CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
「障害の人っていますか??」 [2021年06月10日(Thu)]
中学生グループのヒトコマです。

特別支援学級・学校に在籍のグループで、
みんな自分が自閉症スペクトラム(ASD)があるということを理解しています。

このグループの面白いところは、会話が成立していないようで成立しているところ。
3人とも自分の好きなことを話しています。
が、時々会話が合致します。
そして、またバラバラなことを話します。

その日にケロロ君が突然言った言葉。
ケロロ:「ふゆきにする。あとなつみもです。」
まほろ:「うん。プリズムが終わったら出すよ。1枚だけね」

主語がないので、なんのことか難しいのですが、
その前の回に、キャラクターをプリントアウトした経緯があるので、
きっと「今日も好きなキャラクターをプリントアウトしてほしいです」だと思い、
そのように答えました。
もし、意図としたことと違うことを言われた場合、ケロロ君は同じことを何度も言うため、
今回の返しは、意図に沿った返しだったことがわかります。

そしてタママ君に聞かれたこと。

タママ:「ケロロ君のような話し方をする、障害の人っていますか??」っと。

すかさず
まほろ:「いますよ」っと。

ちょっとギクッとするような質問をされたときに、
ためらったり、はぐらかしたりすると『聞いちゃ悪いこと』の空気になります。
しかし、ケロロ君のしゃべり方のどこに着目して「障害」と言ったかはわかりません。

このままだと、ケロロ君が障害者のような会話になるので

まほろ「どこを障害としてみるかですが、困っていることが障害です。
    ケロロ君の伝えたいことは先生に伝わるので、そこには障害はないですよね」
タママ「ふーん。いるのかぁー」

不思議なのは、みんな特別支援学級に通っていることはわかっているし、
みんな発達障害があり、みんなASDであることも知っています。

しかし、自分たちには障害がないという意味合いにもとれる質問だったため、少し戸惑いました。

タママ君は、こうやって時々障害についての質問をしてくることがあります。
プリズムに通う意味を理解しているんだなぁ。と思います。
そして、こうやって気になった時に、自己理解が深まるのかなとも思います。

大人から「障害」という言葉が出ることは滅多にありません。
ただ、障害に対する質問が出ると、グループのみんなが「聞きたい!」という空気になるため、
このグループみんなの共通して興味のある話題なのだと感じました。

ちなみに、タママ君とケロロ君は、よく手を重ねているのですが、
それは会話なのだそうです。
無題36_20210525131538.PNG
まほろ

Posted by サポートネット at 14:37
ディベートをしよう [2021年06月09日(Wed)]
プリズムの中学生のグループで「ディベート」に挑戦してみました。
ディベートの意味を調べると「ある公的な主題について異なる立場に分かれ議論すること」とありますが…
今回は初めてのディベートということもあり、意見を戦わせない。否定しない。意見を聞いたあとは「なるほど」と言う。この3つを約束しました。

テーマは「宿題は必要か否か」です。
@2チームに分かれる
A賛成派・反対派に分かれて意見を出し合う
Bチームで意見をまとめる
C発表する

早速話し合いを始めます。
自分の意思とは関係なくこちらがチームを決めていたので、
自分が賛成派でも反対の意見を考えなければいけない(逆もあり)のが難しいところ。

日々自分が向き合っている「宿題」
賛成派は、宿題があることでどんな力が身につくか?
宿題は学校に行けていない人にとっては「勉強を受ける機会」という意見も出ました。

賛成派.jpg

反対派は、宿題があると自分の時間がなくなる。
家でやるのではなく、その分学校で勉強したらいいという意見が出ました。

反対派.jpg

自分のチームの意見を考えなきゃと思いながらも、
「それ反対意見じゃない?」「そうじゃなくて」と時々軌道修正しながらでしたが、
どちらも話しているうちにどんどん意見が出てきました。

発表するときには出た意見をまとめながら発表し、
聞いている方の「なるほど」もバリエーションが増え、
深くうなずくような「なるほど」わかるわかる〜の「なるほど」
ホワイトボードに「うんうん」「なるほど」「同意」と書いて出す人も(笑)

母たちは「賛成意見出したみたいだけど全然宿題してないですよ!」と一言。
それでも客観的な立場に立って、次々と意見を出している姿は立派だと思いました。

また違うテーマにも挑戦してみたいと思います。
ほたる
Posted by サポートネット at 10:26
初任給のプレゼント [2021年06月08日(Tue)]
卒業生から花束をいただきました。

「僕の初めての給料で買いました。大塚先生にどうぞ」っと。

IMG_4040.jpg

仏花ではなく、大塚先生に似合う色、花を選んでくれたそうです。
嬉しくて嬉しくて、大塚先生が見たらすぐ泣いちゃうなぁ。と思ったら、
後藤も涙があふれてきました。

未就学時代より療育に通ってくれていた彼は、
今年、障害者職業開発校を卒業し、この春、一般就労をしました。
コロナ禍の就職は、本当に本当に大変だったと思います。

洗浄することが多いその仕事の手は、少し荒れているところもあり、
仕事を頑張っているなぁぁ!!!というのが伝わってきました。

無遅刻無欠勤。
大好きなガンプラを初任給で購入し、組み立てました。
初めて組み立てるガンダムはファーストガンダムです。

小学校に、一人で学校行けるかどうかを悩んだ少年は
一人でラーメン屋に入り、自分の稼いだお金でラーメンを食べるようになりました。

そして、職員みんなで食べてくださいと、お菓子もいただきました。
食べながら、14年間の紆余曲折に思いを馳せました。

IMG_4048.jpg

就職はゴールではないと分かっていても、
初任給のプレゼントはとても感慨深いものがあります。

今日、遊びに行きたいです。というのも
保護者方ではなく、本人からの連絡でした。

大塚先生が亡くなって10年経った今、思い出してくれる卒業生がいるというだけでもすごいこと。
きっと天国で喜んでくれていると思います。
とてもとても嬉しい嬉しいプレゼントでした。
まほろ
Posted by サポートネット at 10:10
事務局より・・・ [2021年06月05日(Sat)]
いつもブログを読んでくださる皆さん、みやぎ発達障害サポートネットを応援してくださる皆さん、ありがとうございます。

かわいい先日、年会費を払込いただいた方から
「子どもが就職したので子どもの名前で正会員登録してください。」
とメールをいただきました。
プリズムの卒業生が、正会員になってくれましたexclamation×2

かわいいここで、事務局よりみやぎ発達障害サポートネットの会員区分をお知らせします。
会員には、正会員と賛助会員がございます。
正会員
・総会の議決権あり
・会報誌「すぽっと」の隔月送付
・相談 年間5回まで無料(6回以降1,000円/回)
・おしゃべりサロン「ふわり」「ラルクママ」参加費無料
・自閉症・発達障害児者支援セミナー 参加費無料
年会費は10,000円です。初回のみ入会金が5,000円となっております。

正会員の年会費のお手続きがまだの方は、お早めにお手続きください。

賛助会員(サポーター)
・総会の議決権なし
・会報誌「すぽっと」の隔月送付
年会費は3,000円です。

みやぎ発達障害サポートネットは、認定NPO法人として、広く地域に貢献する活動を行っております。多くの皆さまのご理解とご協力をいただく中で、活動を継続しています。
ぜひ、多くの皆さまに賛助会員(サポーター)として、応援していただきたいですグッド(上向き矢印)
今後もよろしくお願いします。



ピース手(チョキ)
Posted by サポートネット at 20:14
色とりどりのお花たち [2021年06月04日(Fri)]
先日、父母の会「なないろえくる」の皆さんが、事業所の花の植替え作業をしてくださいました。かわいい

IMG_5386.JPG

プランターの土から根っこをとって、ふるいにかけて・・・
手間暇をかけて苗を植えて下さいました。

IMG_0032.jpg

IMG_0031.jpg

色とりどりのマリーゴールドや日日草をプランターに植えました。
そして今年は地植えにもチャレンジ!

なないろえくる役員さん、お花植え募金にご協力いただいた皆さんのおかげで、
サポートネットはいつも花に囲まれています。

本当にありがとうございます。

サポートネットにお立ち寄りの際は、夏の花々をお楽しみくださいぴかぴか(新しい)
うさこ
Posted by サポートネット at 13:04
みんながゴール! [2021年06月03日(Thu)]
きっと、みんなが遊んだ経験がある「すごろく」。
大人も子どもも一緒にできて、
つい、夢中になってしまいますよね。

年長さんの小集団グループ、この日の課題は、すごろく。

こちらのグループが始まって、初めてのゲームです。
すごろくをしたことがある子も、初めての子もいます。

少しでも、みんなが楽しい気持ちになれるようにと、
コマは、それぞれが好きな、ピチュウの指人形と、
トミカのミニカーにしました。

IMG_7156.jpg

ルールと、サイコロの振り方を説明し、
順番決めのジャンケン。
みんなとするジャンケンが恥ずかしい子は、
職員が代わりに、ジャンケンポン!

サイコロを振る順番が決まり、ゲームスタート。

順番があるのは知っているけど、サイコロは何度も降りたい!

さあ、順番がきた!と、振ったサイコロは、テーブルを超えて、
床の下に転がっていきます。

そこでコマが止まったら、もんだい。

【たこの足は何本ですか?】
「5ほんじゃない?」
「1,2,3…8ぽんだ!」

【くだものの名前を3つ答えてください】
「いちご、ばなな、えーと…、せんせい、おしえてください」

【ラーメンとうどん、どっちがすき?】
(職員がホワイトボードに選択肢を書いて「どっちが好き?」)
「ラーメンがすき!」
「あ、おれもラーメンすきー」

道路のように、すごろくの上を滑っていたコマは、
「いーち、にーい、さーん…」
サイコロの数だけ、動かすことができるようになりました。

続けてサイコロを降りたくても、順番を守るようになりました。

遠くまで飛んだサイコロは、
コロッと上手に、テーブルの上で転がるようになりました。

最後は、それぞれ、ゴールイン!
途中、難しかったり、ルールを忘れそうになっても、
みんな、無事にゴールできました。やったあ!

まさに、終わり良ければ、全て良し。

きっと、このグループでこれからも楽しくゲームができるなあと、
ますます、楽しみになりました。

JCYI7176.jpg

じゅんこ

Posted by サポートネット at 13:26
「発達障害の現在(いま)とこれから」 [2021年06月02日(Wed)]
今年度も、自閉症・発達障害児者支援セミナーを開催します。

セミナーチラシ.png

以前にもご案内し、申し込みもすでに始まっております。
今回のテーマは
「発達障害の現在(いま)とこれから」
講師は、
社会福祉法人 はるにれの里
自閉症者地域生活支援センターなないろ所長の加藤潔先生です。
北海道からご講演いただきます。

日時:2021年7月4日(日)
   10:00~12:00(開場9:30)
会場:仙台シルバーセンター 第2研修室
   仙台青葉区花京院1-3-2 6階
定員:100名
参加方法:会場受講 又は Zoomによるオンライン受講
 (Zoomによる受講方法は別途ご案内します)
参加費:当法人正会員 無料
    当法人正会員以外の方 3000円

今回はコロナ禍という事もあり、会場受講またはZoom受講で開催いたします。
会場での感染対策も徹底して参ります。



お申し込みは「すぽっと163号」同封のチラシ裏のQRコードを読み込んで頂くか、サポートネットHPから入力をお願いいたします。
また、メール、電話でも受付しておりますので、事務局までお問い合わせください。

こちらからでもお申込みいただけます↓
http://mddsnet.jp/study/

まだまだ申し込みを受け付けております。
皆様のご来場お待ちしております
TEL:022-341-0885
mail: mddsnet@yahoo.co.jp
あいこ
Posted by サポートネット at 09:47
6月のおしゃべりサロン [2021年06月01日(Tue)]
早いもので6月になりました。
暑かったり寒かったりという気候の変動で、こころやからだがちょっとお疲れ気味ということはありませんか?
サロンでみなさんと顔を合わせることで、リフレッシュできるかもしれません。
是非、おしゃべりをしにいらしてくださいぴかぴか(新しい)

かわいい感染症の予防のため、来所時には子どもたちだけでなく、保護者の皆さんや来所する皆さんにも手洗いを行ってもらっています。
また来所者全員に体温測定を行っております。
引き続き、ご協力をお願いいたしますかわいい

喫茶店おしゃべりサロン ふわり
主に、幼児期、学齢期の子どもの保護者が集まっています。
日 時:2021年6月11日(金)
    10:00〜12:00
会 場:サポートネット 2階
テーマ:「偏食、箸の使い方、食事のあれこれ」

偏食、手づかみでごはんをたべてしまう、食事中座っていられない等々、食事に関する悩みはご家庭ごとにいろいろあるかと思います。
お子さんの様子やみなさんが感じたことをここでお話ししましょう!
みなさんの話から何かヒントを得られるかもしれませんぴかぴか(新しい)

その他、お子さんの発達に心配を抱えていたり、発語が遅いことを気にしたりしている方、一度「ふわり」に参加してみませんか?
おしゃべりサロンでの出会いが、次につながるきっかけになるかもしれません。
また、保育園や幼稚園、学校での困ったことや聞いてほしいことなども、ここなら安心しておしゃべりできます。
皆さまの参加をお待ちしております。
 
喫茶店おしゃべりサロン ラルクママ
主に、中高生から成人期の方の保護者が集まっています。

日 時:2021年6月30日(水)
    13:00〜15:00
会 場:サポートネット 2階

フリートークのスタイルで、就労のことや福祉制度のことなど、様々な話題が挙がり、お互いに話を聞き合っています。
障害年金のことや、きょうだい間のこと、他にも生活のこといろいろ、話題があがっています。
幼児期や学齢期の子どもがどのように成長していくのか、中高生や成人期のお母さんの話を聞きたいという方も、大歓迎です。

◇おしゃべりサロンの参加費は、正会員 無料。
正会員以外の方は1回1,000円です。

◇お問合せ・お申し込みは事務局へどうぞ。
 電 話:022−341−0885
 メール:mddsnet@yahoo.co.jp


そして、サポートネットにきれいなお花が届きました。
6月1日は前理事長、大塚美智子先生の命日です。
IMG_1042.jpg
幾度かの山を乗り越えながら、サポートネットは活動を続けてきました。
これからも、創設以来の理念からぶれることなくサポートネットは邁進し続けていきます。

うさこ

Posted by サポートネット at 17:11