• もっと見る
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
山田康子
会報誌すぽっと180号発送作業 (03/14) サポートネット
今月のおしゃべりサロン「ふわり」 (05/17) なこ
今月のおしゃべりサロン「ふわり」 (05/17) サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
ケイタさんと大ピンチずかん [2024年04月23日(Tue)]
この春、ずっとアルバイトをしてくれていたケイタさんが巣立っていきました。
ケイタさんは大学入学前からボランティアで来てくれて、その後アルバイトとなり、卒業までずっとサポートネットにいてくれました。
この数年をずっとずっと支えてくれていたメンバーです。

ケイタさんとの出会いは彼がまだ高校1年生の頃。
高校2年生の1年間だけプリズムを利用しました。
今は何を話しても美談にしかならないのですが、
それはそれはもう、かなり考え方をこじらせていた少年でした。

発達障害の診断名はなかったのですが、彼はとにかく納得できないことに立ち向かう。
目の前で親子喧嘩を見た時には、この後どうなるんだ??と思うぐらい激しかったのに、
その帰りには2人でらーめんを食べて帰ったそうで、
「ああ、2人にとってこのくらいじゃ喧嘩と言わないのか」と驚いたことを覚えています。

高3でプリズムをやめてから、何度か会いに来てくれたとき(親には言わず、自分の意思で)に特性の話をし、すぐに医者に行ったところ、ASDの診断が出ました。
その報告を聞いた時、私には、診断が出てなんだか安心しているように見えました。
(本人に聞いたら「そんなことはない」と言いそうですが)

そこから、「不登校の子の力になりたい」と、サポートネットでボランティアを始めます。
なので、彼はプリズムに通った歴よりも、ボランティアやアルバイトで通った歴の方が長いです。
そして、これからも支援者なるべく、発達障害の学びを続けて行くそうです。

そんなケイタさんが、本を寄贈してくれました。
今大人気の「大ピンチずかん」の2冊です。

IMG_1403.jpg

あるある!!確かにピンチ!!
子どもたちと一緒に読んでいきたいと思います。

ケイタさんは、自分の特性とかなりうまく付き合っています。
しっかりした趣味があり、友だちもたくさんいる。
高校時代を知らない職員は、イライラしていた時のことを想像できないと思います。
子どもたちからも大人気で、最後の日にはお手紙を書いてきてくれた子もいました。

ケイタさん、本当にありがとうございました。
あらためて大人ができることって、その子の力を信じることなのだと思いました。
何かあっても、落ち着いて一歩引いた眼でみれるところや、勉強熱心なところ、
人の意見を聞き入れるところ、子どもの考えを尊重するところなど、魅力がたくさんあります。
少数派の意見に耳を傾ける、いい支援者になって欲しいと思います。

これからも、時々遊びに来てください。

まほろ
Posted by サポートネット at 09:41
新年度大幅リニューアル!! [2024年04月11日(Thu)]
新年度が始まり、10日が過ぎましたね。先日は仙台市立の小学校で入学式が行われており、虹っ子を卒業していった子どもたちのことを思い浮かべていました。

そしてサポートネットも心機一転!
先月3月29日、30日の療育調整日には、研修と来年度準備の時間をとらせていただきました。

29日は、2月に行った、よこはま発達相談室の佐々木先生による外部評価の結果説明を(これについては前回のブログをご覧ください)
その後はファイルの整理や、職員室の大幅リニューアルをしました。

大幅リニューアルです!
今まで、ちくはぐだった職員机を統一しました!

職員室の棚や机の下の棚を組み立てて・・・

パソコンを配置して・・・

各棚や、それぞれの荷物を整理しました。

すべての職員机を白で統一したので、部屋全体が明るくなりましたぴかぴか(新しい)

IMG_1514[1].JPG


職員一同気持ちを新たに、一つひとつの出会いを大切にしながら
子どもたちや保護者の皆さん、関係機関の皆さんとつながっていけたらと思います。

引き続きブログ「虹っ子広場」での情報発信も行ってまいります。

今年度もどうぞよろしくお願いします。

三浦
Posted by サポートネット at 13:34
素敵な訪問がありました。 [2023年12月27日(Wed)]
先日、素敵な訪問がありましたぴかぴか(新しい)

引っ越しのためプリズムを卒業したSさん。
家族でサポートネットに来て、中学生に成長した姿を見せてくれましたexclamation

電車が大好きなSさん。
たくさんの本をリュックから取り出して紹介してくれました。
その中から私が興味を持ったのがこの本です。

111013401880001.jpg

駅名の文字の書体まで詳しく話してくれました。
私は興味津々。
「乗り鉄」や「撮り鉄」は知っていましたが、
「もじ鉄」という言葉は初めて聞きました。
調べるといろいろな本が出版されています。

Sさんは
「仙台駅は・・・」
「仙台地下鉄の書体は・・・」
と話が止まらない姿に、小学生時代のSさんを思い出して嬉しくなりました。
「プリズムは日曜日だったね。近くなら通えるのに。
「人生ゲームをしたね。えー!!新しくなってるグッド(上向き矢印)
など、プリズムでの活動を覚えてくれていました。

