CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
トランプ大統領、原油価格を危険な水準まで下げないようサウジに求める [2020年03月26日(Thu)]
原油価格の下落は、アメリカのシェールオイルの生産者に深刻な打撃を与えることになる。彼らの損益分岐点は50ドル・バーレルといわれており、優良な油井でも40ドルくらいといわれる。

原油価格が20-30ドル・バーレルではアメリカのシエールオイルの生産者はほとんど破綻するであろう。トランプ氏があわててサウジに価格アップを求めたということである。

また、アメリカ国内の油田による原油生産者も打撃を受けることになる。
日本国内の石油会社も収益が圧迫されることになろう。


データ
ロシア・スプートニク2020年03月25日 17:15

米政治ニュースサイト「ポリティコ」は、3月9日に行われたトランプ米大統領とサウジアラビアのムハンマド皇太子の電話会談について、トランプ大統領はサウジの原油増産には反対しなかったものの、原油価格を米国にとって危険な水準まで下げないよう求めたと報じた。


バンク・オブ・アメリカ:米国では経済危機が始まっている

これは、新型コロナウイルスの流行を背景にした原油市場の飽和が米経済に深刻な悪影響を与える可能性があることをサウジ側に説明する最初の試みだという。

なぜなら、原油価格が1バレル=20〜30ドルの水準で維持された場合、シェールオイル生産者の約50%が破綻する可能性があるからだ。

米元政府当局者がポリティコに語ったところによると、トランプ大統領とムハンマド皇太子の電話会談は緊迫したものでもなければ、困難なものでもなかったが、トランプ氏は双方が「この件で同じ波」に乗っていることを確認したかったという。

また米元政府当局者は、米国当局はその後の25%以上の価格の下落に不意をつかれたと指摘した。

なお、Rystad Energy社のシニアアナリスト、パオラ・ロドリゲス=マスシュ氏は、トランプ氏は減産についてサウジを説得できるかもしれないが、同氏には大きな影響力はほとんどないとの見方を示している。

原油価格は今月9日、OPECプラスの協調減産体制が終了することになり、急落した。

Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:34 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/2033
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml