CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
第2次大戦中の日系人強制収容、カリフォルニア州が公式謝罪決議採択へ [2020年02月18日(Tue)]
戦後、忘れたころに、謝罪とは。アメリカの強制収容所に連行された日系人の多くはすでに亡くなってしまっている。

自由と民主主義の国家といえども、人種差別を強制的に実行したが、公式に謝罪するということは日本人との和解ができることになろう。

心を閉ざしていた日本人は少しはアメリカに歩み寄れるであろう。第二次世界大戦の引き金となったのはアメリカの移民法で日系人が差別・虐待されていたことが遠因となった。

kyousei syuuyoujyo.jpg
データ
アメリカ/CNN 2020.02.18 Tue

カリフォルニア州マンザナーの強制収容所で米国旗がひるがえる様子=1942年7月/Hulton Archive/Getty Images

(CNN) 第2次世界大戦中の1942年2月19日、当時のルーズベルト米大統領は、国家の安全を脅かすとみなした人物を指定軍事区域から立ち退かせる権限を陸軍省に与えた。

以後の4年間で10万人以上の日系人(大部分は米国籍の保有者)が自宅から強制的に退去させられ、全米の強制収容所に送られた。

それからおよそ80年。米国史上、最大規模の強制立ち退きにかかわったカリフォルニア州が、日系米国人に公式謝罪することになった。

謝罪の決議案は、カリフォルニア州議会で今週中に採択される見通し。

「第2次世界大戦中に日系米国人の不当な排除、立ち退き、強制収容」を支持したこと、さらには「日系米国人の公民権と市民の自由を守ることができなかった」ことについて謝罪するとしている。

さらに、「過去の過ちから学び、そうした自由に対する攻撃が、米国のどのコミュニティーに対しても二度と起きないようにすることが、これまで以上に重要性を増している」とした。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 12:03 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/1970
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml