CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ベネズエラ情勢をロシアと協議も=トランプ氏 [2019年04月01日(Mon)]
ロシアが南米ヴネズエラに特殊部隊100人を送り込んだ。ケネディ時代のキュウバ危機以来のロシア軍の南米大陸への派兵である。

アメリカの勢力範囲である南米にロシアが軍隊を少数とはいえ送りこんでということの意味は大きい。

シリア情勢と同じく、アメリカは政治的判断をあやまり、ロシアの介入を許してしまったと言えるのではないか。政治の延長に軍事があるというのが、軍事学の古典である。

アメリカとロシアの対立はエスカレートするばかりである。


データ
スプートニク日本2019年03月30日



トランプ米大統領は米フロリダ州で、ロシアのプーチン大統領とベネズエラの情勢を協議する可能性もあるとの見方を示した。


同国テレビ局が中継を行った。

マドゥロ氏、トランプ大統領のベネズエラへの軍事介入に関する発言に答える


「私たちは社会主義について話していく。ベネズエラを見て下さい。私たちは多くの人と、このことについて話していく。プーチン大統領や中国の習近平国家主席とも、可能性がある」

今年1月23日深夜から翌24日にかけて、ベネズエラではクーデターが試みられた。

ベネズエラ野党の指導者、フアン・グアイド国会議長はカラカスの路上で何万人もの支持者を前に集会を行った。

米国は、ニコラス・マドゥロ大統領に対する反対運動のリーダーとなった、つい最近までほとんど世界に知られていなかった35歳のグアイド国会議長を支持している。

カラカスでの反体制派によるデモンストレーションは、1958年に独裁者のマルコス・ペレス・ヒメネスがその座を追われた日にあわせて行なわれた。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 09:19 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/1532
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml