CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
平成25年度HNS等防除訓練を実施 [2013年08月07日(Wed)]

HNS等防除訓練 CANPAN.pdf平成25年度HNS等防除訓練を実施しました。
Posted by m100055 at 15:27 | 関連する成果物 | この記事のURL
平成24年度HNS等防除訓練を実施 [2012年11月08日(Thu)]

HNS等防除訓練 CANPAN (NXPowerLite).pdf
Posted by m100055 at 17:34 | 関連する成果物 | この記事のURL
平成23年度HNS等防除訓練を実施 [2011年07月21日(Thu)]

HNS等防除訓練を実施


 (独)海上災害防止センター(以下「センター」という。)では、原油・重油といった特定油、ガソリン・灯油といった特定油以外の油、ベンゼン・キシレンなどの有害液体物質(以下「HNS等」という。)の流出や火災事故が発生した際、防災措置活動を迅速かつ的確に実施し得る人材を育成すべく、本年も日本財団より助成をいただき、HNS等防除訓練を5月16日から20日までの5日間にわたり、当センター防災訓練所横須賀研修所(以下「横須賀研修所」という。) にて実施いたしました。
※HNS:Hazardous Noxious Substancesの意


(訓練受講生28名)             (開講式の様子)


本訓練は、HNS等の流出・火災現場において、高度な防災措置活動を行う人材の育成を目的としているため、横須賀研修所での座学のみでなく、洋上での油回収装置の操作訓練や、東京湾に所在する第二海堡に建設された消防訓練施設にて、火災消火訓練や可燃性・有毒ガス検知訓練、防護服や呼吸具を装着しての煙中模擬訓練など、実動を主とした訓練を行っています。


(油回収システムの操作訓練)      (プラント火災消火訓練)


(可燃性・有毒ガス検知訓練)       (防護服・呼吸具の装着訓練)
        
 訓練に参加した研修生からは、「日頃経験できない実践的な訓練ばかりでとても勉強になった」、「今回勉強したことを日常業務に生かしていきたい」、「訓練を受け、災害現場での中心的な役割を担う責任感を強く感じた」、「未受講な人達に早く受講して欲しい」等の感想をいただきました。

等センターでは、今後もHNS等防除訓練内容の充実を図り、海上防災体制の充実強化に寄与したいと考えております。
Posted by m100055 at 08:37 | 関連する成果物 | この記事のURL
2010年度 海上防災の充実強化(実施中) [2010年08月04日(Wed)]

2010年度 海上防災の充実強化(実施中) が公開されました。

大規模な排出油等に対する防除措置作業の際に、核となるべき高度な技能を有する人材を育成する。

1.HNS等防除訓練
(1)場所:海上災害防止センター横須賀研修所
(2)期間:5日間 1回
(3)参加人数:契約防災措置実施者 28名
(4)研修内容:
a.HNS等事故対応措置の検討・評価
b.洋上浮遊油等及び沿岸漂着油への対応措置
c.HNS等防除資機材の使用方法及び使用限界
d.HNS等防除資機材を使用した洋上訓練及び実油を使った海岸清掃実習
e.HNS等排出事故への対処方法(可燃性ガス・有毒ガス検知実習等)

関連する成果物
平成22年度HNS等防除訓練を実施


成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
Posted by m100055 at 11:41 | 成果物 | この記事のURL
2009年度 タンカー火災の消火に関する調査研究 [2010年08月04日(Wed)]

2009年度 タンカー火災の消火に関する調査研究 が公開されました。

平成18及び19年度の原油タンカーのボイルオーバーに関する基礎実験結果を踏まえ、実際のタンカーを想定したボイルオーバーの実験を行った。
1.ダブルハルタンカー船体中央部の貨物タンク3区画分を模した120分の1モデルを製作し、ダブルハル間の両舷バラストタンクに注水することによるボイルオーバー防止策の実験
2.シングルハルタンカー船体中央部の貨物タンク3区画分を模した120分の1モデルを製作し、実際のシングルハルタンカーの構造を想定したボイルオーバー発生確認実験

関連する成果物
ダブルハルタンカーのボイルオーバー


成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
Posted by m100055 at 11:27 | 成果物 | この記事のURL
2009年度 海上防災訓練の充実強化 [2010年08月04日(Wed)]

2009年度 海上防災訓練の充実強化 が公開されました。

契約防災措置実施者を対象にHNS等防除訓練を行った
(1)場所:海上災害防止センター横須賀研修所
(2)期間:平成21年5月18日から5日間 1回
(3)参加人数:契約防災措置実施者27名
(4)研修内容
a.HNS等事故対応措置の検討・評価
b.洋上浮遊油等及び沿岸漂着油への対応措置
c.HNS等防除資機材の使用方法及び使用限界
d.HNS等防除資機材を使用した洋上訓練及び実油を使った海岸清掃実習
e.HNS等排出事故への対処方法(可燃性ガス・有毒性ガス検知実習等)

関連する成果物
平成年度HNS等防除訓練を実施


成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
Posted by m100055 at 11:25 | 成果物 | この記事のURL
2008年度 海上防災訓練の充実強化 [2010年08月04日(Wed)]

2008年度 海上防災訓練の充実強化 が公開されました。

大規模な排出油等に対する防除措置作業の際に、核となるべき高度な技能を有する人材を育成した。
1.HNS等防除訓練
(1)場所:海上災害防止センター横須賀研修所
(2)期間:2008年5月19日から5日間 1回
(3)参加人数 契約防災措置実施者 28名
(4)研修内容
a.HNS等事故対応措置の検討・評価
b.洋上浮遊油等及び沿岸漂着油への対応措置
c.HNS等防除資機材の使用方法及び使用限界
d.HNS等防除資機材を使用した洋上訓練及び実油を使った海岸清掃実習
e.HNS等排出事故への対処方法(可燃性ガス・有毒性ガス検知実習等)


関連する成果物
HNS等防除訓練を実施


成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
Posted by m100055 at 11:22 | 成果物 | この記事のURL
2007年度 タンカー火災の消火に関する調査研究 [2010年08月04日(Wed)]

2007年度 タンカー火災の消火に関する調査研究 が公開されました。

1.直径80cmの円筒形ダブルハルタンクによるボイルオーバーの実験
2006年度助成事業として実施した、直径30cmから80cmに拡大してボイルオーバーの実験を行った。
2.ボイルオーバーの防止策に関する実験
(1)タンク油の置換による冷却実験
燃焼を開始して30分後、冷たい原油を追加投入して油中の熱層を除去する実験を行った。
(2)水霧による冷却実験
タンクの外板を水霧で冷却し、熱層を除去する実験を行った。
(3)消化後にボイルオーバーが発生するかどうかの実験
泡消火剤で消火後、ボイルオーバーが発生するかどうかを確認した。

実験結果:タンクの直径を80cmまで大きくして実験したことで、直径を大きくすると高温油層がタンク下部まで届くスピードが速まることが判明した。また、水霧による冷却は有効性を確認できたが、原油の追加投入はボイルオーバーを速める危険性があることが分かった。加えて消火作業時の安全性についても知見を得ることができた。 


関連する成果物
ダブルハルタンカーのボイルオーバー実験


成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
Posted by m100055 at 11:19 | 成果物 | この記事のURL
2007年度 海上防災訓練の充実強化 [2010年08月04日(Wed)]

2007年度 海上防災訓練の充実強化 が公開されました。

大規模な流出油に対する防除措置作業の際に、核となるべき高度な技能を有する人材を育成した。
1.排出油等防除等訓練
(1)場所 海上災害防止センター横須賀研修所
(2)期間 5日間 1回
(3)参加人数 契約防災措置実施者 28名
(4)研修内容
a.排出油等事故対応措置の検討・評価
b.洋上浮遊油等及び沿岸漂着油への対応措置
c.排出油等防除資機材の使用方法及び使用限界
d.排出油等防除資機材を使用した洋上訓練及び実油を使った海岸清掃実習
e.有害液体物質等排出事故への対処方法(可燃性ガス・有毒性ガス検知実習等)
2.巡回研修会
(1)場所 北海道、秋田県、石川県、京都府、鳥取県 計5地区
(2)期間 各地区1日
(3)参加人員 207名
(4)研修内容
a.大規模油流出等事故における油等防除作業の事故実例とその教訓
b.オイルフェンス、油回収資機材、油処理剤、油吸着材の使用方法
c.大規模流出油等事故が発生した場合における防除体制確立手順、原因者への費用請求及び作業実施者への支払手続き等

 


関連する成果物
海上防災の充実のための巡回研修会!


成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
Posted by m100055 at 11:03 | 成果物 | この記事のURL
2007年度 有害危険物質防除体制の整備 [2010年08月02日(Mon)]

2007年度 有害危険物質防除体制の整備 が公開されました。

2008年度から防除措置義務が施行される資機材を配備した。わが国の「海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律」の改正により、HNS防除のための資機材、要員の確保が義務化された。本事業は、全国25カ所を拠点として必要な資機材の配備と事故後の対応支援ネットワークの整備を行った。

1.資機材配備場所(基地)
(1)中核基地:2基地
横浜、神戸
(2)特定海域基地:12基地
横須賀、千葉、姫路、水島、四日市、和歌山、大阪、徳山、松山、下関、大分
(3)一般海域基地:11基地
苫小牧、塩釜、秋田、清水、鹿島、新潟、富山、福井、佐世保、鹿児島、沖縄

2.調達配備した資機材等の概要
(1)HNS防除資機材等
(2)HNS事故対応支援ネットワークシステム

関連する成果物
有害危険物質防除体制整備ほぼ完了、対応デモンストレーションを実施!


成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
Posted by m100055 at 16:34 | 成果物 | この記事のURL
| 次へ