• もっと見る
<< 2023年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
山田康子
会報誌すぽっと180号発送作業 (03/14) サポートネット
今月のおしゃべりサロン「ふわり」 (05/17) なこ
今月のおしゃべりサロン「ふわり」 (05/17) サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
4月のおしゃべりサロン「ラルクママ」 [2023年04月29日(Sat)]
4/28(金)にラルクママを開催しました。
今回は3名の方に参加していただきました。

まず、通信制高校を無事に卒業できたというお話や、特例子会社に就職して約1年になりましたというお話、今の職場で上司に相談しながら働いている話など、嬉しい近況報告からはじまりました。

今日のお話からエピソードを紹介します。
「小さい頃はどこに飛んで行くのか・・・という状態だったので、遠くにいても見つけられるようにと、赤やオレンジ色の目立つ色の服を着せていた。ところが、小学校高学年になったある日、もうその色の服を着るのは嫌だと良い、自分で洋服を選んでいた。その頃から、だいぶ落ち着くようになった。いつになったら落ち着くのかと思っていたが、落ち着く時は来る。」

お子さんが成人しているお母さんからのお話は、現在、困った行動に悩んでいるお母さんたちに元気をくれる言葉がたくさんです。
今日参加してくださった皆さんは、お子さんと共に歩んできた貴重な経験談をお話しくださいました。

「特例子会社に就職できた方からは、就労支援事業所などを利用して就職の可能性を広げたほうがよい。」というアドバイスをいただきました。

その他に今日話した内容
かわいい就労移行支援、就労定着支援について
かわいい就職活動と派遣切りについて
かわいい親の介護
かわいい運転免許証の取得と車の運転について
かわいい学校への伝え方
かわいい家庭の話
かわいいペットの話

最後に、友人関係についてお話したときのことです。
「ずっと一人で趣味を満喫してきたが、昨年から友人と食事をするようになった。趣味で分かり合える友人ができたみたいだ。その友人は外国人。スマホの翻訳機能を使いこなし、会話もLINEのやり取りも問題なくやっている。」
趣味の話で盛り上がれる友人がたまたま外国人だったことにも驚きましたが、スマホのおかげで言語を超えたコミュニケーションがとれる時代になっていることに、多くの可能性が広がっていることを感じるお話でした。

IMG_2245.jpg



おしゃべりサロンは感染症対策を実施した上で、少人数でゆったりと開催していますので、初めての方でも、おしゃべりしたい方、おしゃべりを聞きたい方はぜひお問い合わせください。お待ちしています。




◇お問合せ
 認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット事務局
 TEL 022-341-0885

かわいい大切なお知らせかわいい
令和5年度 第1回2023年度自閉症・発達障害児者支援セミナーの
申し込みを開始しました。詳細はこちらの記事をご確認ください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております!

https://blog.canpan.info/mddsnet/archive/4505


品川

Posted by サポートネット at 09:00
G7仙台 [2023年04月28日(Fri)]
中学生のグループでのことです。
「最近見たニュースを教えてください。身近にあった出来事でも構いません」
とお題を出しました。

このグループは、あまり時事問題に興味がないため、
せめてプリズムでは少し視野を広げてもらいたいと毎回お題を出しています。

一斉に話し始めないよう、それぞれホワイトボードに書き込んでから発表します。

いつもだと、「わからない」「ニュース見ない」が多いのですが
「『わからない』と書き込んでも構いませんが、
その人数分だけ私が最近のニュースを読み上げます」
とお伝えすると・・・全員がなんらかのニュースを書き込みました。

その中に・・・
「仙台でG7が行われる」と。

確かに今年、広島で開催されますが・・・・仙台??ん??
「だって、仙台駅に書いてあったもん」と。

疑ってかかるのは良くないと思い、すぐに調べてみたところ・・・・。

HPに「G7仙台」と。

ほぉほぉほぉ
よく見ると、

「G7仙台 科学技術大臣会合」と書いてありました。
なるほど!!
恥ずかしながら、その時に初めて知りました。
広島で開催されるG7サミットの関係閣僚会合の一つとして、
科学技術大臣会合は仙台(秋保)で、2023年5月12日〜14日に行われるそうです。

他にも、ゲームの新作の話や、先日行ってきた日光東照宮に行った感想など、想定していた以上の話題になり、むしろ大人の視野が広がったなぁ・・・と思いました。
IMG_5093.JPG
まほろ


かわいい大切なお知らせかわいい
令和5年度 第1回2023年度自閉症・発達障害児者支援セミナーの
申し込みを開始しました。詳細は下記の記事をご確認ください。
https://blog.canpan.info/mddsnet/archive/4505

皆様のご参加を心よりお待ちしております!
Posted by サポートネット at 11:25
2023年度自閉症・発達障害児者支援セミナーのお知らせ [2023年04月27日(Thu)]
2023年度自閉症・発達障害児者支援セミナー 第1回が開催されます。
講師は橋口亜希子氏です。

発達障害の子を育てた親として発達障害の理解啓発活動に携わってこられました。
『そのママでいい』の著書であり、ユニバーサルデザインコンサルタントとしても活躍されています。

今回のセミナーでは、自信の子育てについてお話いただきます。
当時を振り返り、その時感じた悩みや不安、葛藤をどのように乗り越えていったのか、ありのままにお話いただきます。 

日時  2023年7月9日(日)
時間  13:30〜15:30(開場 13:15)
場所  仙台シルバーセンター7階 第一研修室
    (仙台市青葉区花京院1-3-2)
定員  70名
参加費 法人正会員 無料
    法人正会員以外の方 3,000円

橋口さん.png

お申込みは、以下のURLからどうぞ↓
https://docs.google.com/forms/d/1Mb2p-mHAx6AG8oNnQTPgfptPX5qGx5wR4r8hmYnyouo/edit


皆様のご参加をお待ちしております。


齋藤

Posted by サポートネット at 17:14
最後の1ピース [2023年04月25日(Tue)]
虹っ子のグループ活動が始まって3回目のプテラ君。
1回目は、新年度になって場所が変わったりグループになったりとドキドキがいっぱいでした。

2回目の新聞紙遊びでは、たくさんの新聞が宙に舞う様子にだんだんと笑顔になっていきます。
他のメンバーが笑っていたり、職員が新聞をかけられたり。
「たのしかった」と振り返っていました。

そして3回目。
部屋に隠されたパズルのピースを探し出し、全員でパズルを完成させるという活動をしました。

1回戦目は、自分で「見ている」ことを選択。
他のメンバーが探している様子をチラッと見てどんな活動をしているのかうかがっている様子。

そして2回戦目。
途中まで1回戦目と同じようにみんなを見ていました。

見つけたピースを持ち寄り、パズルを組み立てていると…
「あれ?1ピース足りない!」
みんなで探そう!と声をかけると、動き始めたプテラ君。

他のメンバーと同じように部屋の中をぐるぐる。きょろきょろ。
「プテラ君、近い!近いよ!」
の声に棚の上や下を探します。

「あ!」
プテラ君、かごの中にあった最後の一つを発見!
とても嬉しそうな表情でピースをはめて、無事に完成しました♪

「最後の1個はちょっと難しくしたんだけどよく見つけたね!すごい!」
の言葉に、
他のメンバーも「プテラ君すごい!」と拍手。
全員で作り上げた達成感を感じることができました。

みんながなにをしているのか、どんな活動なのかが自分の中で納得できると「やってみよう」という気持ちが生まれるんだなと感じました。

プテラ君の嬉しそうな顔が見ることができた場面でした。

jigsaw_puzzle.png

ほたる
Posted by サポートネット at 14:47
先生はむずかしかった? [2023年04月21日(Fri)]
虹っ子年長さん 車掌くんとのセッションでの一コマです。
車掌くんは、セッション後に、今日の課題を振り返る「ふりかえりシート」を使用しています。

この日の課題の一つは「絵あわせ」。いわゆる神経衰弱のルールです。
車掌くんは新幹線が大好きなので、新幹線のカードを用意しました。

IMG_2636[1].JPG

早速、交互にカードをめくっていくのですが、
なにせ、私が、数々の新幹線に見慣れていないため、
本気で当てようと思っているのですが、なかなか当たりません…

一方の車掌くん。
慣れてくると、自分で当てるのはもちろん、私にも「ここだよ」と教えてくれます。

「え!けど、先生がカードゲットしちゃうけどいいの?」と聞くと、
「いいよ」との返事。余裕の表れでしょうか…。

なんとか私も数枚はゲットしましたが、車掌くんの勝利で絵あわせゲームを終えました。


さて、振り返りの時間です。
「絵あわせをやってみて、どうでしたか?」の質問に、
たのしかった・またやりたい・むずかしかった の中から選んでもらいます。

車掌くんが選んだのは「たのしかった」。
「たのしかった」と書かれた部分をグルっと〇で囲みます。

そして、車掌くんがわたしに一言。
「先生はむずかしかった?」

私が「そうだね、難しかったけど頑張ったよ!」と伝えると
なんだか満足げな表情の車掌くんです。

お母さんに伺うと、今までこういったゲームはやったことがない、とのこと。
はじめてでドキドキしたでしょうが、楽しく取り組めてホッとしました。

車掌くんと一緒にセッションを行うようになってから、
少しずつですが新幹線のことが分かってきた今日この頃。
次はどんなやりとり遊びをしようかなぁ♪と今からワクワクしていますわーい(嬉しい顔)

けい



Posted by サポートネット at 17:10
変顔マッチで大笑い [2023年04月19日(Wed)]
マスクが個人の判断にゆだねられるようになり、給食も黙食が緩和されたということで、
マスクを外して初めて成り立つゲーム「変顔マッチ」を行いました。

100円ショップで購入したこの「変顔マッチ」、やってみると、まぁ面白い。

お題を出す人はカードを見ずに、おでこに当てます。
周りの人が、おでこに描いてある絵の表情をします。
その顔を見ながら、お題を出した人が場に出ているカードの中から、自分のおでこにあるカードを当てます。

IMG_5376.jpg

このグループは、初対面の子も多かったのですが、
みんなの変顔に思わず吹き出す吹き出す。

変顔をしたくない子もいます。
変顔がうまくできていない子もいます。
でも、みんながやっているうちに参加したくなり、誰よりも全力の変顔。
お題を出した人に見せるというより、気づけばにらめっこのようにお互い見合って大笑い。
「マスク外したくないなぁ」と言っていた子も、気づけば自ら外していました。

キラキラした目を表現するのに、目をぱちくりさせたり、
本当は目を閉じるのに、みんなの顔を見たくて薄目にしたら、みんな薄目になってたり。

カードに描いてある表情をしているだけなのですが、
それがうまくても笑える。下手でも笑える。
むしろ、変顔じゃない表情のカードがまた笑える。

初回ということで、みんなに漂っていた緊張感が和らいでいくのを感じました。
ノンバーバルの子の個別セッションでも取り入れたところ、
とてもいいやり取りをすることができたので、いつか紹介したいと思います。
まほろ
Posted by サポートネット at 14:49
みんなで「ままっこ」 [2023年04月15日(Sat)]
この日はとてもいい天気。
桜も満開ということで、小学生グループと公園に出かけました。

本日の遊びは「だるまさんがころんだ」です。
でも、子どもたちはみんな「ままっこ」です。
(ままっことは、仙台の方言で、遊びに参加はするけど、鬼にならない子のことをいいます。)

みんな、やったことがあるようで、すぐスタート地点に着くものの
「はじめの一歩」・・・しかし、一歩じゃない・・・・歩きすぎw。
でも、ままっこなので、そこは指摘しません。

さらに、後藤が
「だーるーまーさーんがーーーー」
と言うと、全速力で掛けてくる子がすぐにタッチ。公園せますぎです。

子どもはままっこなので、基本的には大人が鬼になります。
それでも参加しているのが楽しい様子。
鬼になっても平気な子は、鬼になることもしばしば。

「あと1回で終わりにしようか」と提案すると。
全員「もっとやる!!まだやる!!!」っと。

時間も時間なので、「あと3回」という約束をして終わりにしました。

この、遊びには参加するけど「鬼にならない」は結構大事。
この「ままっこ」制度は、もっともっと普及するべきだと思います。
「負けない」仕組みが、子どもたちの安心して参加できる心を育みます。

「ままっこ制度」が某ケンミンショーで取り上げられて、全国展開していくことを願うばかりです。
IMG_5319.jpg
まほろ
Posted by サポートネット at 09:04
4月のおしゃべりサロン「ふわり」 [2023年04月14日(Fri)]
今年度1回目のおしゃべりサロン「ふわり」を開催しました。

テーマは「園や学校への伝え方のコツ」

今回は4名のお母さまにご参加いただき、2名のスタッフを加え、お茶を飲みながらおしゃべりしました。喫茶店

皆さんの共通する話では、園や学校に事前に相談していること。その時にサポートファイルやサポートブック等を活用しているということでした。

そこで、仙台市の発達相談支援センター(アーチル)のホームページに掲載してあるサポートファイル「アイル」をご紹介しました。
様式をダウンロードできるようになっていますので、園や学校にお子さんのことを伝えるときに、ぜひ活用してみてください。

自己紹介をしてお子さんのお話をしながら、
・特性について
・診断までの経緯
・病院や主治医について
・視覚支援
・スクールカウンセラーの利用
・診断名の告知
などについておしゃべりしました。

盛り上がったのは、「忘れ物」。
特に、学校に忘れてくる「水筒」の話題です。
・毎日忘れてくる。
・忘れてくるのが分かっているので水筒は3つくらい用意している。
・忘れ物が多すぎてどこまで先生にお願いして良いのか。
・忘れたら一緒に学校に取りに戻るのを1か月繰り返したら、たまに持ち帰ってくるようになった。
・手の甲にペンで「水筒」と書くと、本人は見ないが、友達たちが気づいて「なんて書いてあるの?」「水筒って書いてあるの?」と聞いてくれて、思い出して持ち帰ってきた。
・何日も忘れた水筒を飲んでしまわないかだけが心配・・・
といった声もありました。

あるあるの話題に共感し、時には笑いも起きながら、おしゃべりすることができました。

新しく幼稚園や保育園に入園し、これから集団の中でチャレンジする子どもを心配しながらも見守る話や、スクールカウンセラーへの相談を自分からできるようになった小学生の話がとても印象に残りました。

4月ふわりIMG_2215.jpg

終わりには来月の「ふわり」の参加申し込みをされてから帰る参加者の方もいました。
また参加したいと思ってくださったことが嬉しかったです。
有給休暇を取って、遠方から参加してくださった方もいました。


参加した方が安心しておしゃべりできるように開催します。
ひとりで抱えず、おしゃべりしてみませんか?
初めての方も、久しぶりの方も、参加したい方は電話かメールでお申込みください。

◇お問合せ
 認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット事務局
 TEL 022-341-0885
 mail mddsnet@yahoo.co.jp

品川


Posted by サポートネット at 16:14
絵本の寄付を頂きました! [2023年04月13日(Thu)]
先日、3月で虹っ子を卒園したレゴくんが
お母さんと一緒にやってきました。

「4月も来ちゃったよ〜!!」とレゴくん。
楽しそうな笑顔がいつ見てもステキわーい(嬉しい顔)

そして、お母さんの持つバッグの中には
たくさんの絵本ぴかぴか(新しい)

IMG_5494[1].JPG

レゴくんが読まなくなった本を
持ってきてくださいました!

それらを見ていると、
(あ、確かにこの絵本、
レゴくんが好きそうだなぁ!)というものばかりで、
お母さんのレゴくんへの愛情も感じました揺れるハート

通勤途中で新一年生を見かけると
先月、虹っ子を卒業したみんなのことを
思い出します。

レゴくんも楽しく小学校に通えているかな?
ステキな笑顔で、今度はプリズムに
通ってくれるのを楽しみにしています!

けい
Posted by サポートネット at 09:52
桜を描こう! [2023年04月08日(Sat)]
今年の桜は例年よりもはやく満開に咲き、天気も良く、すてきな春の訪れを感じました。
そして虹っ子がスタートして1週間。
季節の活動として、虹っ子のグループ活動では「桜を描こう!」をしました。

「桜を描くよ!」
と伝えると、「どこに?どうやって?」とみんなの頭には?が浮かんでいます。

床に模造紙を用意しました。
「ここだよ」
と見せると、みんなのぞきに来ました。

「木の色は何色??」
と聞くと、「茶色!!」
「桜の色は何色??」
「ピンク!!」と元気よく答えます。

いつもの紙より大きい模造紙。せっかく描くなら大きく!ということで…
須田が勢いよく「1,2,3,…10!」
と、数を数えながら木の幹を描きました。

今度はみんなの番です。
「よーし、描いてみよう!」
長く大きく描く子もいれば、短くいっぱい描く子もいます。

次は桜。
桜も須田が10数えながらぐるぐるぐるぐる!と描いて見せると、
みんなピンクを持って描き始めます。

大きくぐるぐる、小さくぬりぬり、白いところを無くすように描いたり、散った花びらまで描いたり。
それぞれ思い思いに描いていきます。

sakura.jpg

そして完成した桜の絵は、大きく満開に咲いていました。
手のあちこちがピンクになるまで描いたみんなの顔も満開の笑顔でした。

1年間、みんなとたのしく活動していきたいと思います花見(さくら)

ほたる
Posted by サポートネット at 14:31
| 次へ