CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«海上防災の充実のための巡回研修会! | Main | ダブルハルタンカーのボイルオーバー»
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
HNS等防除訓練を実施 [2008年06月16日(Mon)]

HNS等防除訓練を実施


(独)海上災害防止センターでは、全国的な海上防災体制の充実強化のため、日本財団に助成をいただき、HNS等防除訓練を5月19日から5日間にわたり横須賀の防災訓練所で実施しました。
この訓練では、全国各地の防災事業者から派遣された28名の研修生に対して、大規模な油や有害危険物質(HNS等)の海洋への流出事故における防除措置等について訓練を行い、現場対応要員の中核となる、高度な技能を有する人材を養成することを目的としています。

(訓練受講生28名)            (開講式の様子)

このため、訓練では、実際に油火災を消火したり、防護服や呼吸具を装着して煙の中への突入、洋上での油回収装置の運用など実践的な防除作業を研修することはもちろん、現場における防除戦略や具体的な防除戦術など理論的な部分についても講義が行われました。
特に、一昨年6月の海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の改正に伴い、有害危険物質を海洋に流出した場合の防除措置等が強化されたことから、有害危険物質の防除措置として、可燃性及び有毒ガスの検知、化学防護服の装着、泡や粉末ゲル化剤等による蒸発抑制及び流出物の固化・回収などの具体的な対応訓練や、有害危険物質事故のケーススタディーも行いました。

(HNS等防除講習)      (水霧を使用した汚染物の希釈攪拌)


(ケミカル火災消火訓練)      (グループディスカッションの状況)


このHNS等防除訓練は、日本財団に助成をいただき、東京湾のほぼ中央に位置する第二海堡に建設された大規模な火災消火や模擬船室作業などの訓練が実施できる本格的な防災演習場を使用して、平成8年から実際の油防除、火災消火などの現場に直結した訓練も実施しており、防災関係者には大変人気のある訓練であります。
今回、参加した研修生からは、「他の場所では訓練できない内容の訓練であり、いい勉強になった」、「経験したことがない訓練内容であり非常にためになった」、「実戦的な訓練であり、何度来ても為になる」、「新しいHNS等防除についての訓練は、人体に非常に有害で爆発の危険性が高い物質であるので現場で役に立つ」等の感想が寄せられました。
当センターでは、今後ともHNS等防除訓練の内容の充実を図り、全国的な海上防災体制の更なる充実強化に寄与するとともに、昨年10月には、日本財団の助成で整備した資機材を全国各地に配備し、これらの研修生の所属する防災事業者と連携した事故対応ネットワークにより、有害危険物質等事故に適切に対応して行きたいと考えております。
Posted by m100055 at 14:22 | 関連する成果物 | この記事のURL