卒業してからも思い出してきてくれる。そんな存在になっていきたいです。

ぜひ、また遊びに来てくださいね電車

品川
Posted by サポートネット at 15:28
NPOで高校生の夏ボラ体験2023 [2023年08月09日(Wed)]
今年も、NPO法人杜の伝言板ゆるるが主催する「NPOで高校生の夏ボラ体験」が開催され、サポートネットには3名の高校生が来ました。

昨年はzoomで行った高校生との事前顔合わせも対面で行うことができ、受け入れ団体紹介では他の団体の活動を知る機会にもなりました。

将来、心理学を学びたいと思っている。
もっと発達障害について知りたい。
など、それぞれの思いを持ってサポートネットに参加してくれました。

テーマは「見つける」「学ぶ」「作る」「体験する」

「見つける」では「工夫を探そう」と題し、施設の中で工夫されている場所を探し、写真を撮って発表しました。
どういう工夫がされているのか?なんのためのものなのか?など気付いた点を話し合いました。

「学ぶ」では、NPOや発達障害、子ども支援について座学をしました。
夏ボラの事前学習会でもNPOについては学びましたが、サポートネットの理念や発達障害のこと、虹っ子やプリズムのことも取り上げて学びました。

「作る」では、子どもたちが使う教材を作りました。
ポケモンが好きな子どもたちに合わせた数を数える課題、名前のマッチング。
子どもたちが目の前で取り組む姿を見て、「楽しんでやってくれたのが嬉しかったです」「ほっとしました」と振り返っていました。

「体験する」では、虹っ子のグループ活動に参加したり、一緒に遊んだりしました。
2日間の中で違う2グループに入ってもらい、同じ活動でもグループによって手立てを変えていることも説明しながら実際にセッションに参加しました。
身体を使った運動のセッションでは大活躍でした♪

振り返りでは、
「最初はどう声をかけたらいいか、かかわったらいいか不安だったけど、一緒に活動したり遊んだりするうちに緊張が解けました。話しかけてくれたのが嬉しかったです。」

「はじめて教材づくりをしてみて、子どもたちの反応にドキドキでしたが、楽しそうに取り組んでいる姿を見られてよかったです。」

と、2日間の夏ボラを終えた高校生は、たくさんのものを吸収して笑顔で帰っていきました。

高校生の気づきを感じながら、職員にとっても学ぶ機会になった夏ボラ体験でした。
今回作ってもらった教材も活躍しそうですぴかぴか(新しい)
この機会をくださった杜の伝言板ゆるるさん、参加してくれた高校生のみなさん、ありがとうございました。

toy_omocha_asobu_boy_oyako.png

ほたる
Posted by サポートネット at 16:56
大きくてあまーいスイカ♪ [2023年08月04日(Fri)]
先日、三浦前理事より大きな大きなスイカが届きました!!

こんなに大きいです!!!

IMG_7023[1].JPG

IMG_7060[1].JPG

去年同様、グラスに分けて用意をし、
「スイカを食べたい」と言う子は、おやつの時間に食べました。


本当はスイカが大好きだけど、「遊びたいから」という理由で食べない子もいれば
夢中で口いっぱい頬張る子もいましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

職員もいただきましたが、あまりの甘さにビックリ!!!
幸せ気分になれましたるんるん


おいしいスイカを
どうもありがとうございましたかわいい

syokuji_suika_girl.png

けい
Posted by サポートネット at 13:01
「あつい」と「つめたい」 [2023年07月20日(Thu)]
最近作った教材を紹介します!

熱いものと冷たいもののイラストを見分ける比較用の教材が完成しました。
「あつい」にも暑い、厚い、熱いと意味が違う「あつい」がありますが、
今回は食べ物と飲み物に絞った「熱い」と「冷たい」をテーマにして作成しました。

アイスやラーメン等、子どもたちに分かりやすい
「熱い」と「冷たい」ものもありますが、
あまり似た者同士になりすぎないようにしながら探していると
(ケーキは冷たいでいいのかな…?)等
悩んだりすることもありました。

完成したものがこちらです!

IMG_6748[1].JPG

見た目でもわかりやすいように
「熱い」は赤の画用紙、「冷たい」は水色の画用紙にしています。
台紙を斜めにしたことで見やすいように工夫してみました。

実際に使った子は、12個のイラストの中から熱いものと冷たいものを分けてくれました。
「あつい、つめたい…」と口ずさみながらじっくりと考えて取り組んでいました。

自分が作った教材が使われることになると、ドキドキしてしまいました!

まどか


Posted by サポートネット at 11:47
せんたくばさみを使って [2023年07月07日(Fri)]
先月の療育調整日には、
「せんたくばさみ」を利用した教材研究を行いました。
虹っ子でもよく取り入れている「せんたくばさみ」

教材棚にはこんなにたくさんのせんたくばさみがあります。
形や硬さが違うので、その子に合ったものを選択して使用しています。

IMG_6491[1].JPG

年季の入った教材もあったので、
職員それぞれのアイディアで新しい教材を作成しました。

せんたくばさみとセットでよく使用しているのは紙皿。
利き手でせんたくばさみ、もう一方の手で紙皿を持てば、
両手で違う動作をする練習にもなります。
紙皿を使用するときのコツは、2枚重ねにすること。
1枚だと強度が足らず、持ちづらくなってしまうからです。

紙皿以外にも、ひもやダンボールを使用した教材も作成しました。

ひもを使った教材作成をしていた職員。

IMG_6493[1].JPG
せんたくばさみを付ける目印となるシールの間隔を均等にするため、きっちりと電卓で計算していますひらめき

ダンボールを使った教材は夏らしくてかわいいでするんるん

IMG_6494[1].JPG

昔からの教材を大切に使いつつ、どんどん新しいアイディアを生み出していくことも大切ですねひらめき

こういった教材研究を重ねながら、職員も日々学びを深めています目

けい





Posted by サポートネット at 11:04
さくらんぼ♪ [2023年06月29日(Thu)]
山形にお住まいの方より、さくらんぼをいただきました。

わーーーーーーーい!!!!

IMG_7844.jpg

旬のフルーツですね。
後藤は初物です♪
とってもとっても美味しいさくらんぼ!!

同じグループの子たちにと、急いで分けたため、
分けてもらった後のサクランボの写真になってしまいましたが、
すごくすごくすごくたくさんいただきました。

本当にありがとうございますリボン

そのグループでの出来事です。
中学生になると、社会で時事問題がテストに出ることもしばしばあることや、
グループみんなの会話の共通話題になることもあるというねらいから、
「最近のニュースを教えてください」
という宿題を出しています。

悲惨なニュースが嫌いなモモ君は、あまりニュースを見ません。
なので、身近にあったニュースを書くこともしばしば。
この日はとても「大変なことがあったんです!!!」とニュースに熱い想いを込めていたので発表してもらうと・・・・

「カレーとハンバーグの中にキノコが入ってたちっ(怒った顔)」っと。

彼にとっては大きな大きなショックだったことが伺えます。
人それぞれ、重大なことは違うよねぇぇ♪と身に染みた瞬間でした。
まほろ
Posted by サポートネット at 16:31
避難ハッチから [2023年06月23日(Fri)]
先日、サポートネットの消防設備点検をしていただきました。
消火器や火災報知器などいざというときのための大切な点検です。

その中で、避難ハッチの点検もあり、
実際に使う場面が来た時のために体験しておこう!と、職員で降りることになりました。

中はらせん状になっていますが、上から見ると垂直。
いざ降りてみようとすると怖いものです。

さかのぼること4年前。
同じように避難ハッチを体験しておこうと、降りる機会がありました。

1年目だった須田は「1番目に!」
と、手を挙げたものの直前で怖気づいて順番を譲り、
次々に降りていく他の職員の姿を見て、なんとか挑戦できたことを覚えています…(笑)
(先にやるところを見るって大事!と気付きました)

そして今回。
1回経験していたので「あの感覚ね〜」と、
懐かしさとちょっとワクワクも感じていました。

でも、今回初めて降りる職員が「怖い…怖い…」と不安そうな様子。
どこに手と足を置いたらいいのか、中の構造がどうなっているか。
確認しながら降りていきました。

降りたあと「こんな感じになっているんですね!」
と、とても晴れやかな表情でした。

やったことがあるかないか、この差が、不安を取り除いてくれたんだなと今回の経験から感じました。

きっともっともっと不安が強い子どもたち。
まずやり方を見て、どんな風にやるのか、自分で納得して、挑戦できることが大切だなぁ

と、避難ハッチから学んだ出来事でした電球

IMG_6289.JPG

ほたる
Posted by サポートネット at 10:01
就学準備の会がありました [2023年05月19日(Fri)]
先日、旭ヶ丘市民センターにて、虹っ子に通う保護者の方を対象に
就学準備の会を開催しました。

IMG_7359.JPG

今年も、相馬潤子代表に「自分らしく生きる」と題して、
就学を考える上で大切にすべき考えや、学びの場の決める際のヒント、
そして小学校以降の進路選択についてなどをお話しいただきました。

就学を考えることは、子どもの人生(生涯)を考えることであり、
それはつまり、我が子の特性を理解し、
我が子が生きやすくなる支援や環境、
我が子にどんな育ちをしてほしいかを
考えることであると説明がありました。

また、就学以降も様々な支援を活用できることや、
各関係機関が相互に本人や家庭の支援を行っていくこと、
そこには信頼関係の構築が必要であるというお話もありました。

保護者の皆さんに事前に質問を受け付けており、
さらに、当日もたくさんの質問があったので、
時間の許す限りで相馬代表に回答いただきました。

お忙しい中、そして、お暑い中
ご参加いただいた皆さま
ありがとうございました。わーい(嬉しい顔)



かわいい大切なお知らせかわいい
令和5年度 第1回2023年度自閉症・発達障害児者支援セミナーの
申し込みを開始しました。詳細はこちらの記事をご確認ください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております!

https://blog.canpan.info/mddsnet/archive/4505


けい

Posted by サポートネット at 09:00
| 次へ