CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
しりとり [2020年12月22日(Tue)]
児童発達支援では、一人一人に合わせた課題を用意するよう、また楽しく取り組めるよう心がけていますが、いつも悩みます。

課題の一つとして、年長さんとはしりとりをすることがあります。
小学校入学を見据えて、ノートのようなマス目の用紙を使います。

クラッシュくんは、上から下へ、左から右へ、始まってしまえばその流れを理解してどんどん書き進めます。
大人が「し、し、し・・・」と「し」から始まる言葉を探していると、
「しまうま!」と答えをくれます。
ただ、最後にマス目が空欄になるのが嫌で、
3マス残っていれば3文字の言葉を頑張って探します。
彼にとって大事なのは、パッと見て分かりやすいこと。

トミオくんは、最初は書くことが得意ではなかったけれども、
楽しければ大変さや苦手さを忘れて取り組むことができるようになりました。
さて、彼とどうやってしりとりをしよう?

そこでやってみたのが、ノートのマス目をつなげてひも状にすること。
用意した紙を見たトミオくん、「なに、このテープ!」
ニコニコで取り組んでくれました。

IMG_3496[1].JPG

2回目、もう一度ノートをひも状につなげました。
あの時の盛り上がりはなく「ああ、これね」といった様子で淡々と書き進めていきます。

3回目、もう「ひも」は通用しないと思い、
ノート用紙に左右から交互にはさみを入れて階段状にすること。
「今日はこれ・・・階段です!」
トミオくん「えー!」と言いながら笑って取り組んでくれました。

IMG_E3712[1].JPG

私にとって子どもたちは、いろいろと考えさせてくれる大先生です。
力をつけることはもちろん大事ですが、楽しくなくちゃやる気もおきません。
その方法がよかったのかどうか?

その答えを教えてくれるのは子どもたちだなと思う今日この頃です。
あいこ
Posted by サポートネット at 13:04
| 次へ