CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
腰痛を治す東洋医学の施術 [2018年07月26日(Thu)]
008jpg.jpg

腰痛を治す東洋医学の施術
腰痛に悩む日本人の数は1千万人を超えており、10人に1人は腰痛にかかっている。

日本人の約90%は一生に一度は腰痛を経験するといわれている。

人間は2本足直立であるから、内臓などの重みが腰にかかり、全重量の60%-65%の負荷がかかっている。

腰を前に曲げるときにはその負荷が4倍となる。特に加齢を重ねると筋肉が弱まり、腰への負担がまし腰痛にかかりやすくなる。

その腰痛全体の85%はレントゲンなどでは異常が見られない非特異的腰痛といわれる。

腰痛にかかるというのは日本人の宿命であるといってよいだろう。

009jpg.jpg

その腰に発生する“こり”は宿命であるが、そのこりを緩和するのが鍼灸マッサージ師による施術である。

腰にあるこりを取り除くには、腰にあるツボや足にあるツボを刺激して、身体を楽にさせ、気持ちよくさせることである。身体がすっきりと軽くなる。

ツボは、中国の歴史の3000年の施術の蓄積を経て確立されたもので、いまだにそのツボについて科学的に解明できていない。

小生は時々腰痛になるので鍼を打ってもらうのであるが、その針を打つ位置が足の先であったり、足首の周辺であったりするのであるが、なぜそれが効くのかはわからないのである。

ツボというのは不思議な体のポイントである。
0026.jpg
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 09:48 | 東洋医学 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/1107
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml