• もっと見る
<< 2023年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
山田康子
会報誌すぽっと180号発送作業 (03/14) サポートネット
今月のおしゃべりサロン「ふわり」 (05/17) なこ
今月のおしゃべりサロン「ふわり」 (05/17) サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
ひろがりネットの情報交換会。そして、今年もお世話になりました [2023年12月28日(Thu)]
発達支援ひろがりネットは、宮城県の発達障害に関わるネットワークです。現在、認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット、NPO法人グループゆう、宮城県自閉症協会、NPO法人燈の会、シエルの会、就労支援センターグッジョブが参加しています。

発達支援ひろがりネットでは、毎年「支援情報交換会」を開催しています。
これまで、障害のある方が働き続けるために大事にしていきたいことを企業や行政の方から学び、また、さまざまな個性や困り感をもつ生徒を支えている高等学校での取り組みを支援情報交換会として開催してきました。

今年度のテーマはこちらです。

〜学童期の子どもたちを多様な学びの場で支える取組み〜

小学校に在籍し学びにくさを持つ子どもたちに、それぞれの学校の思いを持って工夫し実践している取り組みを紹介し、子どもたちの多様な学びの機会について情報交換したいと思います。

日 時:2024年2月4日(日)10:00〜12:30(9:30受付)
場 所:仙台福祉プラザ第2研修室
参加費:資料代として500円(当日現金でご持参下さい)
定 員:50名  申し込み不要


皆様のご参加をお待ちしています。
一緒に、多様な学びを考える機会にしたいと思います。
情報交換会.png
第15回支援情報交換会チラシ.pdf


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

事務局、虹っ子、プリズムともに12月29日(金)〜1月4日(木)まで
年末年始休業をいただきます。

本年もお世話になりました。
良い年末年始をお過ごしください。
また、来年もどうぞよろしくお願いいたします。


ごとう
Posted by サポートネット at 09:00
素敵な訪問がありました。 [2023年12月27日(Wed)]
先日、素敵な訪問がありましたぴかぴか(新しい)

引っ越しのためプリズムを卒業したSさん。
家族でサポートネットに来て、中学生に成長した姿を見せてくれましたexclamation

電車が大好きなSさん。
たくさんの本をリュックから取り出して紹介してくれました。
その中から私が興味を持ったのがこの本です。

111013401880001.jpg

駅名の文字の書体まで詳しく話してくれました。
私は興味津々。
「乗り鉄」や「撮り鉄」は知っていましたが、
「もじ鉄」という言葉は初めて聞きました。
調べるといろいろな本が出版されています。

Sさんは
「仙台駅は・・・」
「仙台地下鉄の書体は・・・」
と話が止まらない姿に、小学生時代のSさんを思い出して嬉しくなりました。
「プリズムは日曜日だったね。近くなら通えるのに。
「人生ゲームをしたね。えー!!新しくなってるグッド(上向き矢印)
など、プリズムでの活動を覚えてくれていました。

卒業してからも思い出してきてくれる。そんな存在になっていきたいです。

ぜひ、また遊びに来てくださいね電車

品川
Posted by サポートネット at 15:28
クリスマスクッキング [2023年12月23日(Sat)]
2日後にはクリスマスですねクリスマスツリー
今週は子どもたちからクリスマスに買うケーキやサンタさんにお願いしたプレゼントについて嬉しそうに教えてくれる姿に癒された赤間です。

今年のクリスマスクッキングではサンタトーストかトナカイトーストを作りました!

一緒に作ったブリオくんは、来所時からいつもより急ぎめに準備をしているな〜と見ていると「朝からクッキングを楽しみにしてて」とお母さんから聞き、嬉しくなりました。

サンタトーストを作ることにしたブリオくん。
生クリームを絞ってヒゲやサンタの帽子の白い部分を作るのですが、絞るという作業は結構な力作業で、最初は片手で絞ろうとしていましたが、なかなか出てこず、両手でぎゅーと力を入れて絞る姿にはほっこりした気持ちになりました!

絞った生クリームをスプーンで塗る作業が終わるとスプーンをなめて「あまーい!」
次に
サンタの帽子部分はイチゴジャムをぬりぬりとぬり終わるとスプーンをなめて「すっぱい!」と生クリームやジャムをなめてニコニコなブリオくんでした。

自分の作ったサンタパンはおやつの時に食べました。
モグモグ「美味しい」と夢中で食べている姿をみていると思わず笑みがこぼれました。

IMG_4634[1].JPG

IMG_4635[1].JPG

あかま


Posted by サポートネット at 17:08
サークルクリスマスパーティー2023 [2023年12月22日(Fri)]
プリズムでは、中学生〜卒業生を対象に月1回のサークル活動をしています。
予約制で、毎回5,6人程度が参加しています。
ゲーム、カラオケ、外食などをするのですが、サークルで一番みんなが楽しみにしているのは「クリスマス会」です。

1人1000円程度のお菓子や料理を持ち込んで、パーティーをします♪
11月の時には、「肉担当、ジュース担当、おやつ担当」など、メンバー同士で打ち合わせをしていたほど。

コロナ禍は落ち着いたものの、目の前に料理を出すのではなく、バイキング形式です。
取りばしで、自分のお皿に取り分けて、食べます。

並ぶ料理をまずは写真とパシャリ。
(これは一部です。まだまだナゲットがあったり、お好み焼きがあったり・・・そりゃたくさん!!)

IMG_7879.jpg

「このチキンおいしい!」と声が上がると
「どこのチキン??〇〇屋?知らないなぁ。食べれるかなぁ・・・食べてみたいけど知らない店のだからなぁ・・・・」
「確かにそうだよねぇ。美味しいよぉぉ。」「これ、うまいよ!」「あと2本だよ」

なんだか素敵な会話♪
みんなで料理を持ち寄って食べるだけですが、いつものサークルよりも楽しい温度が高い気がします。

最後に
「あれ?俺が持ってきたナゲットは??」
「え??あったよ。美味しかったーー♪」
「食べてない」
「え??」
「持ってきたのにぃぃ!!!」
「人気あったんだね。ナゲットが出てきたよーーーって声かけてたよ」
「ええーーそのとき、オレ、電話してたかも!!」

まぁ、そんな事件もありながら。
数年前だったら、大パニックになる事案だなぁ・・・・。

みんなから「ナゲット美味しかった!!ありがとう!!」

と言われて、「まぁ・・・・食べたかったけどね。んじゃ、俺の持ってきたポテチたべるわ」

と切り替えてくれて何より。

普段のサークルは来ないけど、クリスマス会は好きだから参加!!というメンバーもいます。
食べて、飲んで(ジュース)、しゃべって、ビンゴして。

今週末、クリスマス会というご家庭も多いと思います。
良き時間をお過ごしください♪

メリークリスマス!!
まほろ


Posted by サポートネット at 11:38
12月のラルクママ [2023年12月19日(Tue)]
12月15日(金)にラルクママを開催しました。

会いたいなぁ、今日は○○さんは来ないかなぁと思っていたところ、
「今日のラルクママに参加します。」と朝にお電話いただきましたグッド(上向き矢印)
お茶やコーヒーを飲みながら、近況について話しました。

joshikai.png

今回は、未就学、小学生、中学生、成人の各世代の保護者が集まりました。
かわいい病院での待ち時間の話
かわいい学校や園への行き渋りや、不登校の話
かわいい書字困難の話
かわいい診断について
かわいい相談する場やフリースクールについて

今日の話の中で、先輩お母さんから
「女優になって褒めるのよ!」
「褒めてからスッと立ち去る」褒め逃げのワザを伝授していただきました。

保護者が相談できる場があまりないと感じている今日の参加者から、
「たくさんの情報が聞けて良かった。こういう場所がもっと増えると良いですね。」
と声をかけていただきました。

おしゃべりサロンは毎月2回開催しています。

◇おしゃべりサロンの参加費は、正会員無料。
 正会員以外の方は1回1,000円です。

◇お問合せ・お申込みは事務局まで
 電 話:022-341-0885
 メール:mddsnet@yahoo.co.jp

皆様のご参加をお待ちしていまするんるん

品川
Posted by サポートネット at 11:33
12月のおしゃべりサロン「ふわり」 [2023年12月16日(Sat)]
12月8日(金)におしゃべりサロン「ふわり」がありました。

今回のテーマは
「おこづかいってどうしてる?〜大切なお金の使い方〜」です。
otsukai_okodukai.png

おしゃべりした内容は
・おこづかいは月額制なのか、お手伝いポイント制なのか。
・お金の概念について

テーマ以外にも
・クリスマスプレゼント
・お年玉
・近所のお友達
・放課後等デイサービス事業所
・相談支援事業所
などなどおしゃべりしました。


みやぎ発達障害サポートネットでは月2回、おしゃべりサロンを開いています。
医療機関や行政機関の相談は、何カ月も待たなければならない場合もあります。
少しでも情報が欲しい、話を聞きたい、聞いてほしいという方がいましたら、ぜひお問い合わせください。

一人でモヤモヤ考えていたり、他のお母さんのお話を聞いてみたいなど、初参加の方も久しぶりの方もお待ちしていますグッド(上向き矢印)

◇お問合せ
 認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット事務局
 TEL 022-341-0885
 mail mddsnet@yahoo.co.jp

けい
Posted by サポートネット at 13:14
LD・ADHD等の心理的疑似体験プログラムA [2023年12月14日(Thu)]

先月に引き続き、宮城学院女子大学の梅田真理先生をお迎えしての職員研修がありました。
「LD・ADHD等の心理的疑似体験プログラム」
子ども達が困難さゆえに感じている苛立ちや不安等を心理的に疑似体験することがこの研修のねらいです。


IMG_4274.jpg


今回は、C聞く D話す E不器用さ この3つの疑似体験をしました。


C聞く
〜教室でのひとコマ〜
日直の挨拶や先生が話している時、落ちている消しゴムや黒板横にある水槽の音が気になってしまい、情報を聞き逃してしまう太郎さん。
怒られていることだけは分かっても、どうして怒られているか分からない。こんなことが実際にあるんだと非常に衝撃を受け、太郎さんがとてもかわいそうでなりませんでした。


教室内は掲示物など、たくさんの物や音で溢れています。水槽を教室の後ろや廊下へ移動する、黒板横の掲示物や道具を厳選して置く等、刺激を減らして環境調整をすることが大切だと分かりました。


また、先生が太郎さんを日頃から叱っているからか、クラスメイトが太郎さんを見る目はとても冷ややかでした。
「着席」の指示を聞き逃し、一人だけ立っている太郎さんに対して、「太郎さん!!」と声を荒げるのではなく、「どうしたの?」と優しく聞いてあげたら、太郎さんは落ちている消しゴムのことを伝え、ありがとうと言われたかもしれません。


先生の態度や声がけの仕方が子どもに与える影響はとても大きいのですね。
クラス全体の雰囲気が変わり、太郎さんの自尊心が守られるためにも、先生への理解を図り周知してもらうことはとても大切なことなのだと感じました。


もう一つ、本筋と関係ない指示が多かったり、複雑な説明だと、何のことか理解できず、確信がもてないと不安で挙手できない体験もしました。


大人はたくさんのことを子どもに無意識に要求してしまいますが、
「何をさせたいのかをよく考えること」
それをさせるために省いてもいい要求があればなくしていくこと、
間違えても受入れられたという体験をさせることが大切だとのことでした。


D話す
複雑な図形を見せずに言葉だけで伝えること、外来語を一切使わずに説明をすることなどを行い、どう伝えたらいいのか迷い、言葉につまる体験をしました。
言いたいのに言えない、周りに分かってもらえない、言葉がうまく出てこない感覚、もどかしさ、これはかなりのストレスだと感じました。


頭の中で考えたことを思いつくままに話しても、相手には伝わりにくいとのことです。
言葉だけで伝えることが困難な時、ジェスチャーや図など、視覚的なアプローチも交えると相手に伝わりやすく、「分かってもらえた」という喜びにつながるのですね。


E不器用さ
鉛筆の端をつまんで板書を視写する体験や、利き手の逆で鉛筆を持って迷路に挑戦しました。
うまく書けないと書くことに集中しすぎるせいで、板書の文章を覚えられず、何度も何度も文章を見ざるを得ませんでした。
作業中に声をかけられたり先生が様子を見に来ることもとてもプレッシャーでした。


精神的努力を要する課題は人一倍エネルギーを使うので、雑にやったり課題自体を避けてしまいがちだとのこと。
できたできないと結果だけを見るのではなく、取り組んだこと、頑張ったことを褒めることが大切だとのことでした。


職員の感想は
・一人一人に合った環境調整をする必要性を改めて感じた
・こういう子にはどうしたらいいか考えるきっかけになった
・太郎さんのように静かに困っている子に気付く支援者がもっと増えてほしい
・みんな同じように、というやり方が変わっていくといい  など


発達障害に限らず、「この苦しさ、辛さは経験した人でなければ決して分からない」という言葉をよく耳にしますが、
今回この2回のプログラムを体験しなければ、発達の特性による困難さがどれだけ大変なことか、分からなかったと思います。


「また怒られた」「またできなかった」という体験でなく、
「できた」「楽しかった」「褒められた」「自分が好き」という体験を子ども達が積み重ねていけるような支援が、多くの方々や場所へと浸透していくといいなと感じましたぴかぴか(新しい)


banzai_kids_people.png

太田
                         
Posted by サポートネット at 13:08
しょうがとにんにく [2023年12月12日(Tue)]
虹っ子に来ているレッド君は、先生に見せたい!と工作で作ったものや、幼稚園で制作したマフラーを持ってきてくれます。

見せているときのレッド君の誇らしげな表情にいつも嬉しくなります。

そして、今回レッド君が持ってきたのは、
なんと、箱に入ったままの生姜とにんにくのチューブでした…!

玄関から入ってすぐに
「こんにちは」と、あいさつを交わしたと思った直後、

生姜とにんにくの箱を見せながら、
「ほたる先生!生姜とにんにく、どっちが多く売れているでしょうか?」

「んーーー生姜かな!?」
と、答えると、
(どっちも好きですがなんとなく生姜を選びました)

「正解!知ってたの?」
と、うれしそうな表情です。

お母さんが「じゃあ車に置いてくるね」と言うと、
「わかった」と靴を脱いで部屋に入っていきます。

生姜とにんにくの問題は、レッド君の大好きなネプリーグの問題で出ていたそうです。
再現できたことにとても満足そうなレッド君でした。

「どこで買ってきたの?」と、聞くと、
「マツモトキヨシ!」と、即答します。(笑)

「生姜とにんにく、どっちが好き?」
「にんにく(小声)」
ニヤリとしながら答えます。

須田にクイズを出すために持ってきてくれたことも嬉しく、思いがけず会話も広がりました。
なによりレッド君の気持ちに寄り添っているお母さんがすてきだなぁと思いました♪

tube_syouga.png

ほたる
Posted by サポートネット at 10:41
ブラックサンタとプリズムサンタ [2023年12月08日(Fri)]
12月に入り、街はすっかりクリスマスモード。

グループの子どもたちとクリスマスプレゼントの話になりました。
この日、テンションの高かったオレンジ君。

「クリスマスプレゼント、サンタさんから何もらう??」
に対し、みんながいろいろ欲しいものを言っていると

何やら机に乗ったり、大きな声を出したり・・・。
そして「プレゼントなんかいらない!!」っと。

他の子も見るに見兼ねて
「いい子にしてないと、プレゼントもらえないよ」
「悪い子にはブラックサンタが来るよ」

『・・・えっ!!
今時の子たちは、もらえないだけじゃなく、ブラックサンタくるの??こわっ!!』

と思ったのですが、

オレンジ「俺は悪い子になる!!」と言います。

よく「自分はイイ子じゃないからサンタが来ないかもしれない」と不安になる子はいるのですが、
不安で心配になるくらいなら、いっそのこと「悪い子になる」という選択肢があるのか。
なるほどなぁ・・・と思いました。

テンションがあがりきると、手が出てしまうことがあるのと、
騒いでる姿を他の子に観られているのも良くないな。と思ったので、
本の部屋に誘い、しばしクールダウン。
「もう大丈夫。戻りたい」となってから、グループに戻りました。

ところで、ブラックサンタってどのくらい怖いの??
と思って調べたところ・・・・石炭や木屑を持ってくるそうで、そんなものかとも思いました。(あまりに悪い子は、連れ去られるそうですが、どんな悪事働けばそんなことになるのでしょう)


そして、この日にプリズムにもサンタが来ました♪
すごい!すごい!すごい!

小6の子が「もう中学生になるし、レゴ使わないのでプリズムにあげます」っと。

IMG_6573.jpg

おおおお。剣やつるはしがかっこいい!!!豚もいる!!
IMG_6574.JPGIMG_6575.JPG

TNT爆弾もある!!
IMG_6576.JPG

LaQも一緒にいただきました。
IMG_6577.JPG

どうもありがとうございます。
大切に使わせていただきます♪
まほろ
Posted by サポートネット at 12:19
美人は怖い? [2023年12月06日(Wed)]
先日、高校生のブルー君が
「友だちにいじめられてる気がする」と話をしてくれました。

なんでも
「こっちくんな。あっち行け」

と言われたそうです。
なんでそう言われたのかも分からず、プチパニックになったそうで、
小学校時代にもこんな気持ちになったことがあるという話をしてくれました。

ゆっくり状況を聞くと、
文化祭準備をしていたときの出来事らしく、女子同士が話をしているところに近づいたときに言われたとのこと。

ごとう「そうか、女子かーー。しかもその子美人よね」
ブルー「はい。すごく。なんでわかるんですか?」
ごとう「そこまできつく言えるのは、ずいぶん自信がある子なんだなーと思ったんです」
ブルー「美人の人って怖いんですか?」
ごとう「怖くない人もたくさんいます」

女子が男子に聞かれたくない話をしていたのか、
ブルー君がその子に本当に嫌われているのかはわかりませんが、
来ないで欲しかった事実と、その美人さんがブルーさんを恋愛対象としては見ていないという事実があることはわかりました。

後藤がとっさに、「その子美人よね」と言ってしまったために、
「美人が怖い」と思わせてしまったのは失言です。
ただ、美人に優しいことを言われたら、男子はみんな好きになるなぁ・・・。
なので、美しい人はキツイところがあった方が、自分の身を守ることになると思います。

そこで、「美人すぎない人の方が話しやすくない??ほたる先生とか話しやすいよね」と言ったところ・・・・

「それはほたる先生に失礼です」っと。
ああああ。また失言。ほたる先生は、とても愛らしくてカワイイです。大好きです。

ブルー「美人とは付き合えないということですか??」
ごとう「それはわかりませんが、あなたが美人と思えばその人は美人です」

深みにはまりそうだったので、その話題はさりげなく変えたのですが、
その日の振り返り、彼の感想には
「美人にきつい人が多いというのはショックでした」と書かれていました。

とりあえず、いじめられているわけではなさそうですね。というところで落ち着きました。
バラ.png
まほろ
Posted by サポートネット at 15:55
| 次へ