で、「銃器や弾薬の製造メーカー、小売業者、輸入業者、流通業者、射撃訓練場」を必須インフラに認定した。当初の勧告は先週末に発表されていた。

必須インフラに認定された業界などは、新型コロナ対策の実施中も全法域で営業継続が認められる。

今回のリストは勧告を意図したもので、不可欠な業種の分類については「個々の法域がそれぞれの必要性に応じて、独自の裁量で追加や削減を行うものとする」としている。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:19 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2049
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml