CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
おまけの「あとちょっと」 [2021年04月20日(Tue)]
虹っ子に通う年長のゼットンくんは
強くてかっこいいキャラクターが大好き。

今まで好きになったものはゴジラ、ポケモン、ウルトラ怪獣など。
一度はまると次々にキャラの名前や特徴を覚えます。
先々週より先週、先週より今週。
ものすごいスピードで蓄えていくその知識に
いつも驚かされています。

そんなゼットン君との遊びは
白熱したバトルが中心!
遊びの時間になると、
「一緒にバトルしましょう!」と誘ってくれます。
ウルトラ怪獣を筆頭に、ポケモン、キュウレンジャー
バトル会場もきちんと用意して、いざ開始!

ゼットン君はもちろんバトルに勝利したいので
こちらの攻撃にはビクともしません。

三浦「〇〇ビーム!!!!」
ゼットン君「ぜんぜん効かない!!!」
三浦「効かないの???!!」
ゼットン君「ハハハハハハ~!!!」
こんな流れでバトルは進んでいきます。

tokusatsu_hero_kaiju.png

そんなゼットン君も、課題の先生と約束した
「お片付けの時間」を気にかけて
時計をちらちら見ながら遊んでいます。
ゼットン君「もうすぐ(長い針が)5だ〜あせあせ(飛び散る汗)
三浦「5だね〜。」
ゼットン君「やだ〜、5じゃない!今は5じゃない!7だ!」
三浦「5だね〜。」

課題の先生とゼットン君とで相談し、
「おまけの時間」を作ることになりました。
おまけの時間は長い針が9まで。
そうと決まればバトル再開です。

長い針が9になり、2回目のお片付けの時間です。
さて、今度はどうかな〜?と思っていると、
怪獣がウルトラマンを全員倒したところで
ゼットン君「はい、おわります!」

omocha_kataduke.png

今度はきちんと気持ちに区切りをつけて
自ら遊びを終わらせることができました。
楽しく遊んでいる途中での片付けは、
そんな簡単に割り切るのは難しいはず。
この、おまけの「あとちょっと」が
ゼットン君にとって大切な時間なのだな、と感じました。

けい
Posted by サポートネット at 10:36
さくらさくら [2021年04月13日(Tue)]
今週の虹っ子・年長さん4人グループでは、
「さくらさくら」という課題を行いました。
「さくらさくらって何?」「そういう名前のゲーム?」
タイトルのみで想像を膨らませ、わくわくが止まりません。

職員「みんなで桜の絵を描きます!」 
4人「えーーーーーーー!?♪」

床に広げた大きな模造紙に、
感覚をつかみやすいように木の幹の部分のみ
描いた状態でスタートです。

まずは茶色のクレヨンで木の幹を塗っていきます。
順番に一人30回ずつクレヨンを走らせ、
徐々に幹の部分が仕上がっていきます。
「いーち!」「にーい!」「さーん!」
自分の番ではない時でも部屋の中をぐるぐると回りながら
みんな一緒に30まで数えてくれる子どもたち。
次第に楽しくなってきて小道具を使ったり、
「ウッキッキー!」と動物になりきっていたり、
それはそれは自由に動き回っていました。

幹が完成したら次はピンクの花の部分です。
密にならない程度の距離感で
今度は一斉にクレヨンを走らせます。
桜の花を表現するようにグルグルと描き始めると、
みんなのテンションはさらにヒートアップ!!
桜の花もどんどん大きくなっていき、
よく見ると、あれ??
桜の中になにかいます。

IMG_6392[1].JPG


そして、完成した桜の木はこちら!

IMG_E6399[1].JPG

とても立派な桜の木が出来上がりました。
この4人にしか描けない世界にたった一つの作品。
グループでの活動は、まだ始まったばかりですが、
これからこの4人がどんな関係性を作り上げていくのか
今からとても楽しみです。

けい







Posted by サポートネット at 10:30
遊びのブーム [2021年04月09日(Fri)]
児童発達支援・虹っ子に来ているグリーンさんは、遊ぶおもちゃにブームがあります。

昨年度は、くみくみスロープの見本を見ながら一人で作ったり、
トミカの道路をつなげて大きな町を作ったり、
他の人の遊びに目を向けることはあっても、職員と1対1で遊ぶことが多かったグリーンさん。

そんなグリーンさんの最近のブームはドラえもんタワーゲームです。
初めは書いてあるひみつ道具を1つずつ見ているだけでしたが、
最近ではドミノをしたり、ジェンガをしたり、タワーを作ってドラえもんの家を作ったり、いろんな遊びをするようになってきました。

新年度は1人のスタート。課題が終わり遊びの部屋に行くと…
「お友達いないの?」と他の子を気にする様子や、
「今日は1人?」と少し寂しそうな様子も見られました。

悩んだ末に、取り出したのはやはりドラえもんタワーゲームでした。
ジェンガを組み立てるときに、同じ数字を3つそろえて重ねていくことに。
「7が3つでラッキーセブン!」
「5が3つでラッキーファイブ!」
数字がそろうととても嬉しそうに話します。

IMG_6344[1].JPG

ジェンガのブロックを抜く順番も
「そこ狙っちゃうの!?」
とドキドキハラハラをにやにやしながら楽しんでいる様子。
倒れた時も「倒れちゃった〜」とすぐにまた組み立て始めます。

組み立てている最中には、
須田「グリーンくんも年長さんか〜」
グリーンさん「年長さんだよ。小学生になるんだ〜」
というやりとりをしながらでした。

片付けでもブロックを1つずつ丁寧に袋にいれて、
ニコニコで部屋を後にしました。
次はどんな遊びのブームが来るのかな?ととても楽しみになりました。
ほたる
Posted by サポートネット at 13:49
出番の終わり [2021年03月31日(Wed)]
3月30日をもって、虹っ子の放課後等デイサービスを終了しました。

これまでたくさんの子どもたちが通ってきてくれた虹っ子。
一人ひとり、お別れの仕方は違いました。

「次はプリズムで会いましょう。みんなもプリズムに入ろう。よろしく〜」
と宣伝をしていたパープルくん

友達みんなに
「バイバーイ!バイバーイ!」
と姿が見えなくなるまで見送られていたブルーくん

普段はそれぞれに過ごしていた友達との別れの場面で
「○○くん、さようなら」
と目を見て伝えたグリーンくん

「ぼくは、この建物を目に焼き付けて帰るよ」
と、涙目で全ての部屋をじっくり見ていたイエローくん

「最後だから」
と、なかなか遊びを切り上げることのできなかったオレンジくん

本当は悲しいけれど、感情を素直に出せず、少しぶっきらぼうに
「さようなら」
を言って帰っていったレッドくん


2〜3年前はそれぞれに職員が付かないと遊べなかった子どもたちが、子どもたちだけで遊びを展開できるようになり、そして仲間になっていく姿を見せてもらいました。

たくさん遊んで、たくさんケンカして

たくさん仲直りをして、たくさん笑って

実際の遊びの場面で、沢山の経験を積みました。
我慢をしたり、折り合いをつけたりできるようになりました。


一人ひとりにある成長の物語。
どれもまだお話は序盤。まだまだ本番はこれからです。

虹っ子は出番を終えますが、これから先のみんなの物語の展開が楽しみでなりません。
自分らしく生きていってほしいです。
そして、<自分を好きになれる場所>をどんどん増やしていってほしいです。


虹っ子は4月1日から
児童発達支援事業所 ぬくもりすぺいす「虹っ子」に生まれ変わります。

今後は未就学児の親子の支援に専念いたします。
早期の出会いは、その後のいい育ちにつながると考えます。
小学生や中学生に教えてもらったことを胸に、今後も精一杯みなさまのお役に立てるよう精進してまいります。
IMG_6177.jpg
児童発達支援管理責任者:村主由佳
Posted by サポートネット at 16:23
恐竜の名前 [2021年03月30日(Tue)]
児童発達支援・虹っ子に通うキリンさんは、遊びの時間に動物のフィギュアを出したり、プラレールで好きな電車を走らせたり、少しずつですが遊びが増えてきました。

その中でも、ここ最近の定番は「恐竜」です。
小さい恐竜を出してドールハウスの中に置いてみたり、
部屋の中を移動する時には、お気に入りの恐竜を連れて歩いたり。

そんなお気に入りの恐竜たちに、キリンさんは名前をつけています。
見た目のイメージをくみ取ってか、どこかで聞いたことのある名前なのか…
「この恐竜は?」
「ネギシーさん」
「これは?」
「ガギシーさん」
「これは?」
「モノシーさん」
ぽんぽん出てくるので、元々その名前であるようなしっくり感があります。

一緒に聞いていたキリンさんのお母さんと、
「ネーミングセンス!!!」
と盛り上がりました。

いつもその3頭以外はすぐに片付けていますが、
先日新しい仲間が増えました。

おもむろに手に取り…
「ゴルフーさん」
と。お気に入りの恐竜が4頭になりました。

IMG_4634[1].JPG

(左からガギシーさん、ネギシーさん、モノシーさん、ゴルフ―さんです)

ちょっとしたやりとりの中で生まれた恐竜の名前。
キリンさんの世界観を覗けた気がして嬉しくなりました。

まだまだたくさんの恐竜がいるので、
これから仲間が増えていくのか、どんな名前をつけるのか楽しみです♪
ほたる
Posted by サポートネット at 12:56
2人の仲を取り持ったもの [2021年03月24日(Wed)]

ポケットくんとレールくんは年長さん。
2人とも今年度の4月から虹っ子の同じ曜日の同じ時間に通っています。

遊びの時間になると、ポケットくんとレールくんは、それぞれ自分の遊びを展開します。
人形を並べて戦わせたり、プラレールを走らせたり。
ときどき、お互いの遊びが気になり、交わりそうになることはあるものの、また元に戻る。
一度だけ、しかけ絵本を一緒に見たことがあり、そのときの笑いのツボが同じだったので、
きっと仲良くなれると思うけど、2人とも自分の遊びが楽しくて、なかなか距離が縮まらない。

そのまま月日は流れ、3月に。
間もなく虹っ子は卒業。そんな時期に2人の関係に変化がありました。

レールくんが遊んでいたクラッシュアイスゲームにポケットくんが興味を持ち、一緒に遊ぶことに。
勝ち負けがはっきりするゲームなので、見ていたこちらは内心ヒヤヒヤ。
ルーレットを回し、指定されたアイスブロックをハンマーで落としていくゲーム。

IMG_5766.JPG

レールくんは躊躇なく、かつ勢いよくブロックを落とす。
ポケットくんは他のブロックが落ちないように慎重にハンマーで叩く。
勝負は互いに勝ったり負けたり。
その度に「気持ちが乱れるのでは…」とヒヤヒヤ。
でも2人は意外にアッサリ。
「まけちゃった〜。もういっかいやろう!」
とてもいい雰囲気でした。

次の週、ポケットくんが
「きょうもこの前のヤツやる。きょうはひとりでやる」
と宣言。ゲームを手渡したところ、前週に2人で遊んだ場所に座り、準備をはじめました。
きっとレールくんと遊びたいのだな…と思い、
「一緒にやろうって言ってみる?」
と、私から提案。でも、ポケットくんにとってそれは、恥ずかしさの点でかなりハードルが高いことを知っていました。
そこにレールくんが登場。
「まーぜーて」
いいよとは言わないけど、イヤだとも言わないポケットくん。
また2人の遊びが始まりました。

[後日談で、前週の虹っ子の帰りに、スーパーマーケットでレールくんとポケットくんが鉢合わせしたこと。レールくんが「またあそぼうね」とポケットくんに言っていたことをレールくんのお母さんから聞きました。ということは、ポケットくんの「ひとりでやる」発言は、「僕は今日もこのゲームで遊ぶよ」というレールくんへのフリだったはず。謎が解けた気持ちになりました]

2回めなので、大人は少し離れて見守りました。
ゲームは順調。2人の少しズルしたり、ふざけたりするポイントが見事に合っているため、責め合いにもならず、楽しそう。
「うわぁ、負けた!」
と言いつつ、すぐに次のゲームの準備。ちゃんと2人で準備。
でも、この日は2回戦しかできませんでした。
ポケットくんは片付けた後に
「全然楽しくなかった!」
とイライラ。レールくんは終わりの時間をスルーして、別のことをし始める。
もっとやりたかった気持ちを、他の言葉や行動にしてぶつけているようでした。
側から見ていて、そんなに楽しかったのかと、ついつい頬が緩んでしまいました。

IMG_5769.JPG

2人は間もなく1年生。
虹っ子は修了ですが、春からプリズムで同じグループに所属することが決まっています。
これからどんな関係になっていくかが楽しみです。
クローバー
Posted by サポートネット at 09:00
メッセージカード [2021年03月20日(Sat)]
今週の放課後等デイ・虹っ子では
メッセージカード作成を行いました。
メッセージを送る相手はひとりひとり違います。
虹っ子で仲良しのお友達へ、
大好きな先生へ、
そして幼稚園の頃から通ってきた虹っ子へ。

いつも一緒にレゴで遊んでいる3人組は
互いにメッセージを送り合いました。
普段は、仲が良い分、
時々思いがぶつかり合うこともある3人。
そんな3人もメッセージには必ず
「ありがとう(あざーす)」が入っていました。

中には、虹っ子の点数を書いた子もいました。
カードに書かれた虹っ子の点数は………ズバリ「1てん」
「!?!?!?!?!?!?」
100点満点とは伝えていなかったので、
何点満点中の1点なのかはあえて聞かないでおきます。

何を書けばいいか迷ってしまうかな?と思っていた子も
あっという間に書き上げてびっくり。
チラッと確認しようとすると、すかさず
「まだ見せないよ!」カードを裏返して隠します。
「わかったよ。じゃあ壁画に貼ってね。」というと
先週作った巨大壁画の空いたスペースに貼り付けます。
貼り終わったメッセージカードを見てみると

「〇〇せんせいへ 
いろいろおしえてくれて ありがとうございます」

しっかりした敬語のメッセージに、
思わずジーンとしてしまいました。

このメッセージカードを貼り付けて
卒業制作の巨大壁画は完成となります。
来週のお別れ会で、この壁画の前で記念撮影をするのが
今からとても楽しみです♪    
IMG_4444.jpg       
けい

Posted by サポートネット at 09:00
「ください」と「かしてください」 [2021年03月16日(Tue)]
放課後等デイ・虹っ子に通うパンダさんは、虹っ子でやりたいことがたくさんあります。

来たらまず折り紙の本を見ながら、折り紙の制作を始めます。
折り紙で作るものの中には、シールやリボン、厚い紙が必要なものがあります。

使うものは、職員室で借りなければいけません。
「折り紙、貸してください」
「折り紙はくださいだね〜」
そんなやりとりがよくあります。

でも実際「ください」と「かしてください」の分類は、
場所や状況によって変わることがあり難しいです。

虹っ子でできたで終わりではなく、
パンダさんにとってどんなやり方だったらいいかなぁと考えながら…
まずは虹っ子で使うものを分類することから始めました。

「もらうもの」と「かりたらかえすもの」に分けていきます。
1つずつ「おりがみはもらう?かえす?」
と聞きながら移動させていきます。

分類ができるようになってくると、
虹っ子では出てこない「アイス」や「ジュース」も分類する中に入れてみました。

IMG_0549[1].JPG

分類したあとのホワイトボードを見ながら、
職員室に行って「おりがみ、ください」と折り紙をもらいます。
分類することで頭の中が整理できた様子。
「ください」と「かしてください」を使い分けています。

言えるけど混乱しやすい「もらう」と「かえす」
1つずつ確認していくことと本人にとってどんな手段がいいか、
考えさせられた課題の1つであり、勉強になった出来事でした。

パンダさんが虹っ子に来るのも残り数回。
どんな作品を作ってくれるのか楽しみです♪
ほたる
Posted by サポートネット at 13:59
思い出のフォトフレーム [2021年03月13日(Sat)]
3月で年長さんは虹っ子を卒業します。
今までの虹っ子での活動を通し、
私たちに沢山の笑顔と元気をくれた子どもたち。
虹っ子卒業を記念して、一人ひとりフォトフレームを作成しました。

まずはフレームの枠に絵の具で色を塗ります。
赤、黄色、オレンジ、黄緑、茶色、黒、赤むらさき…
それぞれ選ぶ色も違い、それもまた個性ですね。
絵の具が手につくのを少し気にしながらも、大胆かつ丁寧に塗っていきました。

次に、フレームの枠に思い思いにビーズやまりもを付けていきます。
キラキラのアルファベットを自分の名前通りに並べる子。
たくさんのビーズを前にどれを使おうか悩みながらも、
完成して、「見て見て!ゴージャス!!」と満足そうにニッコリ顔の子。
一種類のビーズで揃える子もいれば、色々な種類のビーズを使う子もいます。
どのフォトフレームもとっても素敵に仕上がりました。

IMG_0548.jpg

最後に、フォートフレームに入れる写真を撮ります。
グループで活動していた子どもたちはみんなで一緒にパシャリカメラ
虹っ子に通い始めたころはどこか頼りなく
不安そうな表情だった子どもたちでしたが、
写真に写るのは、すっかりお兄さんお姉さんになった
年長さんたちの笑顔でした。


これから、どんどん大きくなり、
子ども達にも様々な出会いがあると思います。
ふとした時に、このフォトフレームの写真を眺めながら、
虹っ子という場所、そして、ここで共に活動したお友達のことを思い出し
懐かしんでくれる日が来ると嬉しいな、としみじみ感じました。

けい

Posted by サポートネット at 09:32
巨大壁画づくり [2021年03月12日(Fri)]
今週の放課後等デイ・虹っ子では、卒業制作としてみんなで一つの壁画を完成させました。

壁.PNG

サポートネットでは、長年放課後等デイサービス事業に携わってきましたが、今年3月で閉じて、虹っ子は児童発達支援事業のみの運営となります。
その間、多くの方に支えられ、多くの子どもたちに出会うことができました。
たくさんの思い出と学びを得ることもできました。
関わってくださった皆様には、職員一同心より感謝いたしております。
ありがとうございました。

そして、みんなと思い出の一枚として壁画制作をしました。
『虹っ子』なので虹をちぎり絵で描き、
子どもたちの写真をちりばめ、
子どもたちには「絵でも言葉でもなんでもいいから書いてほしい」とお願いしました。

「なんでもって、何かいたらいいの?」と悩む子
迷わず筆走らせる子
名前一つ書くにも
「展開図習ったんだよ」とレタリングで立体的に名前を書いてくれた子もいれば、
ほかの子が描いたものに重なるほど大きく書く子もいれば、
「どこに書いたの?」と必死で探さないと見つけられないほど小さく書く子もいました。

それぞれ一筆は入れてくれました。

終わりが近づいているんだと寂しい気持ちと、
懐かしい写真と活動に取り組む姿に成長を感じて複雑な気持ちになりました。

でも、楽しくてみんなが大好きな虹っ子なので、最後まで明るく走り抜けたいと思います。

あいこ
Posted by サポートネット at 16:56