CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
露中ガスパイプラインは米国から中国へのガス供給の障害になる [2019年12月07日(Sat)]
露西亜と中国は金融面で脱ドル政策をすすめ、そしてエネルギー源の提携^パイプラインによる天然ガスの供給を実現した。

アメリカの天然ガス、石油の輸出について、中国に対してその影響力を削ぐことになるという結果をもたらす。

アメリカは米中貿易交渉が妥結したとしても、エネルギー源の価格については露西亜にそのイニシアチブを握られることになる。

また、アメリカからの天然ガスの輸出ストップという切り札が無効となったことを意味する。

中露の二カ国がアメリカに替わり得るというシグナルの発信となるであろう。

データ
2019年12月07日 11:15

から中国へ天然ガスを輸送するガスパイプライン「シベリアの力」が2日、稼働した。

同パイプラインは、エネルギーインフラの観点からは大きな成果であり、米国から中国への液化天然ガスの供給にとっては障害となる。

2日、米経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」は、露中ガスプロジェクトに関してこのような評価を下した。 

同紙は「ソ連崩壊後のロシアで最大のプロジェクトであるガスパイプライン『シベリアの力』は、米国に挑戦する2つの大国の協力関係を強化する現実的なつながりである」と述べている。

露中ガスパイプライン「パワー・オブ・シベリア」、93%が建設完了

さらに、同紙は米コロンビア大学の上級研究員で元CIAアナリストのエリカ・ダウンズ氏の言葉を引用して「中国とロシアは力を合わせ、米国主導の世界秩序に代わるものがあるというシグナルを送った」と報じている。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は「たとえ米中が貿易協定を策定し、エネルギー資源価格の引き下げに合意したとしても」、中国へのロシアの天然ガスの供給は「米国の液化天然ガス供給者にとっては大きな障害となるだろう」と指摘している。

syuu1.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 20:42 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/1863
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml