CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
トランプ大統領、日米安保条約破棄の考え側近に示していた−関係者 [2019年06月25日(Tue)]
このニュースは。日本とアメリカの貿易協定をめぐり、事前に情報リークという形で流したものであろう。アメリカの要求をすべてのめ という信号である。

でなければ、日米安保条約を破棄するぞ ということを言外にだしたものと思われる。実際の交渉時にはトランプ氏は言わないだろうが。

日本はロシアと安保同盟を結ぶという選択肢もある。ロシアとしては極東地区が安全になるというメリットがある。万が一の時、ヨーロッパ側だけに軍備を集中できるという。

ロシアと同盟を結ぶという離れ技をすれば、日本のメリットは北方領土が帰ってくるということになる。それが同盟を結ぶ条件となろう。

それと中国を有効にけん制できるメリットがある。
なにせ、ロシアと中国の国境線は途轍もなく長いのである。

そして、間違いなくアメリカの次の覇権は15億の人口を抱える中国に移っていくということを考慮しておこう。

pu-tin.jpg

データ
ブルームバーグ 6/25(火) 11:56配信 Bloomberg

(ブルームバーグ): トランプ米大統領が最近、日本との安全保障条約を破棄する可能性についての考えを側近に示していたことが分かった。

事情に詳しい関係者3人が明らかにした。トランプ大統領は日米安保条約が米国にとって不公平だと考えている。

関係者によれば、トランプ氏は同条約について、日本が攻撃されれば米国が援助することを約束しているが、米国が攻撃された場合に日本の自衛隊が支援することは義務付けられていないことから、あまりにも一方的だと感じている。

約60年前に調印された同条約は、第二次世界大戦後の日米同盟の基盤となっている。

大統領は条約破棄に向けて実際に措置を取ったわけではなく、政権当局者らもそのような動きは極めてありそうもないことだと話している。

トランプ氏の個人的な会話の内容だとして関係者らはいずれも匿名を条件に語った。

万が一条約破棄となればアジア太平洋地域の安全保障に役立ってきた日米同盟を危うくする。

日本が中国および北朝鮮からの脅威に対して防衛するため別の方法を見つける必要が生じ、新たな核軍備競争につながるリスクもある。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 13:45 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/1640
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml