CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
オール5の優等生がいいとは限らない:研究者らが解明した正しい学習法とは [2019年11月11日(Mon)]
頭の良しあしは、集中力と、学習しようという意欲と、考える習慣による。
考える習慣がある人は、そのことができるだけでかなり頭がいいということである。

例えば、集中して先生の授業を聞けば、そのまま覚えてしまう能力や、本を一度読めば、本を閉じてもそこに書かれていた内容をその通り話す能力などである。

集中力を高める訓練が重要な教育の使命であり、考える習慣をつけることだ。。

データ
露西亜・スプートニク2019年11月11日 09:00

優秀な成績のみを取ることは大変嬉しいが、その場合、その人の勉強法は効果的でない可能性もある。

米国の研究者らが突き止めた。研究結果は学術誌Nature Communications(ネイチャー・コミュニケーションズ)に掲載された。

学生が集中的に新しいテーマを学ぶと、間違いは避けられない。研究者らは、その最適数は約15.9%だと語る。


子供の視力低下を防ぐ自宅学習とは ロシア消費者権利保護監督局

研究者らはAI(人工知能)で実験を行った。AIプログラムは偶奇性の区別、幾何学的形状の判断を学習するはずだった。

実験の結果、AIの学習スピードが最も速かったのは、正確な回答率が85%の時だと分かった。

ある人の正確な回答率が100%の場合、それは既に習得済みのものであり、テーマはその人にとって簡単すぎると言える。

正確な回答が半数前後の場合は、新テーマはその人にとって過負荷であり習得する時間はない。

研究者らは、学習時のテーマや教材の難度は常に調整する必要があると語る。また、この調査結果が学習コース作成に役立つよう期待を表した。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 12:14 | 読書のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/1830
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml