CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
北朝鮮、米前副大統領を狂犬扱い「この世を去る時が来た」 [2019年11月17日(Sun)]
北朝鮮はあらゆる角度から揺さぶりをかけている。アメリカ民主党政権の北朝鮮敵視政策に、今尚反撃している。

トランプ氏が大統領に再選されず、民主党政権になった場合、北朝鮮敵視政策に逆戻りする悪夢を恐れている。

データ
2019年11月16日 09:27短縮 URL 0 21

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の朝鮮中央通信(KCNA)は15日、ジョー・バイデン前米副大統領が金正恩・朝鮮労働党委員長を中傷したとし、始末する必要のある「狂犬病にかかった犬」と辛辣に批判した。ロイター通信が報じた。

平壌への英国人の信じられないような冒険=北朝鮮へのビールツアーが2020年にスタート

KCNAは論説で、バイデン氏を「認知症の末期症状」にあると呼び、「この世を去る時が来た」と主張。

さらに「大胆にも北朝鮮の最高指導者の尊厳を冒とくした」とし、「バイデン氏にような狂犬を自由にさせておけば多くの人々に危害が及ぶ」と締めくくった。

バイデン氏がどのように金氏を中傷したかについては言及していないものの、2020年の米大統領選で野党・民主党の有力候補とされるバイデン氏はトランプ大統領の北朝鮮政策に批判的な立場を示している。

北朝鮮は5月にも、バイデン氏を「人間として基本的な質に欠ける」と非難していた。

関連ニュース

米国が北朝鮮を再びテロ支援国家リストに指定 北朝鮮外務省が非難

北朝鮮大使、安倍首相を「愚か者」と非難
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 21:16 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/1840
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml