CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
今月のおしゃべりサロン「ふわり」 (05/17) なこ
今月のおしゃべりサロン「ふわり」 (05/17) サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
今月のおしゃべりサロン「ふわり」 [2022年05月17日(Tue)]
先日、5月のおしゃべりサロン「ふわり」がありました。
今回はテーマを設けず、フリートークです。

今回お越しいただいたAさんは、ふわりに初めて参加してくださいました。

ある日、こども園の先生から、「(子どもが)集団生活に難しさがあるようだ」というお話を受けたAさん。正直、予想外の指摘だったといいます。

しかし、そういう指摘を受けた後で、改めて我が子の様子を見ると今まで気にしていなかった行動も気になるようになってきたそう。
その話には他の参加者も「わかる、わかる!」と共感していました。

就学に対する不安もお持ちだったので、市の教育相談会についてや学校見学、通級や補助員さん、放課後等デイサービスのことなど、幅広くお話と情報共有が出来ました。

今回の参加者共通の願いは、「子ども自身が楽に生活していくこと」。
そのために親としてできることを一緒に考えることが出来ました。

また、時間の感覚がなかなか身につかないという話題も出ました。
そこで、虹っ子で使用しているタイムタイマーを紹介したり、砂時計、アラームなど、合うものはその子によって違いますが色々と便利なグッズや手だても考えられます、というお話もできました。

そのほかにも
かわいい兄弟について
かわいいご家族での意見の食い違いについて
かわいい実家、義実家との関わりについてなどの話題が出ました。


参加していただいた方の感想
・知りたいことが知れたこと、また知らなかった情報を得ることができたので来て良かったです。


おしゃべりサロンは感染症対策を実施した上で、少人数でゆったりと開催していますので
初めての方でも、おしゃべりしたい方、おしゃべりを聞きたい方はぜひお問い合わせください。お待ちしています。

IMG_2672.JPG



◇お問合せ
 認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット事務局
 TEL 022-341-0885

けい





Posted by サポートネット at 09:08
5月のおしゃべりサロンのご案内 [2022年05月01日(Sun)]
みやぎ発達障害サポートネットでは毎月2回『おしゃべりサロン』を開いています。

皆さん、ゴールデンウイークはどう過す予定ですか?
連休明け、皆さんにお会いして、おしゃべりできるのを楽しみにしていまするんるん


喫茶店おしゃべりサロン ふわり
日 時:5月13日(金)
    10:00〜12:00
場 所:サポートネット2階
主に、幼児期、学齢期のお子さんの保護者が集まっています。

今月のテーマは
「フリートーク」
新年度が始まって1か月。例年、未就学時の保護者の皆さんからは、就学に向けての相談が増える頃です。また、新学期が始まり、新しい環境が苦手な学齢期のお子さんたちは、疲れが出てくる頃かと思います。

心配なこと不安なことはありませんか?
もし、誰かに話したい、相談したい、聞いてほしいという方がいましたら、ぜひ、お問い合わせください。メールでも電話でも構いません。


喫茶店おしゃべりサロン ラルクママ
日 時:5月27日(金)
    10:00〜12:00
場 所:サポートネット2階

今年度から曜日と時間が変更になっています。

主に、中高生から成人期の保護者が集まり、フリートークのスタイルでおしゃべりを進めています。
障害年金や福祉制度、就学・就労のこと、働き方、余暇の過ごし方、お金の使い方、ほめ方のコツ・・・などなど毎回話題は多岐に渡り、皆さん感じたことや経験談をお話してくれます。
話は尽きず、いつも時間があっという間に過ぎていきます!

4月のラルクママは、久しぶりに参加してくださる方や、曜日が変わって来られるようになったという方が来てくださいました。お時間がございましたら、1度おしゃべりに来てみませんか?
当日参加も可能です。メールや電話でお申し込みください。


ぴかぴか(新しい)感染症の予防のため、来所時には子どもたちだけでなく、保護者の皆さんや来所する皆さんにも手洗いを行ってもらっています。また来所者全員に検温を行っております。引き続き、ご協力をお願いいたしますぴかぴか(新しい)

R4上半期おしゃべりサロン開催のお知らせ.png



◇おしゃべりサロンの参加費は、正会員無料。
 正会員以外の方は1回1,000円です。

◇お問合せ・お申込みは事務局まで
 電 話:022-341-0885
 メール:mddsnet@yahoo.co.jp

皆様のご参加をお待ちしていまするんるん

品川
Posted by サポートネット at 09:00
今月のおしゃべりサロン「ラルクママ」  [2022年04月27日(Wed)]
先日、おしゃべりサロン「ラルクママ」がありました。
今月から第4金曜日の10時〜12時に開催することになりました。
(4月は29日が祝日のため22日に開催しました)

5名の参加者さんとお茶をしながらゆったりとおしゃべりできました。
今回、話題に出たのは通信制高校、アルバイト、就労移行支援や就労定着支援等についてです。
実際にお子さんが経験したことをそれぞれお話してくださいました。

就労移行支援や就労定着支援は利用期間が決まっているため、
就職先が決まっても雇用が継続されなかったら、その後どうなるのだろう…
自己都合ではなく、就職先の都合で働けなくなった場合はどうすればいいのだろう…と
就職内定後も不安が残るとお話されていました。

また、通信制の高校に在籍していても、家の外に出たり、高校に足を運んだりするのが難しいお子さんもいます。もちろん本人の気持ちも大切だけど、親としては我が子が中卒になることへの不安がある、とお話しされる方もいました。

高校や就職先、また就労移行支援等の福祉サービスであっても、
すべてに共通して言えることは、場所や人と繋がっていることはとても大切、ということ。
どこにも所属していないと、自分が何者でもない気がして不安になることもあるだろうという話題には皆さんも、うんうんと共感されていました。

そのほかにも
かわいい我が子には失敗させないほうがいい?orチャレンジさせたほうがいい?
かわいい友人について
かわいい通信制、定時制の高校について
かわいいフリースクールについて
の話題が挙がりました。


今日、参加いただいた方の感想

・「ふれあいガイド」をいただきに区役所に行きたいと思います。ありがとうございました。

・アルバイトのこと、生活のこと、高校のことなど気になっていたことについていろんな話をお聞きすることができてよかったです。また、おじゃましたいです。ありがとうございました。

・就労移行の話など、色々な情報を教えてもらえて今後の参考になりました。

・自分の話もできて、少しでもみなさんに話が出来てよかったです。

images.jpg


おしゃべりサロンに参加してみたい方は、ぜひ、お問い合わせください。一人でも繋がれることを願い、活動を続けています。
初めての方も、久しぶりの方も、お待ちしております。
お申込みやお問い合わせは、みやぎ発達障害サポートネット 事務局までどうぞグッド(上向き矢印)

◇お問合せ
 認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット事務局
 TEL 022-341-0885

けい




Posted by サポートネット at 10:03
今月のおしゃべりサロン「ふわり」 [2022年04月19日(Tue)]
先日、4月のおしゃべりサロン「ふわり」がありました。
テーマは「子どもの特性、先生にどうやって伝えていますか」

今回は3人のお子さんを育てるお母さんが参加されました。
下に赤ちゃんが生まれてから、数分置きにトイレや手洗いに行くようになった長男。母も知らず知らずのうちにイライラした対応をとってしまっていたと言います。

しかし、その背景には同級生とのトラブルでの不安感があるのでは?と確認。長男が母に、「手を洗ったほうがいい?」と聞いてきた時には「ちょっと手を見せて?…うん、汚れてないから洗わなくて大丈夫だよ。」と声をかけ、『洗わなくても大丈夫だった』という経験を積み重ねると良いという話がありました。

そして、赤ちゃんにばい菌がつかないように何度も手を洗う長男くんは、とても優しいね、と。


テーマにもあった、先生への伝え方については、
4月は先生も新しいクラスでドキドキの時期。1か月くらいはクラスのことを様子見するそうです。なのであまりたくさんのことは伝えず、心配事を書き出してみて上から3つを目安に伝えてみると良いという話が出ました。

先生に我が子の心配事を伝えると、どう思われるかな…、モンスターペアレントだと思われないかな…と不安になるかもしれませんが、先生にとってもそういう情報は実はとてもありがたいもの。担任の先生に言いにくければスクールカウンセラーに相談しても良いでしょう。


3人のお子さんを育てている頑張りすぎるくらい頑張り屋のお母さん。
つい一人で抱え込んでいっぱいいっぱいになってしまいがちですが、
学校の先生とも連携し、わが子の良いところをたくさん発見していけたら素敵なことだと思います。

サロン後には「来てよかったです。絶対また来ます。」とおっしゃって下さいました。
私たちもお待ちしています!


おしゃべりサロンは感染症対策を実施した上で、少人数でゆったりと開催していますので
初めての方でも、おしゃべりしたい方、おしゃべりを聞きたい方はぜひお問い合わせください。お待ちしています。

IMG_2407.jpg


◇お問合せ
 認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット事務局
 TEL 022-341-0885

けい





Posted by サポートネット at 11:05
4月のおしゃべりサロンのご案内 [2022年04月02日(Sat)]
サポートネットでは毎月2回『おしゃべりサロン』を開いています。

新年度になりました。父母の会「なないろえくる」の皆さんが植えてくださった花たちも、寒い冬を超えて、きれいな花を咲かせてくれています。

70A3CFDB-3A5F-4A8D-BCBE-AAF541E1FB44.jpeg


喫茶店おしゃべりサロン ふわり
日 時:4月15日(金)
    10:00〜12:00
場 所:サポートネット2階
主に、幼児期、学齢期のお子さんの保護者が集まっています。

今月のテーマは
「先生にどうやって伝えていますか?〜我が子の特性の伝え方〜」
子どもが過ごしやすい環境を整えるため、保育園や幼稚園、学校の先生にどの様に伝えていますか?
いろいろな事例を聞くことで参考になることがあるかもしれません。
皆さんの参加をお待ちしています。


喫茶店おしゃべりサロン ラルクママ
日 時:4月22日(金)
    10:00〜12:00
場 所:サポートネット2階

今回から曜日と時間が変更になっています。

主に、中高生から成人期の保護者が集まり、フリートークのスタイルでおしゃべりを進めています。
障害年金や福祉制度、就学・就労のこと、働き方、余暇の過ごし方、お金の使い方、ほめ方のコツ・・・などなど毎回話題は多岐に渡り、皆さん感じたことや経験談をお話してくれます。
話は尽きず、いつも時間があっという間に過ぎていきます!

R4上半期おしゃべりサロン開催のお知らせ.png


ぴかぴか(新しい)感染症の予防のため、来所時には子どもたちだけでなく、保護者の皆さんや来所する皆さんにも手洗いを行ってもらっています。また来所者全員に体温測定を行っております。引き続き、ご協力をお願いいたしますぴかぴか(新しい)




◇おしゃべりサロンの参加費は、正会員無料。
 正会員以外の方は1回1,000円です。

◇お問合せ・お申込みは事務局まで
 電 話:022-341-0885
 メール:mddsnet@yahoo.co.jp

皆様のご参加をお待ちしていまするんるん

品川
Posted by サポートネット at 10:00
おしゃべりサロン「ラルクママ」 [2022年03月24日(Thu)]
3/23(水)におしゃべりサロン「ラルクママ」を開催しました。

いつも手づくりのお菓子を持ってきてくださるTさん。
今回は桜餅(道明寺)ですexclamation×2
ラルクママ3月.jpg

桜の葉のいい香りがして、柔らかい食感とあんこの優しい甘さに春を感じることができました。
ラルクママ参加の皆さんでいただきました。
そしてスタッフ一同も美味しくいただきました。ありがとうございます。

今日のラルクママは、花京院に事業所があった時に参加してくださった方が、久しぶりに来てくださいました。

今日の話題は・・・
かわいい就労についての話で、現在利用しているまたは利用していた障害福祉サービスのことが話題に上がりました。

就労移行支援:企業等で働きたい方に、働く上で必要な知識・能力向上のために必要な支援を行うとともに、一人ひとりに合った職場選びをはじめとする求職活動に関する支援。
【利用方法】事前に訓練等給付費支給申請手続きが必要
【利用期間】2年

就労定着支援:就労継続支援・就労移行支援・生活介護・自立訓練を利用して一般就労に移行し6か月経過した方について、働く中で生じた生活面の課題に対して必要な相談や助言を行い、本人が働き続けられるよう支援を行う。
【利用方法】事前に訓練等給付費支給申請手続きが必要
【利用期間】3年

就労継続支援(A型・B型):企業などで働くことが難しい方に働く場所を提供するとともに、働く上で必要な知識・能力の向上ため、必要な支援を行う。
 就労継続支援A型・・・雇用契約を結びます。
 就労継続支援B型・・・雇用契約を結びません。
【利用方法】事前に訓練等給付費支給申請手続きが必要
【利用期間】特になし

(令和3年度 せんだいふれあいガイド ー障害者保健福祉のあんないーP.26より引用)


様々なサービスを利用して、就労につながっている方、職場実習に挑戦している方、就職活動している方、内定をもらえた話などを聞くことができました。
東北では障害者が働ける特例子会社が少なく、求人倍率もとても高いとの話もありました。

その他にも・・・
かわいいお金の管理
かわいい趣味の話
かわいい本人への告知の話
かわいい幼少期から学齢期の話
などなどたくさんおしゃべりしました。

今回が今年度最後のおしゃべりサロン「ラルクママ」でした。
4月からは下記の通り開催曜日・時間が変更になります。
R4上半期おしゃべりサロン開催のお知らせ.png

初めての方も、久しぶりの方も、お待ちしております。
お申込みやお問い合わせは、みやぎ発達障害サポートネット 事務局までどうぞグッド(上向き矢印)

◇お問合せ
 認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット事務局
 TEL 022-341-0885

ピース手(チョキ)
Posted by サポートネット at 10:34
おしゃべりサロン「ふわり」イベント [2022年03月12日(Sat)]
東日本大震災から丸11年の3月11日。
この日は講師に仙台市防災リーダーの菅野澄江さんをお招きし、
「備えあれば憂いなし!~特性に応じた災害時の備え~」をテーマに
お話していただきました。

まず、アイスブレイクとして「わたし発見ノート」を行いました。
同じグループの方から連想する色と動物を考え、発表していきます。
こうして、お互いのことを考え、知っていくことが、菅野さんのおっしゃる防災の一つのキーワードとなっています。

いざ、災害が起きて避難したときに、顔の知らない人ばかりの避難所よりも知っている先生や、いつも声をかけてくれる近所の人がいる避難所の方が子ども達の安心感につながります。

近年は地域との関りも薄くなり、自分たちだけで解決しようとする傾向にありますが地域の人たちと一緒に乗り越える、また公助として行政の力も借りることが大切。
そのためにも普段から自分の住む地域の避難場所はどこなのか、地域の防災リーダーはどなたなのか把握しておくと良いとのことです。

実際に岩切地区で仙台市地域防災リーダー(SBL)を担っている菅野さんですがSBLのうち女性は4分の1程度で、高齢化も進んでいるそうです。
もしも、我が子に障害があり、避難先で相談しづらい時にはぜひ女性リーダーを頼ってほしい!とお話されていました。

「震災当時の話をする時に涙を流せなくなったら、もう話さない、話せない」、と菅野さんは言います。災害が起きてからでは遅いという事を念頭に、普段から地域の人と繋がることを意識していきたいですね。

他にも、ここでは書ききれないくらい沢山のお話をしてくださり
大変勉強になりました。
菅野さん、ありがとうございました。

IMG_E1627.JPG

参加した方の感想
・改めて自分の周りがどうなっているのか、災害時にどこへ行けばよいのかなど考える機会になった。菅野さんの人柄が伝わってきてとても楽しい時間になりました。

・とても具体的に教えていただきありがとうございます。
いざというときに我が子にも他の子も少しでも安心して過ごせるように職場や地域でも役立つ人材になれたらと思います。


おしゃべりサロンは感染症対策を実施した上で、少人数でゆったりと開催していますので
初めての方でも、おしゃべりしたい方、おしゃべりを聞きたい方はぜひお問い合わせください。お待ちしています。




◇お問合せ
 認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット事務局
 TEL 022-341-0885

けい



Posted by サポートネット at 10:37
3月のおしゃべりサロンのご案内 [2022年03月01日(Tue)]
サポートネットでは毎月2回『おしゃべりサロン』を開いています。

ぴかぴか(新しい)感染症の予防のため、来所時には子どもたちだけでなく、保護者の皆さんや来所する皆さんにも手洗いを行ってもらっています。また来所者全員に体温測定を行っております。引き続き、ご協力をお願いいたしますぴかぴか(新しい)


喫茶店おしゃべりサロン ふわり
日 時:3月11日(金)
    10:00〜12:00
場 所:サポートネット2階
主に、幼児期、学齢期のお子さんを持つ保護者が集まっています。

今回は「ふわりイベント」です。

チラシ0312.png

テーマ:「備えあれば憂いなし!〜特性に応じた災害時の備え〜」

ゲストに仙台市地域防災リーダーの菅野澄枝さんにお越しいただいて、災害時の備えについて情報交換をします。

・災害時の避難所をご存じですか?
・お子さんの状態に合わせた防災グッズを準備していますか?
・停電や断水になったときの対応や、服薬しているお薬の手配など、心配なことはありませんか?

家族や地域の状況に合わせて、災害時の備えをするためにも、ぜひ知ってほしいことがあります。
定員は10名です。
皆さんの参加をお待ちしています。

災害時の備えについて チラシ.pdf


喫茶店おしゃべりサロン ラルクママ
日 時:3月23日(水)
    13:00〜15:00
場 所:サポートネット2階

主に、中高生から成人期の保護者が集まり、フリートークのスタイルでおしゃべりを進めています。
障害年金や福祉制度、就学・就労のこと、働き方、余暇の過ごし方、お金の使い方、ほめ方のコツ・・・などなど毎回話題は多岐に渡り、皆さん感じたことや経験談をお話してくれます。
話は尽きず、いつも時間があっという間に過ぎていきます!

サロン案内チラシ(R3後半).pdf



◇おしゃべりサロンの参加費は、正会員無料。
 正会員以外の方は1回1,000円です。

◇お問合せ・お申込みは事務局まで
 電 話:022-341-0885
 メール:mddsnet@yahoo.co.jp

皆様のご参加をお待ちしていまするんるん



ピース手(チョキ)
Posted by サポートネット at 11:59
おしゃべりサロン「ふわり」 [2022年02月18日(Fri)]
今月のおしゃべりサロン「ふわり」はフリートークでした。
初参加の方と一緒に、コーヒーを飲みながらゆったりとお話が出来ました。

意思疎通が難しいことや、こだわりのルーティンがあること、
園行事に参加できなかった経験など子ども同士の共通点も見つかる中、

それぞれに好きなことや得意なこともあるよね!と再確認できました。
例えば魚が好き、電車が好きなど、
「好き」を本人の強みにしていけたらとても素敵なことですよね。

電車好きが高じて、自分で稼いだお金で電車での旅行を楽しんでいるという方の
エピソードも紹介しました。

また、家で上手くいったことを園や学校の先生と共有し
子どもの過ごしやすい環境を一緒に考えていくことの大切や、
「学びの場」の選択肢も少しずつ増えている、というお話もしました。

その他に
美容室についてや放課後等デイサービスのお話もありました。

近年は感染防止のため、保護者同士で集まって話せる場が限られてしまい
なかなか情報交換やストレス発散できない方もいるのではないでしょうか。

おしゃべりサロンは感染症対策を実施した上で、少人数でゆったりと開催していますので
初めての方でも、おしゃべりしたい方、おしゃべりを聞きたい方はぜひお問い合わせください。お待ちしています。

かわいいサロン内で紹介した日めくりカレンダーかわいい
IMG_1482.JPG


◇お問合せ
 認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット事務局
 TEL 022-341-0885

けい



Posted by サポートネット at 12:59
おしゃべりサロン「ラルクママ」 [2022年02月17日(Thu)]
2/16(水)におしゃべりサロン「ラルクママ」を開催しました。

はじめに、2/6(日)に開催された、発達支援ひろがりネット 第13回支援情報交換会について皆さんと共有しました。
以前ブログでもご案内しましたが、zoomによるオンラインの情報交換会でした。
内容は、
・全日制、定時制、通信制の高校、高等専門学校のヒアリング調査報告
・宮城県の高等学校における特別支援教育と通級指導
・高等学校における学校づくりの取り組みと特別支援教育の実践
  
宮城県内の高等学校における特別支援教育を知る貴重な機会となりました。

今日の参加者からは、
かわいい発達障害の理解が広がっていることは嬉しい。
かわいい高校にも特別支援教育や合理的配慮の考え方が広まってくれたら・・・
かわいい高校でもこのような取り組みをしていることを知らなかった。教えてもらえて良かった。
等のお声をいただきました。


さて、今日のラルクママは、お子さんの学校や生活、今後について悩んでいるお母さんお話を、子育ての先輩であるお母さんが聞いてくださいました。

おしゃべりする中で、
「母が言わないと何もしない」という相談に、
「母が言えばできる」だね。
と言い換えてくださった参加者がいました。

相談された方からは、
「先々のことを心配し、できていないことばかりに注目してしまいがちでした。少し前の子どもの状態と比べると、できることが増えてきています。」
と話してくださいました。

今悩んでいることはすぐには解決しないことが多いかもしれません。
それでも、母たちは日々、相談したり、対応を変えたり、声掛けをしたり、励ましたり、褒めたり、時には苦言を呈したりしながら試行錯誤しています。

そんな母たちを見守り、14年間おしゃべりサロンに参加してくださる方がいます。
参加者が時には涙を見せながら話すのを聞いて、見守り、声を掛けてくださいます。
様々な情報を紹介してくださり、本を寄贈してくださり、母たちへストレス解消の方法を話してくださいます。

おしゃべりサロンが始まったころは、発達障害の情報が少なく、保護者が集まる場所もなかったとお聞きしています。
「あったらいいな」という場所を作り、おしゃべりサロンを続けていけるのは、参加してくださる皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いします。

2月ラルクママ (15).jpg

◇お問合せ
 認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット事務局
 TEL 022-341-0885

ピース手(チョキ)
Posted by サポートネット at 09:43
| 次へ