CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
わたしのすきなもの [2021年05月06日(Thu)]
プリズムに通う中学3年生のヒマワリさん。
いつもたくさんある引き出しの中から、
楽しい話題を持ってきてくれます。

そんなヒマワリさんのとっても素敵なところは、
自分の「好き」をたくさん持っていること。
おしゃべり、和風のもの、絵を描くこと、
バドミントン、料理、好きなアニメやゲーム等々。

これは、私だけかもしれませんが、
段々と年を重ねるにつれて、
「得意なわけではないから好きと言いづらいなぁ。」
「好きと言えるほどの知識はないからなぁ。」と
余計なことを考えているうちに
自分の「好き」を人に伝えるのを
躊躇うようになっているな、と感じています。

だからこそ、ヒマワリさんと初めて話をした時に
純粋に自分の「好き」を伝えてくれたことに
なんだか心がほっこりして、
少し勇気ももらえた気がしました。

そんなヒマワリさんとの先日のセッションでは
ネイルグッズを用意しておきました。
以前、「ネイルしてもらうのは好き」と話していたので
私がヒマワリさんにネイルをしながら
おしゃべりしてもいいかもな〜?と考えていましたが

この日は
「中学生になってから初めてだけど、自分でやってみたい!」
とのことでセルフネイルに挑戦。

「はぁ、ドキドキする…!」と言いながら
慎重に塗っていきます。
少しくらいはみ出しても、気になる部分はまた塗り直せば大丈夫です。

もちろんネイルをしながら、
いつものようにおしゃべりも欠かせません。
家、学校、先生との面白エピソードや今日見た夢の話、
そして、好きなアニメ、好きな絵を描くことについて。
今日もヒマワリさんの「すき」をたくさん話してくれました。

苦手としていること、これから克服していきたいことも
いまはまだ残っているけれど、
ヒマワリさんの、自分の「好き」を伝えられる力は
大人になっても、いつまでも忘れないでいてほしいです。

そして完成したネイルがこちら!

IMG_6681.JPG

照れながらも「手だけなら…」と撮らせてくれました。
さわやかなブルーが素敵!
また機会があったらネイル企画をしたいと思います。

けい
Posted by サポートネット at 13:18
プリズム1年生 [2021年04月27日(Tue)]
新年度が始まり、プリズムのグループ活動もスタートしました。

児童発達・虹っ子に通っていて、小学生からはプリズムを利用になる子が何人かいます。
そのうちの一つのグループは、これまでも一緒に活動していて、お互いよく知った仲のマッチ君、ダン君、がん君の3人。

第1回目のプリズムのとき、同じ建物だけど行ったことのなかった2階の部屋に通され、いつもより口数少なく周りをきょろきょろ。
お母さんから「今日からプリズムだよ」と言われてきたものの、
これから何をするんだろう?という気持ちが全身からあふれ出ています。

マッチ君は、虹っ子最後の日に
「プリズムやだー!!2階いかない!!」
と言い残して帰ったのですが、明るい表情で来所したことと、
「プリズム2階です」
と言いながら、階段を上っていってくれたことに安堵しました。

初回は、これから活動の記録を入れていくプリズムファイルに番号をつけ、そのあと公園に行って宝さがしをして終了。

第2回目のプリズムの日。
前回よりニコニコで、ファイルが入ったバッグを下げて入ってきました。
その顔はすでにプリズムメンバーの顔になっていました。

リーダー「グループの名前を決めます。どんな名前がいいと思いますか?」

少しの沈黙があり、マッチ君が手をあげて「りんご!」といいました。

するとほかの子も手を挙げて

「はい!テレビグループ」
「はい!ゲームグループ」

最後は多数決で「りんごグループ」と決まりましたが、
1年生で全員が自分から意見を言い、最終的に友達の意見を受け入れるのはすごい!

次に自分用のファイルの表紙に好きな絵を入れていきます。

マッチ君はきめつの炭治郎。
ダン君はOfficial髭男dismの写真。
がん君は未確認生物のチュパカブラ。

それぞれ自分でiPad検索をし、画像を印刷しました。

特別支援学級在籍の子たちのグループですが、
ここまでスムーズにグループ活動ができるというのは
先生の話を聞くと、うまくいく成功体験が積みあがっているのと、
友達に自分のやりたいことを邪魔されない安心感があるからで、
小さい頃から療育に通っているからだなぁ・・・すごいなぁ・・・。
と、セッション終了後に後藤がつぶやいていました。

好みも遊びも違う3人だけど、居心地のいい3人。
これから、りんごグループとの活動が楽しみです。
りんご.png
あいこ
Posted by サポートネット at 13:08
○×クイズ [2021年04月23日(Fri)]
プリズムの小中学生のグループで、○×クイズをしました。
何問か例題を出したあとに、それぞれ自分にまつわる○×クイズを考えてもらうことにしました。

例題は3問。
「ここは日本である。○か×か」
「このグループのメンバーは5人である。○か×か」
「今日の天気は雨である。○か×か」
答えるときには○の札と×の札を使います。
「こんなの簡単だよ〜」と言わんばかりに堂々と札を挙げていきます。

例題が終わり、いざ自分の○×クイズを作ることに。
でも自分の問題を作るのは意外と難しいです…
どうしようどうしようと悩みながらもひねり出していきます。

あるメンバーが出した問題は、
「僕は今日朝10時に起きた。○か×か」
なるほど、休みの日に早起きしたかどうか!いい問題です。

次々と順番は回っていきます。
「僕はマインクラフトをやっている。○か×か」
あえて自己紹介で好きだと公言していないマインクラフトを問題に出してきたところがポイントです。

自分クイズと言いながらも、イラストで問題を出したメンバーもいました。
「いぬとねこがケンカしている。○か×か」

IMG_4837[1].JPG

みんなでそのいぬとねこの表情をチェックします。
(まゆげが吊り上がっているのでこれはケンカだな…)
全員が「〇!!」と答えると…
「正解は×」「これは争いです」
「ケンカじゃないのか〜!」と笑いが生まれました。

悩みながらの自分クイズでしたが、○か×か予想したり、そうきたか!のイラストクイズで笑ったり、みんなのことを知るきっかけになった○×クイズでした。
ほたる
Posted by サポートネット at 13:43
春の鬱々 [2021年04月21日(Wed)]
4月も半ばが過ぎ、学校生活についての話題が子どもたちから出てきます。

shingakki_classgae.png

その中で、中学2年生が自己分析を交えながら学校の様子を教えてくれました。

「クラスはまだ4月でみんな静か。緊張してる感じ」っと。

ふむふむ。

一緒にいる友達ができたかを聞くと、

「1年の頃は友達がいなくて、つらかったんです。
今年は仲いい友達と一緒のクラスだったから、始めはうれしかったけど、その子は部活の友達とも仲がいいし、そっちに行っちゃうこともあって・・・・。
他の人に自分から話しかけるようにしたけど、私よりも消極的な人が多くてなんかうまくいかなくて・・・・。

だから、その子(仲良しの子)に取り入ることにしましたw」

っと。

「おもしろい!!自己分析できてるし。そんな話初めて聞いた!w」

と伝えると、

「そうですか?ww
私も消極的だけど、私より消極的な人に話しかけても盛り上がらなくて・・・
でも、一人でいるよりはまだいいし、その子の周りにくる子にも話しかけてみようと思います」

そこで、五月病の話をしました。
環境が変わることで起きやすいこと、
4月は緊張感もあり頑張れるけど、無理に頑張っていると反動が連休明けあたりにきて、憂鬱な気持ちになることがあること、
みんな自分だけ上手くいかない気持ちになっているけど、本来うまくいっている人の方が少ないかもしれないということ。
そして、ASDの方は5月待たずに環境変化による憂鬱が来る人が、少なからずいること。

実際、「平日の学校を頑張りすぎて、土日は家から出たくない」という子は、毎年出てきます。
休んだ子に話を聞くと
「プリズムに行ってしまえば楽しいんだけど、家からでるまでのハードルが高い」
と言います。

ちなみに、中学生は五月病を知りませんでした。
しかし、春に鬱々した気持ちになることについては「たしかに!!」っと。
鬱々したときには、趣味を満喫するといいねという話にも触れました。

「でも、私は春というよりも、長期休みの方が苦手です。
 生活リズムが崩れると、体調無茶苦茶悪くなるんです。
 春休みは本当に大変だったーー。もう治りましたけど」

長期休み苦手とかって、それも初めて聞いた!!

グループでは、聞き役に回ることの多い彼女ですが、話すことが大好きであることは知っています。
ですが、3人以上になると、聞き役に回りがち。
だからこそ、学校生活で仲良しの友達とは本来2人で過ごす方が心地よいはずです。
自分で試行錯誤しながら、学校生活をどう過ごすかを考えているのはとてもすてきだと思いました。

聞き役に回りがちになる子が自分からたくさん話してくれるというのは、うれしいこと♪
これからも、早く来た時、帰りの時など、個々に話せる時間には、聞き役に回りがちになる子に声を掛けて話を聞こうと思います。
まほろ
Posted by サポートネット at 11:52
先生って何歳なの? [2021年04月15日(Thu)]
プリズムに通うチョコさんは、話したいネタがたくさんあります。
そして、来所してすぐにそのトークはスタートします。

昨年度は、好きな漫画の話、旅行に行くならどこに行きたいか、おすすめのスマートフォン、どうしても須田にネタバレをしたくて漫画の最終巻を持ってきたこともありました。いつもたくさんの話題を投げかけてくれます。

新年度が始まり、初回の日。

その日は質問から始まりました。
「先生ってさ、何歳なの?」
須田「24歳だよ」
「え、30前半くらいだと思ってた。意外と若かった。」
「付き合っている人はいる?」
「じゃあ好きな人いないの?」
「気になっている人は?」
「結婚しないの?」
なかなか核心に迫る質問ばかりです。
須田「いないね。今のところ結婚願望はないかな〜」
と答えると、
「結婚しなよ。紹介してあげよっか?外人の社長とかいるよ。」
(結婚を勧められている…社長!?すごいな…)
そのあと4,5人候補を挙げてくれましたが、丁重にお断りさせていただきました(笑)

そしてまだまだ続く質問。
「先生って友達何人いる?」
「LINEの登録人数は?」
「よくLINEする人は?」
「飲みに行ったりする友達はいる?」
1つずつ答えていくと、「へぇ〜」と一言のみでしたが、
自分以外の人が、どれぐらい友達がいるのか気になったのだなと思いました。

今まで話したことのなかった話題に、チョコさんも結婚や恋愛に興味があったんだな〜と知るのと同時に、また少し距離が縮まった気がしました。
チョコさんにとって、プリズムが話すことが心地よい場所であるといいなと思っています。
次はどんな話題が出るのか楽しみです。

結婚.png

ほたる
Posted by サポートネット at 10:11
卒業生の言葉 [2021年04月08日(Thu)]
この春、5名の高校3年生がプリズムを巣立っていきました。

4歳から通ってくれた子は、14年間。
あっという間だったなぁ。というのが率直な思いです。

卒業していく子たちに、アンケートを実施しました。

面と向かっていうのは気恥ずかしい。
でも、アンケートでは素直に答えてくれました。
普段、あまり感想を言わない子も、率直に。

充実していたかどうかを4段階で聞いたところ、
全員が「とても充実していた」につけてくれました。

プリズムはどんなところ?
というチェック項目。項目は以下です。

・コミュニケーションを学ぶところ
・遊びを学ぶところ
・友達に会いに来るところ
・先生に会いに来るところ
・おしゃべりするところ
・勉強や課題をがんばるところ
・居心地のいいところ
・愚痴を言えるところ
・自分のいいところを見つけるところ
・自分の特性を把握するところ
・よくわからない
・その他

とあった中。
全員がつけてくれたのは
・コミュニケーションを学ぶところ
・遊びを学ぶところ
・居心地がいいところ

逆に一人もつけていなかったのは、
・勉強や課題をがんばるところ
・よくわからない

でした。

よくわからないと思いながら通っていた子が1人もいないというのは、とても嬉しいことです。
そして、居心地がいいと言ってくれることも、ありがたいと思いました。
5人とも、多数派、少数派、自分の特性、強みについてなど、たくさんお話してきました。
中にはボランティアを考えてくれている子もいます。

そして、昨日卒業生の1人がらメールが届きました。

mail_man.png

「こんばんは〜明日で入社してから1週間が経ちます。緊張してますが頑張っています」
っと。
何よりうれしいメール♪

やはり、困ったときよりも、うれしいこと、頑張っていることのほうが連絡をくれます。

さぁ新年度スタート!!
みんな、自分の道を一歩ずつ進んでいってほしいと思います。
まほろ
Posted by サポートネット at 14:17
花丸の数 [2021年03月28日(Sun)]
プリズムでは、生活目標の宿題を出しています。
そして、それをチャレンジと呼んでいます。

先日のこと。
チップ君「先生!花丸5個にして!!」
まほろ「はーい。1,2,3,4,5個っと」

デール君「僕は、6個にして!」
まほろ「はーい。1,2,3,4,5,6個っと」

チップ君「ずるい!!あと2個増やして」
デール君「僕も増やして!」
まほろ「はーい」

そんなやりとりが続き、10個になった時。

チップ君「11にして!!」
デール君「僕も!」
まほろ「はーい」

きりがないなぁ。と思いつつ、花丸をつければいいだけなのであればたやすい事。
ちゃんと、生活目標を意識して2週間過ごしてきたんですもの。
いくらでも花丸をつけてあげたいです。
花丸の形がちょっと変になってきたけど・・・ご愛敬と思いながらつけていました。

チップ君は、誰よりも多くけて欲しいので、デール君にも11個書き終わったところで
「あと1個!!」
と言ってきました。まだ続くのですね。
書くところ少なくなってきたなぁ・・・・と思いながらつけていると、

デール君は
「僕はもういい。11個がいい」

そこで2人の花丸つけてが終わりました。
あえて、なぜ11個が良かったのかも聞きませんでしたが、
意外とあっさりそのやりとりが終わりました。

たくさんの花丸にご満悦の2人。
花丸で、こんなに満足そうにしてくれるのであれば、よかったよかった♪
IMG_3477.jpg


まほろ
Posted by サポートネット at 14:54
プリズム最終回で… [2021年03月23日(Tue)]
今年度のプリズムは、オンラインセッションから始まったグループ、自粛期間を経て始まったグループ、コロナの影響を受けた1年でしたが、無事に終えることができました。

そんな令和2年度の最終回を迎えたグループでの出来事です。

左手首を包帯ぐるぐる巻きの状態で来所したマリオさん。
「自転車に乗っていて転んで折れました。」
と説明してくれましたが、かなりの大怪我だったようです…
(話を聞きながら命があってよかったと心底ほっとしました)

次々と来所したメンバー。
マリオさんの手首に気づき、
真顔で「え、どうしたんですか…?」
あまりのトーンの低さにマリオさんも少しびっくりした様子。
「自転車で転んで折れました。」

そんな会話を知らずに入ってきたメンバー。
真顔で「勉強のし過ぎですか?」
マリオさん「いや違います。僕右利きです。」
それぞれ心配する様子も見られながら、やりとりに笑いが生まれていました。

修了式後にお楽しみ会と題しWiiUでマリオカートをしました。
須田「マリオさんの左手が心配だからボードゲームにしようかと思うんだけど…」
マリオさん「右手だけで運転できます!」
と、なぜかいつもより燃えています。

そして見事右手のみの運転で1位を取ったマリオさん。
両手でがんばっても難しいのに右手だけで1位はすごい…!
全員で「すごいですね!」と盛り上がり、幕を閉じました。

普段あまり出会わない「骨折」という出来事に対し、
冷静に会話しているみんなを見ながら、そういう関係性もいいなぁと思うのでした。
4月、また元気な姿が見られることを楽しみにしています。

jiko_pedal_nashi.png
ほたる
Posted by サポートネット at 00:00
思い出のたこやき [2021年03月17日(Wed)]
サポートネットが療育を初めてもうすぐ14年になります。
当時、年中さんだった子は、今年高校を卒業します。

オランジュさんも、年中から通っている一人です。
後藤と2人で話していると、すぐ昔話になり、話が止まりません。

きっと、私たちが本気で話したら、3日間話せると思います。

ちなみに、プリズムの1番の思い出は、小学1年生のときに子どもたちがテンションがあがりすぎ、
後藤が「おしまい」を連呼していたという「おしまい事件」だそうです。
(なんじゃそりゃ・・・という感じですが)

受験も終わり、プリズムの締めくくりにどんなセッションをしたいかを尋ねると、
「んーーーなんでもいい」
と言いつつ、今までやった特別なものをピックアップしていったところ

「たこやきイイね。最後にやりたいね」となりました。
たこ焼きタワーとロシアンたこ焼きをやりたい!!となり、企画を立てました。

感染対策として、みんなでたこ焼きを焼くことはしない。
テーブルにはパーテーション。食べるときは、取り分けてから、それぞれの場所で食べる。
と、少しいつものたこやきパーティーとは雰囲気も違うのですが、実施しました。

内側のアルミの芯が少し見えているものの、なかなかの高さ!!

Image-1 (11).jpg

映える写真を。と男子にお願いし・・・・・パシャリ

ロシアンたこ焼きも実施しました。

オランジュさんは、
「ロシアン、最後は当たりたかったなぁーーー!!」っと。

おしゃべりが大好きなオランジュさん。
プリズムに来て
「今日はいっぱい喋りたくて来たーーーーーー!!」

となり、用意していたセッション内容を変更し、
1時間まるまるみんなで喋った日も少なくありません。

なんてったって、グループの名前が「喋るグループ」ですもの。
小学生の時からずっと、グループ名は「喋るグループ」。

なぜ、3次元には理想のタイプがいないのか。
男女の友達は存在するのか。
結婚したいかしたくないか。
数学の問題に出てくる人達は、なぜ同じ場所に行くのにバラバラに家を出たがるのか。
なぜすぐ池の周りを歩きたがるのか。
なぜ、行き先の距離を知らないのに、速度は知っているのか。
自分よりも、特性の高いであろう友だちについて・・・・などなど

たこ焼きがしたい!!と言うものの、きっとお喋りが何より好きなので、
本当の最後のセッションは、たっぷりお喋りをしたいと思います。
まほろ
Posted by サポートネット at 09:00
嬉しくて嬉しくて天に昇る [2021年02月26日(Fri)]
プリズムに通うエルサさんは、最近iPadのキーボードで文字を打つことに取り組んでいます。

学校の授業でも周りのお友達はローマ字打ちをしているそうで、
「自分もできるようになりたい」
と、気持ちを伝えてくれました。

初めは、好きなキャラクター名を1文字ずつキーボード表を見ながら打っていきます。
ゆっくりではありますが、「Kは2段目の〜」と覚えようとしているのが伝わってきます。

回数を重ねるごとにちょっとずつ覚えてきて見つけるスピードも速くなってきました。
「自分じゃ速くなったかわからない」
と、まだ自信はないけど…
「本当に速くなっているよ!」
と伝えるとニコニコに。

そして、2月バレンタイン当日にセッションがありました。
この日は「バレンタインカードを作ろう」をしました。
キーボードでメッセージを打ち、それをはがきに印刷して、
レースやハートのシールでデコレーションするというものです。

初めは「誰に書こう?なんて書こう?」と悩んでいましたが、
パッと思いついたようでキーボード表を見つめます。
一緒に文を考えながら、自分の気持ちを打っていきます。

バレンタインと書かれたロゴも検索し、自分で選びました。
「いつもありがとう。ずっとなかよくしてね。」
ステキな文章です。ニコニコの絵文字も付けました。
周りをデコレーションし、世界で1枚だけのオリジナルバレンタインカードが完成しました♪

PRAR8335[1].JPEG

出来上がったカードを見て思わずカードを持ってほっぺにすりすり。
顔はとても達成感に満ちあふれています。
「明日チョコと一緒にいれよう!」
とウキウキしている様子が伝わってきます。

そのあとの振り返りでは、作ってみての感想に…
「嬉しくて嬉しくて天にも昇る」と一言。

IMG_5396[1].JPG

そんなステキな表現をしてくれるなんてこっちまで嬉しくなるなぁ!!
自分の気持ちを自分の言葉で、やりたかったローマ字打ちでできた達成感。
相手のことを考えながら作ったカード。

バレンタインはどうだったかな?と考えながら、
次会う時を楽しみにしたいと思います。
ほたる
Posted by サポートネット at 14:37
| 次へ