CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
安倍晋三首相はプーチン大統領に、南クリル諸島(北方領土)交渉で加速を提案 [2018年11月11日(Sun)]
abe1.jpg

ロシアから日本との平和条約の締結の提案が出てきている。

この背景は、ロシアとアメリカの緊張状態が高まっていること、ヨーロッパ諸国とのゆきづまり、ウクライナの内戦の長期化などが背景にあるのだろう。

それとロシアは中国の軍事的台頭に危機感を潜在的に持っていると思われる。昔は中国がロシアの戦車の侵攻を恐れたが、今はロシアが恐れるようになってきた。

中露は長い国境線で接しており、人口は中国15億人とロシア1億5000万人という大きな差がある。ジワッと中国人がロシア側に染み出してきていることも脅威であろう。

ロシアが平和条約を結んでいないのは、日本だけであるのであるから、プーチンはそれを自分の時代で締結し解決したいという願望だろう。

しかし、日本としては領土問題は2分の1理論で行くべきである。面積の比率で択捉島の3分の1と国後島、歯舞諸島が日本、択捉島の3分の2がロシアという分割である。

中国とかの周辺国とは国境の画定はほとんど2分の1理論でロシアは確定してきている。千島列島は日本領であるが、解決のためには2分の1理論でしか決着の方法はない。

あるいは、領土としては日本に返還して50年ぐらいの租借権をロシアが持つという方法もあるだろう。

以下引用
安倍晋三首相はプーチン大統領に、南クリル諸島(北方領土)交渉で加速を提案する方針だ。毎日新聞が複数の政府関係者の話として報じた。

データ
スプートニク日本2018.11.10

露日首脳会談が来週、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会合に合わせて開かれる。

毎日新聞によると、会談で安倍首相は交渉加速を狙い、プーチン氏と1956年の日ソ共同宣言の確認を行う。

宣言には、平和条約締結後にハボマイ(歯舞)、シコタン(色丹)両島を日本に引き渡すと明記されている。

abe3.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:32 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/1322
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml